autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック 4ページ目

3台比較 2012/10/1 10:53

悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック(4/4)

悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック

ターボを装着した2リッターエンジンは3.5リッター並みの動力性能を発揮して運転感覚も機敏で楽しめる

ランドローバー レンジローバー イヴォークランドローバー レンジローバー イヴォーク

イヴォークのエンジンは2リッターのターボ。最高出力は240馬力(5500回転)、最大トルクは34.7kg-m(1750回転)だから性能は3.5リッター並みだ。しかも最大トルクの発生回転数が低く、実用域の駆動力が力強い。運転中はターボの存在をほとんど意識させない。

4000回転を超えた領域の吹き上がりも活発。最高出力の発生が5500回転とあって実用指向のエンジンだが、6速ATと相まって加速力は十分にスポーティ。JC08モード燃費は9.0km/Lになる。

全幅が1900mmとワイドでボンネットも手前しか見えず、街中での取りまわし性は良くないが、4輪がボディの四隅に踏ん張るから接地性は高い。全高が1635mmに達するものの腰高感はなく、車両重量は1760kgとなるが運転感覚は軽快だ。

試乗車のタイヤはオプション設定される20インチ(245/45R20)のミシュラン・ラティチュード。旋回時でもタイヤが歪みにくく、操舵に対して忠実に回り込む。小さな舵角から正確に反応し、運転中の気分が良い。

乗り心地にも不満はないが、20インチタイヤの装着もあって街中では少し硬い。優れた動力性能、ワイドなボディに基づく直進安定性により、高い速度域で真価を発揮するタイプだ。

用途としては、2名以内の乗車で長距離を移動するのに最適。ワイドなボディは高速道路に向いていて、優れた直進安定性により安全に移動できる。

そして降雪に見舞われたり、アクシデントで悪路の走行を余儀なくされた時には、レンジローバーとしての高い走破力が乗員を窮地から救ってくれる。これだけの機能と上質な内外装を備えて、車両価格は5ドアのピュアが450万円、プレステージが578万円。V6エンジンを積んだ国産SUVの上級グレードと同等で、とても買い得だ。

適度に高まった視線によりアウディらしいリラックスできる運転感覚を満喫

アウディ Q3アウディ Q3

デザインと走りが先鋭的なイヴォークは、所有することで日常生活からの離脱感を楽しめる。

一方、Q3の持ち味は異なり、SUVのスタイルを用いることで、アウディの特徴とされる日常的な移動がさらに快適になった。タイヤは18インチ(235/50R18)のピレリ・スコーピオン・ヴェルデだが、乗り心地は街中でも柔軟。路面のザラザラした感触を伝えにくく、SUVらしいゆったりした運転感覚は、アウディA4などの持ち味とも合致する。

操舵に対する反応は正確な部類だが、ハンドルの切り始めは若干鈍く抑えた。これもアウディらしさで、リラックス感覚を盛り上げる。

走行安定性は申し分なく、背の高いボディながら挙動を乱しにくい。通常の運転感覚は穏やかでスポーティに振った印象はないが、万一の時には懐の深さを実感できる。

2リッターターボのエンジンは、最高出力が211馬力(5000~6200回転)、最大トルクが30.6kg-m(1800~4900回転)。3リッタークラスに匹敵し、実用域の駆動力が高いから運転がしやすい。

全幅は1830mmと少しワイドだが、低い速度域での乗り心地も良いため、街中の移動でも使いやすい。最近はミニバンや背の高い軽自動車が増えたので、Q3の少し高めの視線は、周囲の車両の中に埋没した感覚に陥るのを防いでくれる。

平日は買い物などの移動で快適に使いながら、週末になったら長距離ドライブ。4WDのクワトロシステムも備わり、Q3の本領を発揮できる。

あらゆるシーンをリラックスして運転できるQ3は、幅広い使い方の求められるファミリーカーにピッタリ。車両価格は2.0TSFIの211PSは479万円だが、170PSであれば409万円に収まる。

SUVであっても低重心で運転感覚をスポーティに仕上げBMWの持ち味をまったく損なっていない

BMW X1BMW X1

「重いっ!」。イヴォークとQ3の後にX1を試乗すると、ハンドルが重いことに気付く。視線の位置も低く、SUVからスポーティセダンに乗り換えた感じだ。

操舵感も機敏で、小さな舵角から向きが変わる。コーナーは良く曲がり、旋回軌跡を拡大させにくい。

一般的なSUVは、Q3なども含め、ハンドルを切り込むとボディを少し大きめに傾けながら旋回姿勢に入る。この時の挙動変化が穏やかに進むと運転がしやすく、安全なのだが、X1はボディの傾き方自体が小さい。挙動の変化がセダンや5ドアハッチバック的だ。走行安定性も優れ、ボディも小さいから、峠道の走りも満喫できる。

路面の状況がハンドルを握る掌に伝わりやすいことも特徴。走りを支える情報をドライバーに的確に与え、安全性を高める発想を感じる。

試乗車のタイヤは、オプション設定される18インチ(225/45R18)で、ピレリ・チントゥラートP7であった。乗り心地は少し硬い。大きな突起を乗り越えた時の衝撃は穏やかだが、中程度の振動は伝えやすい。もっとも、これも走りに関する情報伝達とも受け取れる。

2リッターのターボは最高出力が184馬力(5000回転)、最大トルクが27.5kg-m(1250~4500回転)で、ATはギヤ比の割り方が細かい8速タイプ。車両重量は1680kgと軽くないが、加速性能は活発だ。JC08モード燃費は11.4km/Lになる。

X1はあらゆる部分がスポーティで、SUVらしいリラックス感覚は希薄。ほかの2車種に比べると、常に「戦闘体勢」で運転するイメージがある。

従って峠道などを走るのが好きなユーザーにピッタリ。その上で4WDを備え、最低地上高も195mmを確保するから、雪道などに乗り入れても安心感が高い。xドライブ2.0iの車両価格は424万円。機能を考えれば妥当な設定だ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18