autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~ 3ページ目

3台比較 2017/4/26 11:28

ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~(3/4)

関連: スズキ ワゴンR , ダイハツ ムーヴ , 日産 デイズ Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志・小林岳夫
ワゴンR/ムーヴ/デイズを徹底比較 ~日常使いにもってこいの軽ハイトワゴン~

【ワゴンR】広い室内を備えシートアレンジも多彩で荷室が実用的

スズキ ワゴンRスズキ ワゴンR

新型ワゴンRでは、メーターをインパネの中央に装着した。車内をワイドに見せるためだが、使い勝手を重視するワゴンRでは珍しい。外観と同様、内装も刷新したいという意図がうかがわれる。

メーターをハンドルの奥に装着していた先代モデルに比べると、ドライバーの目とメーターの間隔が離れるため、目の焦点移動が小さい。その代わりドライバーの視線は左側に寄りやすく、機能は一長一短だ。

なお、緊急自動ブレーキを作動できるセーフティパッケージ装着車には、ヘッドアップディスプレイを軽自動車として初採用した。ドライバーの正面に小さなディスプレイが立ち上がり、速度、ATレバーの位置、カーナビの進行方向も表示する(メーカーオプションのナビを付けた場合)。デジタル表示だが、このディスプレイでも速度の確認が可能だ。

インパネは立体的なデザインで、操作性はおおむね良く、質感も満足できる。

前席はサイズに余裕があり、あまり柔軟ではないが座り心地は快適だ。軽自動車のシートとしては肩まわりのサポート性も良い。

後席の座り心地は軽自動車の平均水準だが、座面は適度に柔軟だ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ少々。前後方向の足元空間には、Lサイズセダン以上の余裕を持たせた。後席側のサイドウインドウが少し狭いので、後席を前方にスライドさせると閉鎖感が生じるが、後端に寄せておけば周囲も見やすい。

注目されるのはシートアレンジだ。後席のスライドと格納はいずれも左右独立式で、乗員の数や荷物の量に応じて調節しやすい。背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、床の低いフラットな荷室に変更できる。

収納設備にも不足はないが、助手席前側のフタが付いたボックスは、新型モデルでは廃止された。インパネ左右のカップホルダーも、引き出し式から固定式に変更されている。コストを下げたところも見られる。

ユニークな装備は後席のドアに内蔵されたアンブレラホルダーだろう。傘を縦方向に収納できて、排水機能も備わる。

安全装備では緊急自動ブレーキを作動できるデュアルセンサーブレーキサポートに注目したい。

赤外線レーザーと単眼カメラを併用して、車両に対しては時速100km、歩行者は時速60kmを上限に緊急自動ブレーキを作動させる。車線逸脱の警報、ハイ/ロービームの自動切り替えも可能だ。軽自動車として安全装備は優れた部類に入る。

>>スズキ ワゴンRのインテリアの写真を見る

【ムーヴ】馴染みやすいデザインと充実した装備類

ダイハツ ムーヴダイハツ ムーヴ

ムーヴのインパネはオーソドックスなデザインだ。メーターはハンドルの奥に装着され、売れ筋グレードに備わるオートエアコンのスイッチは、ダイヤル式だから手探りの操作もしやすい。ていねいに造り込んだ。

前席は背もたれの肩まわりが少し離れやすい印象もあるが、座り心地は適度に柔軟で快適だ。

だが、後席には注意したい。床と座面の間隔(高さ)が不足気味で、足を前方に投げ出す座り方になりやすい。4名乗車時の足元空間は、ワゴンRよりは少し狭いものの窮屈には感じないが、着座姿勢は少し不自然。また座面の柔軟性も乏しく、座り心地にもう少しボリューム感が欲しい。

荷室は背の高い軽自動車とあって十分に確保した。後席のスライドはワゴンRと同様に左右独立式だが、背もたれを前方に倒した時に、座面が連動して下がる機能はない。そのために広げた荷室の床に少し傾斜ができる。

収納設備は背の高い軽自動車の平均水準だが、トレイを含めて豊富に装着されて便利に使える。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、赤外線レーザーと単眼カメラを併用するタイプ。衝突の危険が迫ると、車両に対しては時速100キロ、歩行者は時速50キロを上限に警報を発する。緊急自動ブレーキは車両のみが対象で歩行者には反応せず、時速50キロ以下で作動する。

スマートアシストIIには、後方に向けた音波センサーも含まれる。後方に障害物のある状態で、ATレバーをR(リバース/後退)に入れてアクセルペダルを深く踏み込むと、誤操作と判断してエンジンの出力を絞る。

>>ダイハツ ムーヴのインテリアの写真を見る

【デイズ】後席の座り心地が快適で4名乗車にピッタリ

日産 デイズ日産 デイズ

デイズの売れ筋グレードのインパネを見ると、中央にタッチパネル式オートエアコンが装着される。光沢を持たせたブラックのパネルに触れて操作する方式だ。普通のスイッチと違って手探りの操作がしにくく、視線を下側に向けねばならない。その代わり見栄えは良く、スマホやタブレット端末に慣れた世代には親しみやすいだろう。

前席は柔軟でリラックスできる座り心地に仕上げた。インパネ周辺の質感も高く、快適な印象を受ける。

ただしドライバーの座る位置を上下するシートリフターは、背もたれが固定されて、座面の後方だけを上下させる簡易型だ。下げた状態では背もたれと座面の間に隙間ができて違和感が生じる。逆に高く設定すると座面だけが水平に近づき、腰の収まりが良くない。今は軽自動車でもシート全体を上下させるタイプが主流だから、デイズは見劣りする。

後席は軽自動車の中でも快適な部類に入る。座面の奥行寸法は前席よりも45mm長く、Lサイズのセダンを含めて日本車の後席では最長レベルだ。長ければ良いわけではないが、膝の裏側までしっかりと支える。座面も柔軟で良いが、背もたれは少し平板だ。ムーヴ同様に、床と座面の間隔も不足しており、足を前方に投げ出す座り方になる。それでも身長170cmの大人4名が乗車して、後席の膝先空間は握りコブシ2つ半を確保したから窮屈には感じない。後席に改善の余地はあるが、おおむね快適だ。

シートアレンジは3車の中で最も単純化した。前後のスライドは左右一体型で、後席の背もたれを前方に倒しても、座面が下降する機能はない。従って広げた後席の床に小さな段差ができる。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、センサーに赤外線レーザーのみを使うから、検知できるのは車両だけで歩行者は対象外になる。作動速度の上限は時速30kmと低い。

>>日産 デイズのインテリアの写真を見る

内装・装備の総評

軽自動車は競争が激しいから、展示車を見ただけで優劣が即座に分かるインパネ周辺の質感は、どの車種でも相応に高い。

その上で比べると、ワゴンRはインパネの中央にメーターを設置したレイアウトに特徴があり、デイズはオートエアコンをタッチパネル式にしている。機能は前述のように欠点も伴うので、一概に良し悪しはいえない。

シートの座り心地はデイズが柔軟で快適だが、運転席の上下調節機能が簡易型だから購入時には注意したい。

後席はムーヴとデイズの場合、床と座面の間隔が不足して、足を前方に投げ出す姿勢になる。ワゴンRは、後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がる機能を装着したから、シートとして使う時は座面を高めに設定できた。

緊急自動ブレーキはワゴンRが進歩的で、作動速度の上限が高く、歩行者にもブレーキが作動する。ムーヴの歩行者対応は警報のみでブレーキは対象外。デイズは歩行者を検知できず、ブレーキの作動上限も時速30kmにとどまる。

推奨グレードは、いずれも価格が割安な標準ボディだ。ワゴンRはハイブリッドFZセーフティパッケージ装着車。前後輪にスタビライザーが装着され、エアロパーツやアルミホイールも備わり価格は140万9400円になる。価格を抑えたいなら、ハイブリッドFXセーフティパッケージ装着車が良い。前述のエアロパーツなどは省かれるが、価格は127万3320円に下がる。

ムーヴは安全装備を装着したX・SAIIが買い得で価格は131万7600円。デイズはXで128万9520円となる。

スズキ ワゴンR 関連ページ

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

日産 デイズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

スズキ ワゴンR の関連記事

スズキ ワゴンRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ワゴンR の関連記事をもっと見る

スズキ ワゴンR の関連ニュース

スズキ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21