autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較 2ページ目

3台比較 2010/6/30 17:49

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較(2/4)

エアロ系Mクラスミニバン 徹底比較

バルブマチックを全車に採用

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

現行型の個性的なフロントマスクには賛否両論の声があったらしく、マイナーチェンジでいくぶん大人しいものとされた。

とはいえファミリー向けのノアに対し、若いユーザーを意識したキャラクターは変わらない。

ボディサイズは4640mm×1720mm×1850mmと、今回の中でもっとも全長が短く、セレナに比べると100mmもショート。2825mmというホイールベースももっとも短い。

さらに、全体的にスクエアなステップワゴンとセレナに対して、キャビンのグラステリアをウエストラインからルーフにかけて絞り込んだフォルムとしているのも特徴。

下記2モデルに対する視覚的な違いだけでなく、対横風安定性や、上屋の重くない軽快な走行感覚などにも、その特徴が表れている。

マイナーチェンジで、これまで最上級のZSグレードにしか採用されていなかったバルブマチック仕様の2リッターエンジンと、7速スポーツシーケンシャルシフトマチックCVTが全車に搭載された。

スペックこそ変らないが、初期モデルに対しトルクカーブも変更されている。

やや大人しくなったようにも感じられるが、飛び出し感が抑えられ走りやすくなった。下記2モデルに対しても自然な印象に仕上がっている。

FF車の10・15モード燃費は従来比+0.2km/Lの14.4km/Lとなり、税制面でもより有利となった。

トヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシートヨタ ヴォクシー

低床がもたらすフットワーク

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

ボディサイズは4690mm×1695mm×1815mmと、今回の中で唯一の、正真正銘の5ナンバー車。ホイールベースはセレナと同等の2855mmとなっている。

メッキを多用したフロントマスクや、Dピラーをウインドウと同化させたリアビューなどが外観上の特徴。セレナと同じくボディサイズをめいっぱい使ったスクエアなフォルムを持つが、従来型の低床プラットフォームを受け継ぎつつルーフを45mm持ち上げたため、中身のつくりはだいぶ異なっている。

これにより走りの素性もヴォクシーやセレナとは異質なものとなっているし、室内の印象もだいぶ異なるが、それについては内装・装備項も参考にされたい。パワートレインは、従来型には2.4リッターの設定もあったが、現行型は最高出力110kW(150ps)/6200rpm、最大トルク193Nm(19.7kgm)/4200rpmを発生する2リッターi-VTECエンジンのみに絞られた。

また、現行型ではFF全車にCVTが組み合わされている。これにより不満のない動力性能を手に入れた。CVTの制御についても、ヴォクシーやセレナに比べるとダイレクト感があり好印象だ。FF車の10・15モード燃費は14.0km/Lとなっている。

高速巡航時の安定感や、ハンドルを切ったときの俊敏な反応、コーナリング姿勢など、走りの素性はステップワゴンが抜群にいい。乗り心地も悪くなく、低床プラットフォームがもたらすメリットの大きさがうかがえる。

ホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴンホンダ ステップワゴン

古さを感じさせないルックス

日産 セレナ日産 セレナ

いかにも室内の広そうなスクエアなボディのサイズは、4740mm×1720mm×1840mm。ホイールベースは2860mmとなっている。

柔らかなラインを描くスタイリングは、親しみやすさもあり、エアロ系のハイウェイスターも尖りすぎていないところが息の長い人気につながっているのだろう。2005年のデビュー当初もミニバンとしてはなかなか先進性のあるものだと思ったものだが、いまだに古さを感じさせない。

トルク重視のエンジンは、最高出力101kW(137ps)/5200rpm、最大トルク200Nm(20.4kgm)/4400rpmというスペック。

10・15モード燃費は13.2km/Lと、上記2モデルに比べるとやや劣る。CVTの制御も、デビュー当初はライバルをだいぶリードしていたが、現時点ではややエンジン回転が先行する印象が残る。

ただし、ゼロ発進で目標速度に達するまでが短時間ですむのは、セレナに分があるように感じられる。フットワークについても、あらためて後発モデルと乗り比べると、やや古さを感じるのは否めない。

挙動を乱れることを嫌って、足まわりを固め、ステアリングレシオをゆったりとさせた印象だが、そのわりにロールは大きめ。ごく普通に市街地を走るぶんには、軽快に走れる印象もあるが、荒れた路面をけっこう苦手としている。

前回のマイナーチェンジでだいぶよくなったとはいえ、ずっとピッチングしている印象は拭えていない。

日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ日産 セレナ

デザイン・スペックの総評

こうした箱型ミニバンは、たとえエアロ系であっても、乗せてもらう人にとっていかに快適であるかが大事だと思う。その点、従来は標準系との差別化を意識して、ドライバビリティを必要以上に優先したものが多く見られた。ところが、最近の新しいクルマに乗ると、考え方が実情に即してきたことがうかがえる。メカニズム的には、3車種がいずれも徐々に近いものになってきているわけだが、その中で光るのは低床プラットフォームを持つステップワゴンだ。走りに関するすべてにおいて、ライバルをだいぶリードしている印象だ。

トヨタ ヴォクシー 関連ページ

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ヴォクシー の関連記事

トヨタ ヴォクシーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ヴォクシー の関連記事をもっと見る

トヨタ ヴォクシー の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/19~2017/10/19