autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ステップワゴン/エスクァイア/セレナを徹底比較 ~ファミリーに人気!Mサイズミニバン注目の3台~ 3ページ目

3台比較 2015/7/21 17:30

ステップワゴン/エスクァイア/セレナを徹底比較 ~ファミリーに人気!Mサイズミニバン注目の3台~(3/4)

ステップワゴン/エスクァイア/セレナを徹底比較 ~ファミリーに人気!Mサイズミニバン注目の3台~

3列目は床下格納で荷室の使い勝手が優れている

ホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パールホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パール

ミニバンは内装のデザインでも競い合っており、「ステップワゴン」は新型になりインパネの質感を高めた。

メーターはデジタル表示で、インパネの高い奥まった位置に装着する。視線をあまり動かさずに確認できて、目の焦点移動を抑えられることもメリットだ。ただし小柄なドライバーは、インパネに圧迫感が生じて前方が見にくくなる場合もあるから注意したい。

居住性では、1列目シートのサイズに余裕を持たせた。座った時の座面の沈み方は少ないが、肩まわりのサポート性は良い。

2列目は1列目よりも快適。7人乗りはセパレートタイプのシートとなり、左右方向のサポート性も良く、床と座面の間隔が適度で快適に座れる。

両側にアームレストを装着したことも特徴だが、このアームレストは1列目を含めて角度の調節ができない。なので、背もたれを立て気味に座ると、アームレストが前下がりになってしまう。

3列目は床下格納にした影響で、座面の奥行が短い。1列目よりも80mm短いので、大腿部のサポート性が低下した。床と座面の間隔も不足気味だが、3列目のシートとしては悪くない部類に入ると思われる。

3列目の足元空間は、5ナンバーサイズのミニバンでは余裕を持たせた。身長170cmの大人6名が乗車して、2列目の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節した場合、3列目に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕がある。

荷室は3列目を床下に格納できるので、スッキリと広い空間に変更できる。3列目の左側のみを格納すると、「わくわくゲート(サブドア)」から乗り降りすることも可能だ。

ただし現行モデルでは2列目の格納機能が省かれた。特に先代モデルに用意されたベンチタイプの2列目は、コンパクトに格納できたが、現行モデルでは荷室を拡大しにくい。

また、装備ではホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に注目。ミリ波レーダーとカメラを併用して、衝突の回避を支するシステムで、緊急自動ブレーキの作動も可能だ。速度制限標識を読み取ってモニター画面に表示する機能なども採用され、安全性はライバル2車よりも優れている。

ホンダ ステップワゴンの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

ホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パールホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パールホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パールホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パールホンダ ステップワゴン 1.5 スパーダ クールスピリット ボディカラー:プレミアムスパイスパープル・パール

3列目を含めて居住性が優れ、内装の仕上げは上質

トヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリックトヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリック

「エスクァイア」のインパネの基本デザインはヴォクシー&ノアなどと同じだが、素材を変えて質感を向上させた。

ATレバーやエアコンのスイッチが収まるインパネの中央付近には、光沢のあるブラックのパネルを装着。助手席の前側やドアの内張りには合成皮革を使う。

また上級の「Gi」では、シートの表皮も合成皮革になり、車内は「アルファード」などの高級ミニバンのような雰囲気だ。

1列目のシートはサイズを十分に確保して快適だが、空間効率を高める目的で、床と座面の間隔が離れ気味。小柄なドライバーは、ペダルの操作性を確認したい。

2列目はサイズに余裕があって座り心地も良い。合成皮革には、「Xi」に採用されるファブリックのシート生地と同様の伸縮性があるから、一部の本革シートと違って突っ張った印象にならない。サポート性は良好だ。

3列目は2列目に比べると座面の奥行が短いが、前述の「ステップワゴン」よりは長い。床と座面の間隔も、3列目としては余裕がある。

3列目の足元空間は、「ステップワゴン」と同じ測り方で握りコブシ2つ分。3列目に座った同乗者の足が2列目の下側に収まりやすいこともあり、5ナンバーサイズのミニバンとしては快適に仕上げた。

荷室の使い勝手では、3列目の跳ね上げ機能に注目したい。スプリングが内蔵され、レバーを引くだけで持ち上がるから操作性が良い。

そして8人乗りに装着されるベンチタイプの2列目シートは、座面を持ち上げて前に寄せられる。なので2/3列目の両方を格納すれば、ボックス状の広い荷室に変更できる。

2列目ベンチシートの座面を持ち上げてスライドさせる操作は6:4の左右分割式だ。乗員の数や荷物の量に応じて調節しやすい。

なお、緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、「エスクァイア」には今のところ用意されていない。

トヨタ エスクァイアの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

トヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリックトヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリックトヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリックトヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリックトヨタ エスクァイア 2.0 Gi ボディカラー:シルバーメタリック

多彩なシートアレンジと広い室内空間が特徴だ

日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール

「セレナ」は2010年の登場だから、「ステップワゴン」や「エスクァイア」に比べるとデザインが古い。それでもインパネ周辺などの質感が見劣りする印象はない。

メーターはインパネの高い奥まった位置に装着され、前方からの視線移動は少ないが、小柄なドライバーは前方が少し見えにくく感じる場合があるから注意したい。

1列目シートはサイズに余裕があり、座面を比較的柔軟に仕上げ、リラックスできる雰囲気がある。

2列目は、「セレナ」の場合、ベンチタイプのみを設定した。ただし中央部分が1列目の中央までスライドして、収納ボックスとしても機能する。この状態では2列目がセパレート形状になり、中央の空間を通路として使うことも可能だ。座り心地は前席と同様に柔軟で快適に感じる。

3列目の座面の奥行は、今回取材した3車の中では最も長いが、床と座面の間隔が不足して膝が持ち上がりやすい。乗員の大腿部が座面の前方から離れやすく、長さを生かし切れていない。もう少し座面を高く設定すると良いだろう。

それでも座り心地は比較的柔軟だ。3列目の膝先空間は、前述の2車と同じ測り方で握りコブシ2つ少々。スペースは十分に確保され、多人数乗車に適する。

荷室を拡大する時は、3列目を左右に跳ね上げて格納する。「エスクァイア」と同様に格納されたシートが荷室に張り出すが、低い位置に収まるから、自転車を積む時などはハンドルが干渉しにくいだろう。操作力が軽いことも特徴だ。

安全装備では、単眼カメラを使った衝突回避の支援機能を採用している。作動速度の上限は時速80km以下(歩行者の検知は時速60km以下)だが、市街地走行を中心に安全性を高めた。オプションや標準装着でフロント&バックソナーも設定。徐行しながら後退する時も安心だ。

日産 セレナの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール日産 セレナ 2.0 ハイウェイスター S-HYBRID アドバンスドセーフティ パッケージ  ボディカラー:ブルームーンホワイトパール

内装・装備の総評

3車種ともに背の高いミニバンとあって、ミドルサイズながら多人数乗車の可能な居住性を備える。

それでも3列目には一長一短で差が生じた。3列目の足元の広さは、1/2列目の居住性を同等にして測ると、ステップワゴン→セレナ→エスクァイアの順番。座り心地なら、エスクァイア→ステップワゴン→セレナだ。総合的には「エスクァイア」が最も快適に感じた。

荷室の使い勝手は、「ステップワゴン」が3列目を床下格納にしてスッキリと仕上げた。「エスクァイア」の8人乗りは、2列目の座面も持ち上げて前に寄せられるから、ボックス状の荷室に変更できる。「セレナ」はシートアレンジが多彩。各車種とも自転車の積載といった基本的な機能を満たしながら、それぞれ個性を持たせた。

床の高さは「ステップワゴン」と「エスクァイア」は同程度だが、「セレナ」は先に述べたように60~70mm高い。乗降性を確認しておきたい。

緊急自動ブレーキを作動できる安全装備は、「ステップワゴン」が最も進んでいる。これに続くのが「セレナ」。「エスクァイア」は、姉妹車の「ヴォクシー&ノア」を含めて現時点では設定がない。

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

トヨタ エスクァイア 関連ページ

日産 セレナ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/21~2017/10/21