autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較 4ページ目

3台比較 2007/2/9 18:23

ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較(4/4)

ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較

ミニバン的でコミューター的な実用的

走行走行

このサイズでこういう空間と使い勝手を求める人には、非常に価値ある1台だろう。運転しても、メルセデスベンツらしいフィーリングはしっかり備えている。

もともと半ばコミューター的な位置付けで登場した初代Aクラスも、やがてファミリーカーとしての素性が求められ、現行モデルはかなり大きくなった。また、ストレッチバージョンのBクラスが出て、登場以来、着実にシェアを伸ばしている。かつてのAクラスの役目を受け継ぐのは、こちらのほうが本流になりつつある。確かにAクラスを買うのであればBクラスのほうがバリューが高いと思われる。

スタイルのまとまりもよい。Bクラスは、「メルセデスベンツとしてどうか?」というよりも、1台のクルマとして、見るべき部分の多いモデルである。

乗用車として考えると、ドライブフィールの腰高感はあるが、逆にミニバンっぽい空間が好みで、それでいて3列シートはいらないという人にとっては、もってこいのクルマである。

基本的には走りを楽しむクルマ

走行走行

もともと3シリーズの弟分としてスタートした「ti」が前身であるが、1シリーズとして独立したことで、結果的に廉価版イメージが薄れた。

1シリーズというクルマについて、筆者は当初、「がんばって3シリーズを買ったほうがいい」と認識していた。しかし今では、1シリーズには1シリーズのよさがあると思っている。BMWが誇る数々のテクノロジーは、目に見える部分も、そうでない部分も含めて、この1シリーズにも惜しみなく投入されている。それをこの価格帯で実現しているわけで、その意味ではバーゲンプライスである。

運転していてもっとも何も違和感を覚えることが少なかったのは、今回の中ではこの120iであった。登場時はいささかスポーティすぎる気もしたが、ランニングチェンジされているようで、洗練されていることがうかがわれた。

しかし、せっかくのBMWであり、BMWらしさに期待するユーザーに応えるためにも、もう少し直接触れる部分の質感が高くてもいいように思える。

ちなみに本国では3ドア仕様も発表された。1シリーズは基本的に2人乗り主体のクルマであり、あくまでスポーティな走りを楽しむためのクルマといえるだろう。

オールラウンドに使えて満足感も高い

走行走行

アウディはここ数年でイメージが大きく向上し、販売的にも躍進し続けている。それは、ル・マンをはじめとするモータースポーツでの活躍によるイメージアップもあるが、もちろん実車の商品力あってのこと。

上級クラスのモデルもそうだが、アウディは内外装の質感も、走行性能においても、コンパクトなモデルにおいてもしっかりと仕上げられている。そのあたりが高評価につながっているのだろう。とくに高速巡航時の安定感は、このクラスのクルマとしては世界一のレベルにあるといって過言ではない。また、Sトロニックの完成度も高く、走りを積極的に楽しめる。

A3はスポーツバックのみとなったものの、居住性を考えるとBクラスのほうが広いのは間違いないが、リアシートを含め乗り心地とハンドリングのバランスにもっとも優れると思われた。

総合的に3台の中で、もっともオールラウンドに使えて、満足感も高いというと、このA3だろう。

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

BMW 1シリーズ 関連ページ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Bクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    1,128万円2,442.2万円