autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 日独伊スペシャリティクーペ 徹底比較 3ページ目

3台比較 2008/4/18 18:41

日独伊スペシャリティクーペ 徹底比較(3/4)

日独伊スペシャリティクーペ 徹底比較

プレミアムコンパクトクーペとしての演出

インパネフロントシート

1シリーズに共通するレイアウト&デザインながら、ハッチバックの1シリーズに比べて、明らかにプレミアムな位置づけになっているため、120iあたりとは高級感がまったく違う。シートやドアトリムにボストンレザーを用い、インパネにアルミ製のアクセントパネルを、スイッチ類にクロームメッキを施すなどし、ハッチバックの1シリーズとは別の、もっと上級のクルマかと思う空間となっている。BMWがこれを「プレミアムコンパクトクーペ」と呼んでいることもうなずける。

BMW独自の装備であるiDriveは、正直、もう少しロジック面を洗練させて欲しい。階層の設定がわかりにくく、直感的に操ることができないのだ。

フロントシートはサイドサポートが張り出しており、BMWらしく座面長の前後方向の長さも調節できるようになっているため、ドライバーが体格に合わせて座りやすいようになっている。2ドアクーペだが、後席に乗り込むときに、肩の部分のスイッチ操作により簡単に後席にアクセスできるようになっていて、そこのスイッチで前席の前後スライドもできるようになっている。今回の3台の中で、後席の居住性にはもっとも優れるわけだが、こういう性格のクルマゆえ、あまり多くを期待すべきではないだろう。

ラゲッジスペースは、トランクフードがデュアルヒンジにより上にせり上がるように開くことで、より開口部が広くなっている。トランクスルーも可能で、ラゲッジ容量もけっこう広く、ゴルフバッグも楽に積載できそうなほどのスペース。上部にはリアシートをリモコン操作で前倒しできる機構も付いている。

リアシートメーターシフトトランクガラスルーフ

オーソドックスな中に独特の質感を

インパネフロントシート

全体の構成はスカイラインセダンと共通で、オーソドックスな構成の中で、インパネに和紙のような模様のアルミパネルを使ったり、金属調のパネルを用いたりしている。これにより、独特な質感を演出している。また、ブラックのほかに、赤っぽい「フォーブ」色の本革シートと本木目パネルの仕様を設定するなど、チャンレンジングな試みも見られる。

シートの形状、デザインもいたってオーソドックスで、それほどサイドサポートを張り出させているわけでもないが、ヒップポイントをかなり低く設定できるようになっているあたり、このクルマがスポーティカーであるという主張のようにも受け取れる。ただし、北米市場を意識してか、シート自体が大柄で、座面もかなり大きく、それに対する調整機構が備わっていない。身長175cm以上を想定しているかのようで、小柄な女性にはベストなポジションを取るのが厳しいかもしれない。

反対に、メーターベゼルごと上下するステアリングコラムのように、V35でも評価された部分はそのまま引き継いでおり、これは非常に使いやすい。

リアシートは、外観からイメージされるとおり、頭上空間は狭いが、ホイールベースが長いことで前後のスペースの余裕はある。それでも常用するような使い方には適さないだろう。

ラゲッジルームはフロアがけっこう高い位置にあり、セダンとは逆で、高さがあまり確保されていないのだが、ゴルフバック程度であれば積載は問題ないだろう。

リアシートメーターセンターコンソールトランクドアライニング

スポーティな高級車と思しき空間

インパネフロントシート

いい意味で奇抜で、アルファでしかなしえない独特の空間演出がある。ブラックのほか、レッドや、写真の「ブルー/タバコ」のようなカラーコーディネートも選ぶことができる。チベットレザーと、ポルトローナフラウ社製のレザーなどが用意される。

インテリア全体は、スポーツカーと呼ぶには少々違う印象で、スポーティな高級車のような空間が演出されている。基本的にはセダンのアルファ159と同様のレイアウトで、ドライバー側にプライオリティを置き、傾斜させたインパネは、「走り」をイメージさせる。高級感の中に、「コクピット」と呼べる雰囲気でありつつ、レトロなテイストもある空間を創出している。

スカイウインドウと呼ぶ大型の固定式ガラスサンルーフは、開口幅が相当に大きいので、サンルーフは好きだが開かなくてもいいという人にもオススメである。不要時には、後方に3分割して収納されるシェードを出すこともできる。

今回の中では唯一のハッチバック車。リアシートを立てた状態で300L、リアシートを前倒しすれば610Lまでラゲッジルームを拡大させることができる。

リアシート自体は、フロント同様にイタリアンプレミアムカーらしい質感を与えて作り込まれているが、スペースはミニマムで、あくまでプラス・ツー的なものである。

リアシートメーターセンターコンソールトランクスカイウインドウ

内装・装備の総評

何にプライオリティを置くかによって、この3台の中での見方はずいぶん変わってくる。

ブレラは、インテリアのデザインや質感において、際立って個性的。レザーの感触など、日本車にもドイツ車にもない質感を持っている。スカイウインドウのような装備設定はブレラならではだ。デザインについては、BMW1シリーズクーペも、端正な中に最近のBMWらしくエキゾチックなテイストを盛り込んでいて興味深い。スカイラインクーペは、単独で見るとそれなりに質感が高く、まとまりのよいインテリアである。

装備面では、3台とも上級スポーティモデルであるからして、価格に見合う充実ぶり。ブレラも、従来のアルファ車では考えられないほど快適装備が満載。ただし、インパネのカーナビの装着を想定していない点は覚悟する必要がある。スペース効率に優れるのは、ボディサイズのもっとも小さいBMW1シリーズクーペだろう。後席やラゲッジのスペースを重視するのであれば、このクルマがもっとも合理的につくられていることがわかる。スイッチ類の使い勝手など操作系全般は、細やかな気配りのあるスカイラインクーペがもっとも優秀。BMWのiDriveは、たとえ慣れても使いにくい点が多々見受けられる。

BMW 1シリーズクーペ 関連ページ

日産 スカイラインクーペ 関連ページ

アルファ ロメオ アルファブレラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズクーペ の関連記事

BMW 1シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/18~2017/10/18