トヨタロゴの入った大型グリルがイカつい新型タコマ2022年モデルが北米で登場! 悪路走破性が大幅に進化【日本にない日本車】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
北米トヨタは2021年6月2日、北米市場で人気のミドルサイズのピックアップトラック「タコマ」の2022年モデルを発表した。今回発表されたのは「トレイルエディション」と「TRD Pro」のふたつのモデル。今回は進化したトヨタ タコマについてご紹介する!
目次[開く][閉じる]
  1. ハイラックスよりもスポーティで北米で人気のタコマ
  2. 2022年モデルでは走行性能を刷新した新型タコマ トレイルエディション
  3. よりオフロード性能が進化した新型タコマ TRD Pro
タコマの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

ハイラックスよりもスポーティで北米で人気のタコマ

トヨタ タコマ(TACOMA)は、北米トヨタが販売するミドルサイズのピックアップトラック。

1995年に登場した初代タコマは日本のハイラックスの北米仕様だったが、その後、2004年にフルモデルチェンジして2代目に移行。現行モデルとなる3代目は2016年より登場している。

生産は、初代では日本とアメリカで行われていたが、2代目からはアメリカでのみ生産されている。

2022年モデルでは走行性能を刷新した新型タコマ トレイルエディション

今回発表された2022年モデルは量販グレードの「SR5」をベースにカスタマイズを実施。SR5用のフロントエアダム(気流をせき止める空力パーツ)は取り外され、フロント1.1インチ、リア0.5インチのサスペンションリフトを装備し、オフロードでの走行性を向上させている。

搭載するエンジンは3.5リッターV型6気筒ガソリンで、278馬力を発生する。

ボディカラーには新色「ルナ・ロック」のほか「アーミー・グリーン」「ミッドナイト」 「ブラック・メタリック」「スーパー・ホワイト」の4色を設定。リアバンパーはボディ同色になり、テールゲートにはトレイル・エディションの専用バッジが備わるほか、荷台にはロック可能なベッドストレージや120Vの電源コンセントを装備しており、運転席側の収納は断熱材入りで、クーラーとしても使用可能となっている。

インテリアには、10Way電動調整式シート(運転席)やオートエアコン、8インチマルチメディアタッチスクリーンなどを標準装備。このタッチスクリーンはApple Carplay、Android Auto、Amazon Alexaに対応。

ほかにも、6スピーカーサウンドシステム、Bluetooth音楽機能、USBメディアポート、USB充電ポート、統合型バックアップカメラディスプレイなどが搭載されている。

さらに先進安全装備では、衝突被害軽減ブレーキやACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などを含む「Toyota Safety Sense P (TSS-P)」を標準装備する。

よりオフロード性能が進化した新型タコマ TRD Pro

新型タコマ TRD Proは、モータースポーツ用のチューンアップや市販トヨタ車のカスタマイズを手がけるTRD(Toyota Racing Development)が設計・テストしたパーツを備える。

足まわりは、サスペンションを換装。Foxインターナルバイパスショックが採用され、先代のTRD Proからアプローチアングル36.4度、デパーチャーアングル24.7度、ブレークオーバーアングル26.6度に向上している。アルミホイールはブラックの専用デザインで、タイヤはグッドイヤー製のオールテレインを装着している。

パワートレインは、3.5リッターV型6気筒エンジンに6速ATや6速MTを組み合わせて最高出力278馬力を発揮。さらに、TRDチューンのキャットバックエグゾーストシステムを採用することで、力強い走りを実現しています。

搭載するエンジンは、トレイルエディション同様に最高出力278psを発揮する3.5リッターV型6気筒ガソリンで、6ATまたは6MTと組み合わされているが、TRDがチューンしたエキゾーストを備えはダイナミックなサウンドを演出している。

エクステリアでは、ボディカラーにTRDプロ専用の「エレクトリック・ライム・メタリック」を設定。フロントグリルはブラックで、ドアミラーやリアバンパーなどはボディ同色に仕上げられている。また、荷台には新デザインの “TRD Pro”のステッカーが備わる。

インテリアでは、TRDシフトノブ、TRD Proフロアマットなどを備えるほか、ヘッドレストにTRD Proロゴを配したブラックレザー調のシートヒーター付きフロントシートが設定されている。

トヨタ 新型タコマ トレイルエディション/TRD Proの価格は今後発表される予定。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 妙見石原荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ タコマの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ タコマのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ タコマの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ タコマの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ タコマのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる