[西部警察]石原裕次郎の愛車 ”ガゼール オープン”を徹底解析|特別機動車両 Vol.3(1/2)

  • 筆者: 山本 シンヤ
  • カメラマン:オートックワン編集部・株式会社石原プロモーション/製作著作:株式会社石原プロモーション 取材協力:小樽 石原裕次郎記念館
[西部警察]石原裕次郎の愛車 ”ガゼール オープン”を徹底解析|特別機動車両 Vol.3
西部署・木暮課長専用車 日産 ガゼール オープン(ベース車:日産 ガゼール ハードトップ 2000XE-II)<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> ボンネットのガゼル柄は当時の純正オプション<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> あの頃誰もが憧れた・・・自動車電話!<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> 警視庁 西部警察署 捜査課の木暮謙三課長を演じる石原裕次郎氏<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析> 画像ギャラリーはこちら

木暮課長のオープンカーは「西部警察」の華やかさを象徴する1台

刑事ドラマ「西部警察」で活躍した特別機動車両を徹底解説するこのコーナー。第3弾は、石原裕次郎演ずる捜査課長・木暮謙三の愛車「ガゼール」だ。厳密に言えば、スーパーZやサファリ、RS軍団のような特別機動車両ではないが、番組を象徴する華やかな1台である。

ベースモデルは日産 ガゼールの最上級グレード「2000XE-II」で、日本初採用となるドライブコンピューター搭載モデルとしても有名だ。パワートレインは、120ps/17.0kgmを誇る2リッター直列4気筒「Z20E」型エンジンに5速MTの組み合わせだ。

>>西部警察スーパーマシン「日産 ガゼール オープン」をフォトギャラリーで詳細にチェック!

短命だった「ガゼール」はシルビアの姉妹車だった

ゴールドのエンケイメッシュは放送途中からの換装。<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

そもそも“ガゼール”と言うネーミングは若い人にはなじみがないかもしれないが、1979年に3代目シルビアの姉妹車として登場したモデルだ。

メカニズムなどはシルビアと共通。だがシルビアはサニーなどの大衆車がメインのサニー店系列店で販売されていたのに対して、ガゼールはセドリックやローレルなどを扱っていた日産モーター店系列で販売する違いがあった。そんなことからか、フロントグリルやリアコンビランプによる差別化のみならず、装備面などシルビアよりも上位の位置づけで、高級感がプラスされていた。ちなみに1983年にフルモデルチェンジされるが、3年後の1986年にシルビアとの車種統合により販売終了。事実上の後継車は、同じくモーター店系で売られた180SXだ。

なぜ、西部警察ではシルビアではなくガゼールが選ばれたのか。理由は定かではないが、恐らく西部警察放映開始半年前にデビューしたブランニューのネーミングを浸透させるための販売上の戦略だったのではないか。個人的には、木暮課長のキャラクターや年齢などがガゼールの顧客層に近かったから・・・だと思っている。

さすがは石原プロ! オリジナルのオープンモデルをわざわざ特別制作

手前に見える穴に柱を差し、簡易な幌をかける古い英国車などでみられるスタイルをとる。<[西部警察 特別機動車両 Vol.3]”ガゼール オープン”徹底解析>

木暮課長のガゼール、最大の特徴はノーマルにはない特別仕様のオープンモデルであることだ。

改造は当時ワンオフのオープンモデル製作や自動車メーカーの試作改造車などを手がけていたカスタムビルダー「ガレージタルガ」(現在は分社化された有限会社TGRが洋型霊柩車のパイオニアとして有名)が担当した。

ちなみに出演シーンのほとんどはオープンだったが、出演シーン以外の移動用に屋根もシッカリと用意され、パイプ状の支柱を内張りに追加された穴に刺して装着、その上に幌を被せるタイプだった。ちなみに、西部警察 第5話「爆発5秒前」で、木暮課長が入り浸るバー「コーナーラウンジ」前に路駐しているシーンで、貴重なクローズド状態を確認することができる。

なお公表されているスペックは下記の通りだ。

全長:4400mm/全幅:1680mm/全高:1320mm/車両重量:1120kg

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 香雲館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ガゼールの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ガゼールのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ガゼールの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ガゼールの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ガゼールのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる