autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 ダイハツ ミラココア グレード比較

新車グレード比較 2009/9/8 14:00

ダイハツ ミラココア グレード比較(1/4)

関連: ダイハツ ミラココア Text: 松下 宏 Photo: ダイハツ工業株式会社/小平寛
ダイハツ ミラココア グレード比較

ダイハツ ミラココア/女性を意識した可愛らしいデザイン

ダイハツ ミラココア プラスX フロントスタイリング
ダイハツ ミラココア プラスL リアスタイリングダイハツ ミラココアプラス サイドビュー

ミラジーノ後継モデルとして登場したのがミラココア。

若い女性ユーザーをターゲットとして可愛らしいデザインを採用しているので、見た目の印象はミラジーノというよりムーヴラテの後継モデルのようだ。このデザイン的な可愛らしさと、女性ユーザーを意識した装備や仕様が魅力のポイントだ。

搭載エンジンは660ccの自然吸気DOHCのみで、ターボの設定はない。

バリエーションを大きく分けると、標準的な「ココア」と、ちょっと豪華な仕様が用意された「ココアプラス」の2つに分けられる。

ココアには「L」と「X」グレード、ココアプラスにはLとXに加えて「G」グレードの設定があり、基本は5グレードの構成。全グレードとも、2WDと4WDの設定がある。

2WDと4WDの価格差は13万7000円(Gは13万2000円)で、4WDは積雪地など雪道を走る機会の多いユーザー向け。

ダイハツ ミラココアプラス ルーフレール
ダイハツ ミラココアプラス 14インチタイヤ&ホイールダイハツ ミラココア 13インチタイヤ&ホイール

ココアとココアプラスの違いは、ルーフレールの有無、アウターハンドル(外側についているドアノブ)がボディ同色かシルバーか、ドアミラーのターンランプ付きの有無、ファブリックトノカバーの有無、タイヤが13インチor14インチ、シート表皮がグレイッシュベージュかイエローベージュのスウェード調か、リヤシートが一体可倒式か分割可倒式かなどだ。

ココアとココアプラスの価格差は7万円(同グレード)だから、折角ならココアプラスを選ぶユーザーの方が多いのではないかと思われる。

ただ、ココアプラスはルーフレール全高が30mm高くなって1,560mmになる。都市部に多いタワーパーキングでは1,550mmを上限とするところが多いので、厳密に判断するなら駐車できないタワーパーキングが多くなる。ココアプラスでは、この点に注意して選びたい。

ダイハツ ミラココア 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ミラココア の関連記事

ダイハツ ミラココアの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ミラココア の関連記事をもっと見る

ダイハツ ミラココア の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29