autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコカー補助金終了まであとわずか!低価格コンパクトエコカー徹底比較 3ページ目

3台比較 2010/9/3 15:38

エコカー補助金終了まであとわずか!低価格コンパクトエコカー徹底比較(3/4)

エコカー補助金終了まであとわずか!低価格コンパクトエコカー徹底比較

愛車と親密感を深める新しい表示機能

日産 マーチ日産 マーチ

全体がラウンドしたインテリアは、カラーコーディネートが3色から選べ、写真のブラック/アイボリーのように大胆なものも選択できる。

エンジンスタートは今回唯一のボタン式だが、左側のやや見えにくい位置にあるのは難点。CVTのセレクターも唯一のフロア配置となっており、運転席左にはアームレストが備わる。

Aピラーまわりの視界は今回の中でもっとも良好で、車両感覚も掴みやすい。また、オートライトの設定もある。

タイヤの向きとステアリングの切れ角度、進行方向を表示するタイヤアングルインジケーターや、クルマとの親密感を深める各種フレンドリーメッセージ表示機能、エコ運転度や、それを得点化するエコスコアの表示機能など、新感覚の表示機能が多数設定されているところもポイントだ。

助手席前にはグローブボックスと別にアッパーボックスもあるのも特徴。後席の居心地も今回の中でもっとも良好といえそうで、居住空間がそこそこ確保されており、またフロントシートのショルダー部が丸められているため空間が開放的で、後席での閉塞感は小さい。

ラゲッジスペースの容量も過不足はなく、タイヤハウス面まで緩衝材で覆われており、キズがつきにくいところもよい。

安全装備については、前席デュアルエアバッグはもちろん、上級グレードではカーテンエアバッグも標準となるが、横滑り防止装置の設定がない点は残念だ。

日産 マーチ日産 マーチ日産 マーチ日産 マーチ日産 マーチ

女性ウケしそうな装備の数々

トヨタ パッソトヨタ パッソ

パッソ+Hanaはフロントベンチシートが特徴。ナノイーシャワーや、絨毯のようなフロアマットなど、女性ウケしそうなオプションが用意されているのもパッソならでは。

インパネの収納は、助手席前のボックスのリッドを廃する(オプション装着可)など、全てトレイ状にしているのも特徴。

センターコンソールがなく、インパネの下部が抜けているので、足元は広々。収納スペースも最も充実している印象だ。

ステアリングコラムから伸びた回転式のシフトセレクターも特徴的で、これの操作感が好みという人もいるだろう。

タコメーターがないのはよしとして、ドアミラー周りの死角が大きいのが気になる。

ドア内張りの全面が樹脂など、徹底したコストダウンは見られるが、チョコやキナリなど女性が喜びそうな内装色を用意しているのはパッソならではだ。

全長は最も短いが、サイドウインドウやテールゲートが直立気味に設定されている上、頭上空間も広く、後席も含め居住性は悪くない。また、フロア地上高がやや高めで、全体的に高い位置に座る感覚となる。

リアシートの背もたれの高さは他の2台とほぼ同じだが、座面長はアレンジのせいか、小さく、座面を一段低く沈み込ませるロングクッションモードや、2段階のリクライニングが可能だ。

フロアが他の2台よりも高く、横幅が広いラゲッジルームは、3台の中で最も使いやすそうだ。ただし、トノカバーはない。

ロングクッションモードとし、さらに背もたれを前に倒すと、ほぼフラットで奥行きが130cm程度もある大きなスペースを作りだすこともできる。

安全装備は、横滑り防止装置を大半のグレードでオプション装着可能で、サイド&カーテンエアバッグは全車オプション設定となっている。

トヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソトヨタ パッソ

意外と侮れない後席居住性と積載性

マツダ デミオマツダ デミオ

インパネは、デザイン面でも遊び心があり、助手席前にはマガジンラックにもなるグローブボックスを配するなどユニークだ。張り出したセンタークラスターには、インパネシフト風にセレクターが配されている。

成人男性が正しいポジションを取ると、左足のスネが常に当たってしまうのが気になるが、足元に障害物はなく開放的。

ピラーとドアミラーベースの遮る部分の面積はやや大きめながら、サイドウインドウが前下がりであることもあって、視認性は悪くない。

表面が白で、側面や背面やパイピングは黒となっている、写真のカームホワイト色のシートは、質感、着座感ともによく好印象だった。

ドアトリムも、生地の面積が広く、前後席で共通イメージでまとめられているのもよい。また、臭いを半永久的に吸着するという消臭天井仕様となっているし、インナードアハンドルの底にフェルトを配し、女性が長い爪を傷めないようにするなど細やかな心配りも嬉しい。

さらに、このクラスながらオートライトだけでなくレインセンサーワイパーが用意されているのもデミオならでは。

後席の居住空間に狭さは感じない。ただし、頭上空間について、真上は十分だが、後方や斜め上の余裕はあまりないし、サイドウインドウ下端のラインも後ろ上がりのため、多少の圧迫感はある。

ラゲッジスペースは、テールランプのデザインの影響もあり、テールゲートの開口形状が、上方は十分に広いが、下端の位置が高く、幅が狭くなっている。これは使い勝手の面で不利ではあるが、底は深く、また奥行きは3台中で最も長いので、容積も意外と大きく、実用性は低くない。

安全装備はサイド&カーテンエアバッグがオプション設定で、横滑り防止装置の設定がない点は惜しい。

マツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオマツダ デミオ

内装・装備の総評

ボディサイズは、パッソ<マーチ<デミオで、意外にも10cm以上ずつも全長差があるのだが、スペース効率の巧さでは、パッソ>マーチ>デミオという印象だ。チルトステアリングはもちろん、シートリフターはどの車種にも設定があるが、テレスコピックは付かない。さらに、パッソは運転席・助手席のショルダーアンカーの高さ調整機構がない。後席については、居住性はマーチがもっとも上という印象だが、使用頻度が低く、前倒ししたときに唯一フラットになるという点ではパッソがもっと便利だ。後席に座ったときのフロントシート下の足入れ性はいずれも良好。後席の左右分割については、左60:右40のマーチとデミオに対し、パッソは反対。後席中央の3点式シートベルトは、マーチは全車、パッソは一部未設定、デミオは未設定となっている。安全装備では、横滑り防止装置の設定があるのはパッソのみで、しかもオプションという状態だ。

日産 マーチ 関連ページ

トヨタ パッソ 関連ページ

マツダ デミオ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/20~2017/10/20