【クルマ用語解説】知っておくだけでクルマ通!ピラーの意味とは【初心者向け】

画像ギャラリーはこちら
クルマの部位を差すときに、なかなか名称が出てこないってことありませんか?

当記事では初心者の方へ向けて様々なクルマにまつわる用語を解説! 今回はピラーの意味をご紹介。

※前回はルーフを紹介

目次[開く][閉じる]
  1. ピラーとは屋根を支える部分の「柱」のこと
  2. ピラーは車体前方からA・B・Cと振り分けられている
  3. ピラーは強度と視界のバランスを考慮して設計されている

ピラーとは屋根を支える部分の「柱」のこと

自動車のデザインや形状を語るときによく耳にする「ピラー」という言葉。自動車以外の話題ではあまり耳にすることのない用語ですが、果たしてどんな意味を持っているのでしょうか?

このピラー(Pillar)という言葉は、アメリカ英語で「柱」を意味する言葉であり、自動車で用いる場合もそのまま柱という意味で使われているのです。

自動車で言うところの「柱」はどの部分を指しているのか? というと、それは屋根を支える部分のこと。

クルマを真横からみると、下からボディとウインドウ、そして屋根という組立になっていることがお分かりになると思いますが、その窓のサッシの役目と共に、屋根を支えているということでピラーと呼ばれているというワケなのです。

ピラーは車体前方からA・B・Cと振り分けられている

なお、「Aピラー」「Bピラー」のようにピラーの前にアルファベットがつくケースもありますが、これはどの位置のピラーなのかを指しており、Aピラーであればもっとも車体前方の部分のことを指し、Bピラーであればボディ中央に存在する部分を指します。

Aピラーをフロントピラー、Bピラーをセンターピラーと呼ぶこともあります。

一般的なセダンでは後端のCピラーまでとなりますが、ステーションワゴンやミニバンではさらに後ろの部分にも柱があるため、ここをDピラーと呼ぶこともあります。

90年代に流行したトヨタ カリーナEDを筆頭とした「ピラーレスハードトップ」というのは、Bピラーを廃した(レス)ボディタイプのことで、ボディ剛性の面では不利となるものの、窓を全開にしたときの圧倒的な解放感や、Bピラーがないことで得られるスタイリッシュなフォルムが人気となりました。

ちなみにピラーレスの車両であっても、後端の2本目のピラー部分をBピラーと呼ぶことはなく、前方のAピラーと後端のCピラーという呼び方は不変となります。

ピラーは強度と視界のバランスを考慮して設計されている

また特殊な例となりますが、4代目(現行型)のホンダ フィットはフロントに大きな三角窓を持ち、Aピラーが2本あるように見えますが、前方の部分は柱としての強度は有しておらず、2本目に見える部分が本来のピラーとしての役割を持っているため、ホンダでは前方のピラーのことを「A´ピラー」と呼んでいるんだとか。

このピラーは柱というだけあって、ボディの剛性には非常に大きな影響を与える部分ではありますが、この部分を太くし過ぎてしまうと今度は運転中の視界を遮ることにもなってしまうため、各メーカー強度と視界のバランスを考慮して設計されている部分ということになります。

屋根を持たないオープンカーでは、基本的にフロントウインドウを支えるAピラーのみの車種がほとんどですが、一昔前のルーフを備えた車種をベースとしたオープンモデル(ホンダ 初代シティカブリオレや初期のVW ゴルフカブリオレなど)は、ボディの強度をキープするためにアーチ型のBピラーを残した車種も存在していました。

このようにデザイン上のアクセントになるだけでなく、クルマを構成する骨格としても重要な意味を持つピラー。待ちゆくクルマを見る時は、ピラーの形状に注目してみるのも面白いかもしれません。

[筆者:小鮒 康一]

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる