autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2010/12/2 10:31

アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ(2/4)

関連: アウディ R8スパイダー Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
アウディ R8 スパイダー 試乗レポート/小沢コージ

スパイダーは開けて乗れ!

アウディR8スパイダー
アウディR8スパイダーアウディR8スパイダー

と、いきなり厳しいトーンで入ってしまったが、クルマは文句無しに素晴らしい。というわけでまずはディテール解説から行こう。

サイズは全長4445×全幅1905×全高1245㎜で、全高こそ幌の関係で5㎜低まっているが、横幅もベースであるV10モデルより狭まり、V8モデルと共通になっている。それはスパイダーがリアのガラス製エンジンフードの代わりに、幌が収納できるCFRP超軽量の炭素繊維強化プラスチック製カバーを付け、リアドア後ろのサイドブレードを外して処理しているからで、一体感は増している。

そもそも全長がカローラ程度で、幅がレクサスLS以上。今回のオープン化により、さらなる「低さ」を獲得したのだ。特に幌を開けた時の儚げな存在感は極まった。

そうでなくともアウディ車はすべてデザイン的にワンテーマで貫かれている。ワイルドなシングルフレームグリルはもちろん、全体のシンプルかつ優美な曲線はまさにモダンアート。R8にしても「アウディTTの大型版」と言ってもいいほど似ており、この統一感はブランドの強さと同時に、ある種の理想主義も感じさせる。

そもそもR8は、ルマンで優勝したレーシングカーから取った名前なのだ。これが他のブランドだったらもっとレーシーで「戦うクルマ」のイメージを実車にも投影したと思うがそれはしない。しかし、それこそがアウディの必要以上のマニア化を防ぎ、大人のブランドたらしめている要因だと思うのだ。

インテリアもそれは同じで、ふんだんにアルミパーツを使い、いかにもミッドシップカーらしい開放感のあるT字型インパネや、質の高いアルミ風リムのタコメーターやスピードメーターで美しさを演出。だが、エアコン操作パネルにせよ、一部はアウディTTと似たデザインコンセプトで、共通のフィロソフィーを強く感じさせる。

一方、意外だったのは、オープンルーフにあえて布幌を採用していることだ。もちろん構造はハイテクで、耐候性、遮音製はメタルトップ並みだし、19秒でワンタッチ開閉し、時速50㎞以下ならば走行中でも使えるが見た目はクラシカル。

だがこれまた独特の美意識であり、「スパイダーは開けて乗れ!」というメッセージかもしれない。実際、スタイリングは閉めた時より開けた時の方が断然カッコよく、そこにアウディのキモチが現れている気がする。

アウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダーアウディR8スパイダー

アウディ R8スパイダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ R8スパイダー の関連記事

アウディ R8スパイダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ R8スパイダー の関連記事をもっと見る

アウディ R8スパイダー の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円