【解説】メルセデス製2リッターターボ搭載!日産「新型スカイラインターボ 200GT-t」新型車解説/渡辺陽一郎(1/3)

【解説】メルセデス製2リッターターボ搭載!日産「新型スカイラインターボ 200GT-t」新型車解説/渡辺陽一郎
日産 新型スカイラインターボ 200GT-t Type SP(ボディカラー・ラディアント レッド) 日産 新型スカイラインターボ 200GT-tロゴ 日産 新型スカイラインターボ 200GT-t Type SP(ボディカラー・ラディアント レッド) 日産 新型スカイラインターボ 200GT-t Type P(ボディカラー・スーパーブラック) 日産 新型スカイラインターボ 200GT-t(ボディカラー・ブリリアントシルバー) 日産 新型スカイライン フロントフェイス 日産 新型スカイライン サイドイメージ 日産 新型スカイラインターボ ターボチャージャー付2リッターガソリンエンジン 日産 新型スカイラインターボ 200GT-t インテリア 日産 新型スカイラインターボ 200GT-t  インパネ 日産 新型スカイラインターボ ファインビジョンメーター 画像ギャラリーはこちら

新型スカイラインに2リッター直4ターボモデルが追加!エンジンはメルセデス製!

日産 新型スカイラインターボ 200GT-tロゴ

「日産、ダイムラーと業務提携」

そんなニュースを聞いても、これまでは何がどのように変わったのか今ひとつ分かりにくかった。

それが先ごろ、商品としてユーザーにハッキリと示されたのだ。2014年5月26日に発表された「日産 スカイライン 200GT-t」である。

注目すべきは、搭載されているエンジン。いわゆる「ダウンサイジングターボ」で、2リッターエンジンにターボを装着する。これがメルセデス・ベンツ製になるわけだ。

ちなみに、新型スカイラインは昨年2013年11月に発表されたのだが、この時点で搭載されているエンジンはV型6気筒3.5リッターのハイブリッドのみ。ガソリンモデルは先代の2.5リッターモデルを先ごろまで継続生産していたが、これを終了して新型スカイラインに2リッターターボが積まれた。

新型スカイラインでは、「3.5リッターV6ハイブリッド」と「2リッターターボ」の2種類のエンジンを選ぶことが出来るようになったのだ。

日産 新型スカイラインターボ ターボチャージャー付2リッターガソリンエンジン

新型スカイラインターボ 200GT-tが搭載するエンジンの内容は、直列4気筒のツインカムで、総排気量は1991cc。内径×行程の数値は83×92mmとされ、メルセデス・ベンツ EクラスのE250などが搭載するエンジンと同じだ。

最高出力は211ps(5,500rpm)、最大トルクは35.7kgf-m(1,250~3,500rpm)。E250の数値に比べると、最大トルクの発生回転数が若干異なるが、それ以外はほぼ同じだ。メルセデス・ベンツのエンジンを移植したと考えて良い。

ノーマルタイプのガソリンエンジンに当てはめると、最高出力の数値は2.5リッタークラスだが、最大トルクは3.5リッター並になる。E250の車両重量は1,700kg、スカイラインターボ 200GT-t タイプPは1,670kg。トランスミッションは両車ともに7速ATだから、動力性能もE250に近いと考えられる。

JC08モード燃費は、新型スカイラインターボ 200GT-t タイプPが「13km/L」、ベーシックな新型スカイラインターボ 200GT-tは「13.6km/L」。メルセデス・ベンツ E250は「15.5km/L」だから、新型スカイラインターボの燃費は少し見劣りする。

このあたりはギヤ比によっても変わるが、最も大きな違いは燃焼の制御が異なることだ。

メルセデスベンツE250のエンジンは、走行状況によってリーンバーン(希薄燃焼)にも切り替わるが、スカイライン200GT-tにこの制御はない。開発者によれば「スカイライン200GT-tはパワフルな運転感覚を重視したので、メルセデスベンツE250のような希薄燃焼は設定しなかった」と言う。

基本的には同じエンジンでも、メルセデスベンツE250が搭載するのは燃費も加味した実用型、スカイライン200GT-tはスポーティ指向といえるだろう。

だからスカイライン200GT-tは、車両重量が少し軽いのに燃費数値が下まわった。車種とグレードの性格に合わせて、エンジンフィーリングと燃費性能を変えている。

日産 先代スカイライン

それでも継続生産していた先代スカイラインの250GTは、最高出力が225ps(6,400rpm)、最大トルクは26.3kg-m(4,800rpm)、JC08モード燃費は「11.4km/L」であった。

なので、新型スカイラインターボ 200GT-tは最大トルクが136%に向上し、燃料代は84%くらいに抑えられる計算が成り立つ。エコカー減税は、平成27年度燃費基準を達成したので、購入時に納める自動車取得税が60%、3年分の自動車重量税が50%減税される。

注意したいのは使用燃料で、プレミアムガソリンを使う。現行型のハイブリッド、先代型の250GTも同様だが、レギュラー仕様にはならない。また、350GTハイブリッドには後輪駆動の2WDのほかに4WDも用意するが、200GT-tで選べるのは2WDのみだ。

1 2 3 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる