新型ヴォクシー、ステップワゴン、エクストレイル! 2021年末から2022年にかけフルモデルチェンジが噂される新型車5選

画像ギャラリーはこちら
2021年秋は、2年に一度のクルマの祭典「東京モーターショー2021」が開催されるはずだった。しかしコロナ禍の影響を受け、早々に中止が決定されている。東京モーターショー2021会場での初披露に照準を合わせ開発されてきた「トヨタ ヴォクシー」「ホンダ ステップワゴン」「日産 エクストレイル」「三菱 アウトランダーPHEV」そして「日産 IMk」だ。2021年末から2022年にかけデビューが噂されるニューモデルの情報をまとめてお届けしよう!
目次[開く][閉じる]
  1. 2022年春発表の予定が同年初夏までずれ込んだ!?「トヨタ ヴォクシー」「ノア」
  2. 生産工場移管に合わせ、2021年中にもフルモデルチェンジか!?「ホンダ ステップワゴン」
  3. 待ちに待った日本仕様は新世代e-POWERを搭載!「日産 エクストレイル」
  4. 日本はプラグインハイブリッド専売に「三菱 アウトランダーPHEV」
  5. 身近な軽のEV(電気自動車)がやってくる!「日産/三菱 新型軽EV(IMk)」

2022年春発表の予定が同年初夏までずれ込んだ!?「トヨタ ヴォクシー」「ノア」

トヨタの人気Mクラスミニバン「ノア」「ヴォクシー」兄弟がフルモデルチェンジのタイミングを迎えている。

トヨタでは、2020年5月以降に全店・全車種販売が実施され、各チャンネル毎に用意された独自の兄弟車も徐々に整理されている。ただしヴォクシーとノアは、販売チャンネル統合後もそれぞれ販売力を保つ稀有な例を示している。本来なら新型で統一する計画もあったようだが、ノア・ヴォクシーの両ブランドがそれぞれ残される可能性も出てきた。

なお当初噂されていた2022年春発売との予想が、2022年初夏までずれ込んだとの情報もある。2022年にかけ最も注目される車種のひとつだけに、MOTAでは引き続き新型車の動向を追っていく予定だ。新しい情報を得たらまたご紹介しよう。

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
281.4万円344.3万円
中古価格:
20.8万円426.8万円

生産工場移管に合わせ、2021年中にもフルモデルチェンジか!?「ホンダ ステップワゴン」

Mクラスミニバンのブームを最初に生み出した「ホンダ ステップワゴン」だが、生産工場の閉鎖・移管のタイミングに合わせフルモデルチェンジが実施される見込みだ。

弟分のフリードがステップワゴンを大きく上回る売れ行きを示し、いっぽうで兄貴分のオデッセイが2021年中の生産終了を宣言するなど、ホンダのミニバン勢力図が大きく動こうとしている。フリードとの差別化やオデッセイの補完を考えると、現行型に比べやや上級移行する可能性もあり、今後の動向が見逃せないところだ。

待ちに待った日本仕様は新世代e-POWERを搭載!「日産 エクストレイル」

北米では昨年2020年6月にフルモデルチェンジ済み。中国でも2021年4月の上海ショーで公開されている日産の新型エクストレイルだが、おひざ元の日本ではほとんど動きを見せていない。

まだ見ぬ日本仕様には、世界初公開の新世代「1.5リッターVCターボ+e-POWER」を初搭載し、東京モーターショー2021会場で華々しくデビューの予定だった。実際の市販化は2022年にずれ込みそうだ。日本の日産ファンをここまで待たせたからには、期待以上の仕上がりとなることを、大いに期待しておこう。

日産/エクストレイル
日産 エクストレイルカタログを見る
新車価格:
248.3万円412.5万円
中古価格:
22.8万円1,445.1万円

日本はプラグインハイブリッド専売に「三菱 アウトランダーPHEV」

2013年、世界の潮流に先駆けPHEVの量産化に成功したアウトランダーPHEVがフルモデルチェンジする。国内向けの新型アウトランダーは「PHEV(プラグインハイブリッド)」専売とすることで、同じプラットフォームを共有する日産 新型エクストレイルとの差別化を図る。

MOTA編集部では、新型の価格を450万円〜560万円と予想。現行型より多少値上げするようだが、内外装の質感は大幅にあがっている模様だ。

身近な軽のEV(電気自動車)がやってくる!「日産/三菱 新型軽EV(IMk)」

日産と三菱の新型軽EV「IMk」(仮称)は、既に2019年東京モーターショーでコンセプトカーが登場済み。基本的なシルエットはそのままに、いよいよ2022年には市販化される。

国や自治体の助成金・補助金などを用いれば200万円以下の価格、というのも大きなニュース。いよいよ身近に電気自動車が手に入る時代がやってきそうだ。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル]

三菱/アウトランダーPHEV
三菱 アウトランダーPHEVカタログを見る
新車価格:
393.9万円529.4万円
中古価格:
119万円457万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる