850kgの軽量車体に305馬力のモーター搭載!EVとして復活したスポーツカー「トミーカイラZZ」試乗レポート(1/2)

850kgの軽量車体に305馬力のモーター搭載!EVとして復活したスポーツカー「トミーカイラZZ」試乗レポート
トミーカイラZZ トミーカイラZZ トミーカイラZZ トミーカイラZZ 画像ギャラリーはこちら

デザインから車体まで全くのオリジナル

トミーカイラZZトミーカイラZZ

「トミーカイラが電気自動車になって復活しました。試乗車を用意してあります」というので早速乗せて貰うことにしました。

東雲のスーパーオートバックスのガレージに止めてあった『トミーカイラZZ』を見たら、記憶のトミーカイラとずいぶんイメージ違う。聞いてみたら「同じなのはエンブレムとコンセプトです」。

何と!デザインから車体まで全くのオリジナルだという。

確かに初代のトミーカイラZZを今になって見ると、丸いヘッドライトを始め、少しばかりクラシック。

そらそうだ。発売したのが19年前の1997年ですから。当時と求められる衝突安全性なども違う。加えて初代のトミーカイラZZ、個人的には着座位置が高くて「う~ん」でした。

シャシなど仕上がりは丁寧

トミーカイラZZ
トミーカイラZZトミーカイラZZ

新しいトミーカイラは仕上がりも抜群に良い。

試乗車はボディをかぶっているため構造まで見えないモノの、フェンダーの間や、トランク開けた時に見えるシャシなどの仕上がりが丁寧。

それじゃ、とコクピットに座ってみたら「身長183cm用ではありませんね」。

全てのドラポジが合わない。ドアミラーを調整しても後ろが見えないほど。

トミーカイラZZ

もちろん「だからダメ」ということはない。自分に合わせて調整すればいいだけ。

この試乗車に乗ったOB体型(フェアウェイは身長160~175cmの標準体型)のヒトも諦めないでOK。自分専用にシートセッティングすれば良いと思う。

シート形状が気に入らなければ、背中や腰にパッドを入れて調整するのも手です。

トミーカイラZZトミーカイラZZトミーカイラZZトミーカイラZZトミーカイラZZ
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トミーカイラ ZZの最新自動車ニュース/記事

トミーカイラのカタログ情報 トミーカイラ ZZのカタログ情報 トミーカイラの中古車検索 トミーカイラ ZZの中古車検索 トミーカイラの記事一覧 トミーカイラ ZZの記事一覧 トミーカイラのニュース一覧 トミーカイラ ZZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる