新型ジムニーがクラシックな「初代ジムニーLJ10型」スタイルへ大変身!? DAMD&APIOコラボのボディキット 「the Roots」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
エアロパーツ界の雄であるDAMD(ダムド)より、スズキ ジムニー(JB64)用の新作ボディキット「the Roots」が登場しました。

このクラシックなデザインは初代ジムニーLJ10型のオマージュ。ジムニーを知り尽くした専門パーツメーカーのAPIOと共に、ジムニーの美しいフォルムが細部まで表現されています。

たった3点のパーツ交換で、クラシックな出で立ちのレトロスタイルに生まれ変わるthe Rootsとはどんなボディキットなのか。パーツの構成と共に特徴を紹介していきましょう。

>>レトロな雰囲気が超シブい! DAMD&APIOコラボ「the Roots」の外装を写真でじっくり見る[全21枚]

DAMD&アピオのコラボによって生まれたジムニーカスタム

DAMD(ダムド)は、1980年代に創業したエクステリア・インテリアパーツメーカーです。

ダムド独自の感性で創られたエクステリア・インテリアパーツ達はこれまで多くのクルマ好きの心を捉え続け、ファンを増やしてきました。その時代にマッチしたデザインを取り込み、オーナーがもっとクルマを愛せるパーツを送り出しています。

そんなダムドが、今回ジムニー専門カスタマイズパーツメーカー「APIO(アピオ)」とコラボ。

前後バンパーなどエアロパーツのデザインはダムドが担当。ジムニー専門パーツメーカーAPIO(アピオ)はグリルや両車が装着するホイールのワイルドボアSR16を提供し、ジムニーの知識を活かして仕上げの部分を監修するなど、お互いの強みを活かした共同制作です。

ジムニーLJ10型の雰囲気をエクステリアパーツ3点とホイールで表現

イエローのジムニー「the ROOTS」は、初期型のスズキ LJ10ジムニーをオマージュしたジムニーのボディキット。エクステリアパーツのパッケージはフロントグリル、フロントバンパー、リアバンパーの3点。

こちらのデモカーでは、LJ10型の微妙な色ツヤやサビ、樹脂のバンパーなど、分かる人は思わず唸ってしまうほど細かなところまで再現されています。

フロントグリル

フロントグリルは、初代LJ10のデザインをモチーフにしており、左右から中央へ向かう直線的な造形となっています。

またウインカーの下部がボディに吸い込まれるように巻かれた造形もデザインのポイントです。

小ぶりな丸型のウインカーや黒色メッシュ、純正エンブレムも付属。

フロントグリルの塗装はすべての純正色に対応し、マッドブラックも選ぶことができるので、どのボディカラーにも合わせることができます。

こちらは純正バンパーのクリップやステーを移植して使用できるため、DIYでの取り付けも可能とのこと。

フロントグリルを交換するだけでも、フロントフェイスの印象を大きく変えることができます。

フロントバンパー

フロントバンパーはストレートシェイプでシンプルなデザイン。またバンパー下部は、正面から見たときに左右タイヤの内側に収まるサイズとなっており、タイヤが丸見えなところや、重心がアップして見えることでクロカンらしい力強さを表現しています。

ヘッドランプウォッシャーの付け替えも可能。こちらにもフロントグリルと同様に黒色のメッシュが付属します。

フロントバンパーのカラーバリエーションは「コットンホワイト×マットブラック」「シルバー×マットブラック」「マットブラック×ガンメタ」3色。

リアバンパー

フロントバンパーと同様にクラシックなストレートシェイプが際立つリアバンパー。

丸型のウインカーやブレーキランプ、バックランプ、リフレクターも付属します。純正のバックカメラとナンバー灯もそのまま使用可能です。

カラーバリエーションはフロントバンパーと同様の3種類に加えて「純正色×マットブラック」の4パターンを用意。純正ボディ色の塗装にすることで、一体感のある演出も。

ホイール(APIO WILDBOAR SR)

LJやSJジムニーが装着していたスチールホイールを彷彿とさせるレトロデザインのアルミホイールです。

ホイールはコットンホワイトとアイアンブラックの2種類。

純正色にあわせてもLJの雰囲気を楽しめる

ジムニー純正色にあわせてもクラシックでカワイイデザインへと変身します。各カラーも要チェックです。

>> 「the Roots」の外装やカラバリを写真でもっとみる[全21枚]

価格

・エクステリア3点キット:17万円/別途塗装代:5万7000円

・フロントグリル:4万8000円/別途塗装代:1万1000円

・フロントバンパー:5万8000円/別途塗装代:2万3000円

・リアバンパー:6万5000円/別途塗装代:2万3000円

・エクステリア+WILDBOAR SR※ 5本セット:33万円

※APIO WILDBOAR SR (サイズ : 16×5.5J +20)

・エクステリア+ホイール/タイヤ※ 5本セット:42万円

※タイヤはTBRIDGESTONE DUELER M/T 674(サイズ:185/85R16 105/103L LT)

上記はすべて税抜

スズキ/ジムニー
スズキ ジムニーカタログを見る
新車価格:
148.5万円187.6万円
中古価格:
12.8万円416万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 雲風々
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ジムニーの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ジムニーのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ジムニーの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ジムニーの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ジムニーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる