autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較 4ページ目

3台比較 2006/8/16 15:20

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較(4/4)

ミドルクラススポーティミニバン 徹底比較

走りを重視する人に最適な選択肢

走行走行

初代ストリームが打ち出した価値は、その後ウィッシュが受け継いだ。そこで、このクラスに求められる価値をイチから見つめ直して開発されたのが新型ストリームである。

より低くなったボディと巧みなセッティングや、十分な性能を備えたパワートレインなどにより、ストリームの走りは、もはやライバルの追随を許さないレベルに達してしまった。走りを重視する人には積極的にストリームをイチオシしたい。さらに、期待どおりの走りを実現していながら、けっして快適性が犠牲になっていないところもいい。それは、もっともスポーティな位置づけである「RSZ」についても十分に当てはまる。

ミニバンとしてのスペースユーティリティには、あまり期待できない部分もあるのは事実だが、一般的な用途において役不足を感じさせることはまずないはず。また、走りがよくて、ワゴン・プラスアルファ的な使い方をしたいというユーザーにとっても、ストリームは万能なモデルとしてオススメできる。

スポーティだが気難しさを感じさせない

走行走行

初代ストリームのヒットを受け、あらゆる要素をトヨタ流に見直して改善を図った上で発売されたウィッシュは、瞬く間に同カテゴリーを代表するモデルに成長し、予定どおりロングヒットモデルとなっている。さらに、ストリームが新たな方向に進んだことで、直接的なライバルが不在となったようにも思えなくもない。

半面、デビュー当時は「さすがはトヨタ」と感じさせられた部分も多かったものだが、さすがに古さが目立つようになってきた感もある。そつなくまとまっているのは確かだが、デザインや走りの質感など、やはり後発ライバル勢の台頭は目覚しい。

ウィッシュの魅力は、このカテゴリーにありながら乗用車との境目をあまり感じさせないところにある。さらに「Z」であれば、スポーティなルックスと走りも楽しめるし、それがけっして気難しいものではないところに良さがある。

フルモデルチェンジまではまだ時間があるが、ウィッシュはまだまだ第一線のモデルとして売れ続けることだろう。

スポーティかつユーティリティに優れる万能モデル

走行走行

スポーティなミニバンを所望するものの、あくまでもミニバンとして使うことを重視するのであれば、プレマシーの良さにあらためて注目したい。まず、スポーティでありながら乗り心地の快適性が高く、けっしてスポーティ過ぎないところがいい。その上で、両側スライドドアを持ち、居住性に優れ、7thカラクリシートを備えるなど、スペースユーティリティにも非常に優れる。これは今回のライバル2車に比べても大いにアドバンテージといえる部分である。

また、3ナンバーボディとはなったものの、価格的には今回の2モデルと比べても、むしろ割安感がある点も特筆したい。

スポーティな走りを求めるユーザーにとっても、今回持ち込んだ「20S」は十分に期待に応えてくれる。この上にさらに「23S」があることも念を押しておこう。

そこそこスポーティかつ便利に使えて、たまには多人数を乗せたいが、それほど大柄でないミニバンを探しているユーザーにとって、プレマシーは実に万能なモデルである。

ホンダ ストリーム 関連ページ

トヨタ ウィッシュ 関連ページ

マツダ プレマシー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円