autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ なぜ、プリウス/ハイエース/ランクルは盗まれやすいのか!?【週刊 クルマ事件簿】

自動車用語 2018/6/22 06:00

なぜ、プリウス/ハイエース/ランクルは盗まれやすいのか!?【週刊 クルマ事件簿】

トヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ ハイエーストヨタ ランドクルーザー200画像ギャラリーはこちら

愛車が盗まれてしまうのは、クルマ好きにとって悪夢だが、最近の動向はどうなっているのだろう?

まず件数だが、盗難の件数のピークは2003年の6万4223件だった。そこからほぼ一貫して減り続け、昨年は1万213件。なんと6分の1以下になった(警察庁統計)。

確かに2000年代初頭は、家屋のピッキングドロとともに、自動車窃盗が爆発的に増えた時期だった。背後には、外国人窃盗グループの存在があった。

自動車盗難の現状

が、盗難被害の激増が大きく報道されたことで、ユーザー側は自衛を心がけるようになり、車両側もイモビライザーの標準装備が拡大。盗難車の国内流通や輸出の取り締まりも厳しくなり、窃盗グループも次々に検挙された。その結果、自動車盗難件数は劇的な減少を見せたのだ。

それでもまだ、年間1万台以上ものクルマが盗まれている。

日本の自動車保有台数は約8千万台。つまり、年間8千台に1台が盗まれた計算で、10年間に換算すると、800台に1台。我々にとって、かなり身近な犯罪被害と言えるのではないだろうか。

>>車盗難の新たな手口“リレーアタック”にも対応!新機能搭載の警報装置が登場

自動車盗難被害の四天王ならぬ三天王

トヨタ プリウストヨタ ハイエーストヨタ ランドクルーザー200

では、盗まれやすい車種は?

1位 プリウス 986件

2位 ハイエース 878件

3位 ランドクルーザー 478件

(2017年 警察庁統計)

2016年はハイエースが1位、プリウスは2位だったが、2017年はそれが逆転した。

実は、2013年までは、ハイエースが圧倒的に盗まれやすかった。あまりに盗まれるため、2012年モデルからイモビライザーを標準装備。それで盗難件数が減少した。

ただし、イモビライザーがついていれば盗まれないかというと、そんなことはない。窃盗グループはあらかじめ特定車種のイモビカッターを持ち、獲物を物色する。ただ、イモビカッターなしで盗むのは非常に困難。その分被害が減少すると考えられる。

盗難件数ではなく盗難率で見ると、保有台数の少ないランクル(3位)がダントツ1位で、プリウスの4倍以上になっている。

ランクルは昨年、1000台に2.2台が盗まれてしまった。10年保有していれば100台に2台盗まれる計算になるから、ランクルユーザーは真剣に注意が必要だ。

日本損害保険協会の調査(保険金を支払った事案数)でも、ベスト3の顔触れは同じ。プリウス、ハイエース、ランクルは、自動車盗難被害の四天王ならぬ三天王と言える。

実用車の帝王に悪路の帝王。そして燃費の帝王が狙われる!?

トヨタ プリウストヨタ ハイエーストヨタ ランドクルーザー200

ではなぜ、三天王が集中的に狙われるのか?

その理由は、盗難車は盗まれた後どうなるか、にカギがある。

もちろんこれに関しては、正確な統計は存在しない。なにしろ盗難車は、発見・検挙されなければ、闇に消えてしまうのだから。

が、多くの場合は一旦バラバラに分解され、部品になると言われている。

部品は海外に輸出されて、ふたたび完成車に組み立てられて走る場合もあれば、部品のまま使用される場合もある。

盗難車にそれほどの価値がない場合は、ナンバープレートだけが国内で犯罪に利用されることもあるが、盗難人気車種に関しては、多くが海外に売られると思っていいだろう。

日本で盗まれたクルマは、多くがアジアやアフリカなどの発展途上国で活躍(?)する。つまり途上国で人気のあるクルマが盗まれやすいことになる。

ハイエースは実用車の帝王であり、ランクルは悪路の帝王。そしてプリウスは燃費の帝王。この3台の人気が途上国で高いため、現地では再組立て・修理等のノウハウが蓄積されていることが想像される。

[Text:清水草一]

筆者: 清水 草一

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ プリウス の関連編集記事

トヨタ プリウスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ プリウス の関連編集記事をもっと見る

トヨタ プリウス の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR