大人気ミニバンのトヨタ シエンタだが、オーナーからは不満の声も! そのワケは2列目シートの快適性にあった【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
いまもっとも売れているコンパクトミニバンといえばトヨタ シエンタだ。全長約4.3mと程よいサイズのため、軽自動車や大型モデルとさまざまな大きさのクルマから乗り換えるユーザーに支持されているモデルである。だが、その一方でシエンタオーナーからは不満の声も挙がっているのだった。一体どんな意見が出ているのだろうか!?

デビュー6年目の現在でも堅調なセールスのトヨタ シエンタ

トヨタ 現行シエンタは2015年に登場した2代目モデルである。全長4260mm×全幅1695mm×全高1675mmと、3列シートを備えるミニバンとしてはコンパクトな部類のモデルだ。そのためスーパーハイトワゴン軽からの乗り換え、あるいは大型ミニバンからのダウンサイザーから支持されているのだった。

今年2021年にはデビューから6年目を迎えているにもかかわらず、今なお販売ランキング上位にランクインしているほど。

だが、その一方でSNSなどを見てみるとオーナーからは不満の声も挙がっているのだった。そこで今回はリアルな声をご紹介しようというワケだ。

>>【クルマトリビア】大人気のトヨタ シエンタは一旦販売終了していた!? 実は奇跡の大復活を遂げた一台であった

2列目シートの快適性に不満!? 最大のポイントは乗り心地にあり

もっとも多いのが「コンパクトなサイズで扱いやすさは申し分ないが、2列目シートの乗り心地を向上してほしい」という意見だ。

筆者個人の意見を言うならば、市街地など速度がそれほど高くない場合は気にならないのだが、高速道路やバイパスといった速度域の高い場面では振動が気になることは確かにあった。それだけに、新型シエンタには2列目シートのクッション性や身体をフィットさせるホールド性向上に期待したいところだ。

>>トヨタ シエンタが売れているのは3列目シートの収納方法にあった! ライバルのフリードよりもフルでラゲッジルームを使えるのが強み

新型シエンタに期待! 真ん中シートの快適性向上を希望

そして次に紹介したいのは「2列目シートの中央部分の快適性を向上させてほしい」という意見である。

現行モデルの2列目シートには2種類存在し、5:5分割と基本構造は変わらないが、2人掛けと3人乗り仕様がラインアップしている。前者の場合、真ん中の座席は左右シート間のつなぎ目に座るイメージとなる。短距離であればそれほど気にならないが、長距離となれば少々疲労度が増す可能性もあるのだった。

となれば、こちらも新型シエンタ登場の際には改善をしてほしいポイントである。いっそのこと3人掛けモデルは6:4分割構造とし、真ん中の座席でも快適に過ごせる仕様とする。そして2人掛け仕様はキャプテンシートとし、3列目へのアクセスも容易に可能となるモデルを設定してほしいところだ。

新型シエンタの機能向上に期待!

今回は絶好調なセールスを記録しているトヨタ シエンタオーナーの不満ポイントを紹介してきた。

現行モデルはデビューから2021年で6年目を迎えるだけに、まもなくのフルモデルチェンジも噂されている。それだけに、今回挙げた2列目シートの快適性改善に期待したいところだ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/シエンタ
トヨタ シエンタカタログを見る
新車価格:
181.9万円258万円
中古価格:
13万円294.5万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部 木村 剛大
筆者MOTA編集部 木村 剛大

記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ シエンタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ シエンタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ シエンタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ シエンタの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ シエンタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる