もはやこれはスパイ映画か!? ドラマ「西部警察」伝説の必見地方ロケシリーズ 山形・酒田編

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:茂呂 幸正/MOTA編集部/株式会社石原プロモーション イラスト:遠藤 イヅル 取材協力:ポニーキャニオン
画像ギャラリーはこちら
1979(昭和54)年~1984(昭和59)年に、「パート1」から「パート3」まで全236話が放映された「西部警察」シリーズが、“伝説の刑事ドラマ”と云われるには理由があります。それが、現在では製作不可能と言われるほどの激しいアクションシーンの数々です。これが地方ロケ編になるとそのパワーはますますスケールアップ! 本シリーズでは西部警察の激し過ぎるアクションシーンを独断と偏見でセレクトしました! 今回は山形・酒田編!

>>熱い男たちの闘い!「西部警察」名シーンの数々を画像で見る

目次[開く][閉じる]
  1. 引込線で列車ジャック!? パート3 ・第23話「走る炎!! 酒田大追跡 ー山形篇ー」
  2. 続く24話「誘拐!山形・蔵王ルート ー山形篇ー」も必見だ!
  3. 今では考えられない「爆破シーン」も、当時西部警察が大人気だった証

引込線で列車ジャック!? パート3 ・第23話「走る炎!! 酒田大追跡 ー山形篇ー」

地方ロケ第8弾、パート3・第23話(昭和58年10月16日放映)「走る炎!! 酒田大追跡 ー山形篇ー」から。

山形県酒田市を舞台に、高性能ミサイル「MX-83」を巡るテロリストとの攻防が描かれるこの回。番組中盤から、息もつかせぬアクションが展開されます。

ハイライトは、MX−83を貨車で運ぶため入れ換え機関車+貨車を「列車ジャック」した犯人側組織と、西部警察刑事とのバトルです。話はかなり突飛で面白いし、刑事がそこまでやるの? もはや特殊部隊(貨車に乗り込んだ “ハト” と “大将” の服装もそんな感じ)!というのも見どころ。

犯人・ヘンリー野口(田中浩氏演)のインチキな英語混じりの……なども……書けないです。残念!(笑)。

そこでイラストではその1シーンを切り取って描いてみました。

ジャックされる列車は、ニチユ製入換用ディーゼル機関車にワラ+トラ+ヨが連なる、まるで鉄道模型の小運転に使えそうな編成で、鉄道ファンも楽しめる回になっています。気になったら、ぜひ実際の映像をご覧になってくださいね!

続く24話「誘拐!山形・蔵王ルート ー山形篇ー」も必見だ!

なお山形ロケも2話続きで、24話「誘拐!山形・蔵王ルート ー山形篇ー」は別立てのストーリーでした。

こちらはこちらで、今はなき上山競馬場をウニモグが……

おっと、これ以上はやはり書けません!

今では考えられない「爆破シーン」も、当時西部警察が大人気だった証

それにしても。今では到底考えられないのは、西部警察ではメインスポンサーの日産車をどんどん破壊してしまうし、広島ロケを例にとれば、広電、そして広告電車のスポンサー「もみじ饅頭のにしき堂」も「爆破」に協力していること。今なら、自社の名前が入った車両を爆破するなんて、イメージが悪いですよね。

でも放映当時、西部警察の人気は凄まじいものがあったのです。むしろ西部警察に出たことによる宣伝広告効果も大きかったのですね。

放送された映像にも、見物人がふつうに収録を見ているシーンや、野次馬が西部警察のクルマを走って追いかける場面なども見られるほどです。当時の西部警察の人気ぶりが伺えます。

[イラスト&レポート:遠藤 イヅル/撮影:茂呂 幸正/MOTA編集部/株式会社石原プロモーション/製作著作:株式会社石原プロモーション/取材協力:ポニーキャニオン]

※記事中のすべての画像:製作著作 株式会社石原プロモーション

西部警察40th Anniversary コンプリートDVD-BOX (ファイナルエディション)(完全数量限定商品) 遂に完成!【ポニーキャニオン】

放送開始40周年を記念し「西部警察40th AnniversaryコンプリートDVD-BOX<ファイナルエディション>」が限定発売された。

ズバリ、放送開始40周年を記念するスペシャルセットだが、“ファイナルエディション”の名の通り、コンプリートのDVD-BOXフルセットはこれで最後……。つまり、今回買い逃してしまうと次のチャンスはもうないのである。

では、どのようなセット内容なのか? 西部警察パート1~3全236話が収録されたDVD-BOX(6セット60枚)に加えて、オリジナルの特典を用意している。その驚き満載な充実の内容について、詳しくは↓こちら↓をチェック!

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる