購入からメンテナンス、車検やカスタムまでハイエースのことならFLEXにおまかせ!/FLEX【PR】

画像ギャラリーはこちら
ハイエースは、働くクルマの代表格であり、その汎用性の高さからファミリーでレジャーユースしているという人も増えてきている。ただ、あまりにもメジャーすぎる上に、車種やグレードも多くて、よくわからないという人も少なくないのでは? そんなときに力になってくれるのが、青字に黄色の「FLEX」でおなじみの専門店、フレックスだ。ハイエースを知り尽くした強力なスタッフがきっとあなたの味方になってくれるはず!
目次[開く][閉じる]
  1. ハイエースが気になったならFLEXに足を運べば万事解決!
  2. FLEXではどんなハイエースを取り扱っている?
  3. FLEXオリジナルのコンプリートカーも購入できる!
  4. ハイエースのカスタムに強い「ハイエースベース」
  5. 買いやすい残価設定プランと手厚い保証も魅力
  6. 相談から購入、メンテや車検までハイエースライフを支えてくれるFLEX

ハイエースが気になったならFLEXに足を運べば万事解決!

大人気のハイエースはどこで買えばいい?

ハイエースといえば、言わずと知れたトヨタを代表する商用車のひとつであり、ビジネスでの利用からレジャー用途まで幅広いユーザーから支持を集めている車種だ。特に現行型の200系と呼ばれるモデルは2004年のデビュー以来高い人気を維持し続けており、登場から15年以上が経過した現在でもその人気は衰えることを知らない。

そんな息の長い人気を維持し続けるモデルなだけにハイエースが気になっている人も多くいるわけだが、ただでさえ多くのバリエーション、グレードが存在している上にカスタマイズの幅も広いため、どうやって自分にあったハイエースを選んでいいのか悩んでいる人もいるのではないだろうか?

ハイエース専門店として30店舗を展開するFLEX

そんな迷えるハイエースオーナー予備軍の方にオススメしたいお店がFLEX(フレックス)である。

北は北海道から南は九州まで全国に店舗を展開するFLEXは、ハイエースを専門に扱う店舗を多く構えており、現在全国に30店舗(一部店舗はランクルなど他車種も並行して取り扱い)ものネットワークを誇っているのだ。

ハイエースを知り尽くしたプロが揃うお店

そして店舗スタッフはハイエースに精通していることはもちろん、自らもハイエースオーナーとしてハイエースライフを楽しんでいる人も多いことも特徴。

そのためハイエースのプロという目線でのアドバイスはもちろんのこと、いちユーザーとしての目線も持ち合わせているため、ハイエースの弱点やその解決方法などハイエースオーナーだからこそできるアドバイスもしてくれるという点は非常に心強いハズだ。

>>FLEXのハイエース専門店はこちら

FLEXではどんなハイエースを取り扱っている?

ハイエース専門店のFLEXでは、全国各地から選りすぐった上質な中古車はもちろん、新車も購入することができる。また、車中泊仕様やキャンピングカー、エアロパーツの装着にローダウンなどのカスタマイズもお手のものというのも心強いポイント。

どう使いたいかで仕様は人それぞれ

前述したようにハイエースに精通したスタッフが揃っているため、自分がハイエースをどうカスタマイズしてどう使いたいかなどを伝えれば、その目的に最も適したベース車の選定から必要なパーツのピックアップまで親身になって相談に乗ってくれる。

そしてパーツ類の装着から板金塗装といった大掛かりな作業まで、すべてFLEXで実施できるため、ベース車の購入からカスタマイズまでワンストップで実施できるというのも大きなメリットと言えるだろう。

独自開発したFLEXオリジナルシート

またハイエースの広い車内を生かしたFLEX独自のオリジナルシートアレンジも多数用意されているため、自分の理想の1台を作り上げることも容易なのである。

>>FLEXオリジナルシートアレンジの詳細はこちら

また、ハイエースのような箱型のワンボックスカーに乗ったことがないという人や、ガソリンモデルとディーゼルモデルどちらにしようか迷っているというような人のためにFLEX各店では試乗車も豊富に取り揃えているため、実際に乗ってみてから決めるということもできるのである。

FLEXオリジナルのコンプリートカーも購入できる!

FLEXではエアロパーツやアルミホイール、ローダウンといったカスタマイズを施したハイエースだけでなく、FLEXオリジナルのコンプリートカーも購入することができる。

リノベーションしてカッコよく変身したハイエース「Renoca」

「COAST LINES」と名付けられたそのコンプリートカーは、200系のハイエースがベースとなっているもののそのルックスはどこか懐かしさを感じさせるクラシカルなものへと大きく変貌を遂げている。

ヘッドライトは角目4灯と丸目2灯から選ぶことができ、ボディもモノトーンカラーからルーフの色を変えたツートンカラー、そしてボディのベルトライン下から2色で塗り分けるパターンも選択が可能となっていて、もちろんボディカラーも数多くのラインナップから選ぶことができるのだ。

そして外観だけでなく、シートのレイアウトやカラー、フロアカラーといった内装もさまざまなものから自分が気に入ったものをチョイスすることができるため、ほぼオーダーメイド感覚でコンプリートカーを作り上げることができる。

それでいて価格は中古車ベースで300万円を切る価格からスタート(ベース車や架装内容によって金額は変動)というのも大きなメリットと言えるだろう。

>>Renoca(リノカ)の詳細はこちら

愛犬と楽しむ「DOG VAN」やキャンピングカー「MOBY DICK」も登場

DOG VAN

FLEXのコンプリートカーはRenocaだけではない。愛犬家に向けた装備が揃った専用モデル「DOG VAN」は、ワンちゃん好きなら「コレが欲しかった!」というアイテムがずらり。

例えば「DOG VAN ORIGINAL BedKIT」は、通常のベッドキットよりもベッドを細分化して8つのピースとしたことで、人数やケージの個数に合わせてレイアウトが自由にできるようになっている。また「zero_FLAT_N」(ナロー/ワイド用)は、1列目と2列目シートの間に設置するキャビネットで、パネルを跳ね上げればシート座面と同じ高さでフルフラットな空間が作れるというもの。このように愛犬のことを考えた設計になっているのだ。

>>愛犬家のために開発されたハイエースコンプリートカー「DOG VAN」の詳細はこちら

MOBY DICK

オリジナルのキャンピングカー「MOBY DICK」(モビーディック)にも注目したい。2021年から本格的にスタートしたこのシリーズだが、長年ハイエースを手掛けてきただけあって、細部まで作り込みがしっかりと行われている。ベッドやキャビネット、電源周りなど、車中泊やキャンプに必要なアイテムが揃っており、いずれも高いクオリティでインストールされている。

ラインアップは、標準ボディ・ハイルーフをベースにしたNH-TYPE1(定員5名・就寝3名)とNH-TYPE2(定員8名・就寝3名)、ワイドボディ・スーパーロング・ハイルーフをベースにしたSH-TYPE1(定員5名/就寝4名)とSH-TYPE2(定員8名/就寝3名)、コミューターをベースにしたCOMCAM(定員7名/就寝3名)の5タイプとなる。

>>FLEXのキャンピングカー「MOBY DICK」の詳細はこちら

>>車中泊仕様のハイエースも借りられます「FLEXレンタカー」

ハイエースのカスタムに強い「ハイエースベース」

ハイエースは、純正でも高い能力を持っているが、使い方に応じてカスタムをしていった方がより便利になるし、カッコよくもなる。また仕事や普段乗りでの快適性を上げることも可能だ。

そんな「もっと◯◯したい!」という希望を叶えてくれるのが、ハイエースベースだ。この店舗は、ハイエースのカスタムに精通したスタッフが揃っているので、現状の問題や目標などの相談にのってくれる。さらにカスタムパーツも常時1000アイテム以上在庫しており、経験豊富なメカニックも常駐しているので、その場で希望のパーツを装着することも可能だ。

オーナーと一緒に愛車のハイエースを育てていける、そんなお店がこの「ハイエースベース」というわけ。2021年末の時点ではまだ2店舗だが、2022年内にはさらに店舗数が増える予定になっているので期待したい。

>>ハイエースベースの詳細はこちら

買いやすい残価設定プランと手厚い保証も魅力

自分好みのカスタマイズをプラスしていくと当初の予算をオーバーしてしまう、というのは意外とよくあること。そんなとき心強いのが、残価設定ローンの存在だ。

FLEXでは新車はもちろん中古車でも残価設定ローンを使うことができ、カスタマイズの費用も盛り込んだ総額での設定となるため、月々の支払額をグッと抑えることができる。

さらに残価に関してもカスタムハイエースを得意とするFLEXだけに、カスタマイズ済のハイエースでもマイナス査定とならずに高い残価となる点も見逃せないポイントとなっている。

また購入後のトラブルに対応する保証についても、新車の場合は通常のメーカー保証だけでなく、29,800円の保証料をプラスすることで5年間、走行距離無制限の保証を付けることができる。さらに、通常の新車保証ではナビはディーラーオプションのものだけが保証の対象となるのだが、FLEXの保証では社外ナビも対応可能となっているので、自分好みの大画面ナビなども安心して装着することができるのだ。

そして中古車を購入した場合でも、エンジン、ミッションといった重要部位からナビなどの快適装備まで、406部位の保証を1年間つけることができ、1年毎に保証延長をすることができる手厚いものとなっている。

>>FLEXが独自で設定している手厚い「ハイエース保証」の詳細はこちら

相談から購入、メンテや車検までハイエースライフを支えてくれるFLEX

このように、購入前段階での相談から購入時のカスタマイズの相談、購入後の保証やメンテナンスまで、すべてをカバーするFLEXでハイエースを購入すれば、充実したハイエースライフが送れること間違いなし。まずはお近くのFLEXへ足を運んでみてはいかがだろうか。

>>ハイエースが気になったらFLEXへ相談してみよう[公式サイト]

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
45.9万円960万円
トヨタ/ハイエースコミューター
トヨタ ハイエースコミューターカタログを見る
新車価格:
321万円376.8万円
中古価格:
80万円546万円
トヨタ/ハイエースバン
トヨタ ハイエースバンカタログを見る
新車価格:
236.3万円446.2万円
中古価格:
55万円910万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる