autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ノーマル派 vs カスタム派|みんなの声を聞いてみた!

特別企画 2018/9/21 18:28

ノーマル派 vs カスタム派|みんなの声を聞いてみた!

SEMA2017 カスタムされた日本車
SEMA2017 カスタムされた日本車SEMA2017 カスタムされた日本車SEMA2017 カスタムされた日本車SEMA2017 カスタムされた日本車画像ギャラリーはこちら

ノーマル派? カスタム派? アンケートを実施

車を買ったらずっとそのままの状態を維持したい人もいれば、一方で、人と違う車に乗りたい、もっと性能や見た目を良くしたいという理由でカスタムに走る人もいます。

そこで今回はオートックワンTwitterフォロワーの皆さんを対象に、ノーマル派orカスタム派でアンケートを取ってみました!

Q.あなたはノーマル派? カスタム派?

◆やっぱり純正!ノーマル派:53%

◆純正のままじゃ嫌だ!カスタム派:47%

(回答数:244票)

SEMA2017 カスタムされた日本車SEMA2017 カスタムされた日本車SEMA2017 カスタムされた日本車

想像以上に多いカスタム派の皆さん。さすがはオートックワンのフォロワー!?

ちなみにこの写真はラスベガスで開催されるアメリカ最大のカスタムカーの祭典「SEMAショー」のもの。ここまで行くともうカスタムカーというよりショーカーですね。

◆やりすぎ!? 海外ショーでおなじみの国産車がここまで変わる!

回答いただいた皆さんの声

■ノーマル派! 純正フルオプションが理想形です。実際にSTIパーツを取り付けてみて、走行性能の向上、洗練されたデザイン、耐久性の高さ等を実感しました! ただ、他車とかぶる時もあるのが難点。

■純正ノーマル基本ですが、その中でニスモやオーテックなど手軽にできるレベルで楽しんでます。ディーラーで揃えれるくらいのやつですね。

■基本、ノーマルのままですが、トムス仕様とSEVで性能アップしております。

■ノーマル派に投票しました。カスタムの定番である車高ですが、下げたくない理由は、街中で段差や駐車場のフラップ等、ノーマルを前提とした設計が多いからです。自宅駐車場とそこまでの道が砂利だというのも下げたくない理由です。

■昔は弄りまくってた! けど、今は子どももいるし、乗り心地等考えるとノーマルが一番。ちなみにカスタムジャンルはVIP。

■やっぱり、何処か弄っちゃうのよね。年齢が年齢だけに、外観はほぼノーマルで中身を細々としたところを純正他車種の流用してる。

カスタムは人でいうオシャレだと思います! 純正で良い所はそのままに、より良く伸ばしてあげる感じ。

調査を終えて

日産 ノート e-POWER NISMO ニスモパーツ装着車

カスタムが好き、憧れるという半面、どうしても日常での使用や乗り心地を考えると難しいという声が印象的でした。確かに、カスタムカーと聞いて多くの方がイメージするであろう絵面は、車高ダウン×大径ホイール。が、それだと普段の使いやすさや乗り心地にネガな影響を与える場合もあるかもしれません。

そんなときには逆にSUVでリフトアップ! ...という選択肢もありますが(笑)

本文中にもある通り、日産のNISMOやオーテック、またトヨタのTRDやモデリスタといったメーカー直系のパーツやコンプリートモデル(メーカー純正カスタムカー)も人気です。これなら無理せずにノーマルとの差別化ができますね。

手軽なところではインテリアパーツから、上を見ればキリがないカスタムの世界。カスタムカー好きの皆さんは、ぜひフォトギャラリーもチェックしてみてください!

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR