autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 4ページ目

特別企画 2014/7/2 18:13

【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(4/4)

【新旧比較】「ダイハツ コペン」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

グレード構成&価格設定

ダイハツ 新型コペンダイハツ 旧型コペン

新型コペンに用意されるグレードは、今のところ「コペンローブ」のみ。2014年の秋に「コペンX(クロス)モデル」が追加され、2015年の中盤になると、丸型ヘッドランプを装着したタイプも加わる。だから現時点ではコペンのバリエーションは完成していない。

一方、先代型には前述の「アルティメットエディション」などがあり、いろいろな上級装備を選択できた。この点では現行型は見劣りする。

車両価格は、現行型のCVT仕様はアイドリングストップを装着して179万8200円。先代型は消費税が5%で169万5000円だったから、8%に換算すれば174万3400円くらいだ。5万5000円ほどの価格上昇で、横滑り防止装置、アイドリングストップ、LEDヘッドランプなどが加わったから、新型は割安感を少し強めている。

進化度数:2点/10点(もう少し頑張りましょう)

旧型と比べて分かった総合評価

ダイハツ 新型コペン

新型コペンの内外装、走行性能、燃費などを先代型と比べると、一般的なフルモデルチェンジといえるだろう。燃費性能は飛躍的に向上したが、ほかの軽自動車にも当てはまる話だ。今日の軽自動車は燃費競争が激しく、5年ほど前に比べて1.3~1.5倍に向上した。新型のCVTを2002年に登場したアイドリングストップを持たない4速ATと比べれば、1.8倍に伸びても不思議はない。

ダイハツ 新型コペンダイハツ 旧型コペン

走行安定性も同様だ。登場年月に12年の隔たりがあれば、走行安定性が高まって当然といえる。

この点だけを見れば進化度数は4~5点だが、新型コペンは「ドレスフォーメーション」という新しい試みを行った。20~30万円の負担で、外装を一新できるメリットは大きい。

しかも「ドレスフォーメーション」は、メーカーとディーラーにとって、ひとつの「賭け」でもある。購入後もディーラーがユーザーと良好な関係を保つためのツールになる半面、代替えサイクルが長引くことも考えられるからだ。セールスマンが「そろそろ新車に代替えしませんか?」と話を切り出した時、「外観を着せ替えて、これからも乗り続けるよ」と言われる可能性が高い。軽自動車は1台当たりの粗利が安く、「着せ替えでも大歓迎」かも知れないが、従来とはビジネススタイルが大きく変わる。この意欲も考慮して、総合評価の進化度数は7点としたい。

進化度数:7点/10点(大幅に進化した)

ダイハツコペン 進化度数早見表

ボディスタイル&サイズ

3点

内装のデザイン&居住性

2点

動力性能

1点

走行安定性

6点

乗り心地

3点

快適&安全装備

4点

燃費性能

9点

グレード構成&価格設定

2点

総合的な進化度数

7点

ダイハツ コペン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23