autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW モトラッド定番の水平対向エンジン搭載モデルや大型スクーターをイッキ乗り!

試乗レポート 2016/5/26 17:37

BMW モトラッド定番の水平対向エンジン搭載モデルや大型スクーターをイッキ乗り!(1/2)

関連: BMW Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
BMW モトラッド定番の水平対向エンジン搭載モデルや大型スクーターをイッキ乗り!

輸入バイクと言えば話題を集めているのがハーレードゥカティ。日本だけでなく世界的な人気となっている。

そんな中「やっぱりBMWでしょう!」というバイク通も少なくない。

かくいう私も、ハーレーとドゥカティの魅力を100%認めつつ、自分で乗るならBMWが筆頭候補に挙がるのだった。

倒立式テレスコピックにより、圧倒的に良くなったR1200R

BMW モトラッド R1200R
BMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200R

ということでまずはBMWの定番である水平対向2気筒を搭載する『R1200R』から紹介したい。

このシリーズ、1974年に発売されたロードモデルR90/6で始まる(それ以前のモデルはサイドカー装着も可能な設計)。何回かのフルモデルチェンジを経て現行型が2015年に登場してきた。

従来型は『テレレバー』と呼ばれる変わった構造のフロントサスを採用しており、大きく評価が分かれていた(当然ながらBMWヨイショの人達はクセあるけれど良い、と言ってた)。私からすれば「寝かし込みの素直さ無く、しかも妙なフリクションあって乗り心地もイマイチ」。あまり良くなかったです。

BMW モトラッド R1200R
BMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200R

BMWもそう考えていたのだろう。現行モデルは今や世界的に高い評価を受けている倒立式のテレスコピックになった。

試乗してみたら、圧倒的に良い!

何も考えずコーナーへ入っていけるし、動きもスムース。1970年代のR90と同じくストローク感も出ており、BMW特有の落ち着きを持つ。

ブレーキはブレンボのキャリパーをラジアルマウントしており、これまた現代のバイクの主流。初期のタッチや強く掛けた時の剛性感などモンク無し!

当然の如くシャフトドライブだからして、チューン調整の手間掛からず。いやいやバイク通がウナる奥行きの深さだったりして。

エンジンは空冷だった従来型から、新しい世代の「空水冷」と呼ばれる、水と空気の両方を使うタイプのDOHCになった。最高出力125馬力と十分!

BMW モトラッド R1200R

空冷時代より若干振動が小刻みになったものの、低い回転域から安定して太いトルクを出す。クルーズコントロール付きだからロングツーリングも楽。

今回試乗して唯一の「う~ん!」はアンコ抜きしたような座り心地のシート。

聞けばシート高を低くするため文字通りアンコ抜きしているという。結果、シート形状悪く、ライディングポジションまで気持ち悪くなってしまった。正規形状のシートで試乗してみたかったです。

BMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200RBMW モトラッド R1200R

BMW Motorrad R1200R 主要諸元

自動車評論家の国沢光宏さん

全長x全幅x全高:2165x880x1300mm/ホイールベース:1515mm/シート高:760mm/車両重量:231kg/エンジン型式:空水冷 4ストローク DOHC 水平対向 2気筒/総排気量:1169cc/ボア×ストローク:101x73mm/最高出力:125ps(92kW)7750rpm/最大トルク:125Nm/6500rpm/燃料噴射:電子制御式インジェクションシステム/燃料タンク容量:18L(リザーブ容量:約4.0L)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23