新型Zの次は「シルビア」!? ライバルのGR86もまもなく登場で、今度は日産 新型シルビア復活に期待大だ!

画像ギャラリーはこちら
世界的に数を減らしつつあるスポーツカーだが、日産 新型フェアレディZやトヨタ GRスープラなど、ここ数年で国内からのニューモデルが続々と登場している。今年2021年に新型GR86やスバル 新型BRZが登場する中、期待されるのが「日産 シルビア」復活だ。果たしてその可能性はあるのか。改めて検証してみよう。
目次[開く][閉じる]
  1. スポーツカー需要、実は少なくない説!? 今こそ小型スポーティカー「シルビア」復活の時だ
  2. 手頃な価格で多くの人たちから愛されたシルビアも、今や希少なFRスポーツカーとして中古車価格が高騰中!
  3. フェアレディZのプラットフォームに日産出自のルノースポールエンジン、直4ターボ搭載!
シルビアの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

スポーツカー需要、実は少なくない説!? 今こそ小型スポーティカー「シルビア」復活の時だ

スポーツカー冬の時代と言われながらも、新型BRZが発売され、間もなくGR86も登場。そして日本での正式な発表はまだ先であるが、北米では一足先に新型Z(日本名フェアレディZ)が発表された。

また今年2021年の3月にホンダ S660の生産終了が発表されると、それまで購入を悩み続けていたユーザーが背中を押される格好で販売会社に殺到し、わずか2週間ほどですべての生産分が完売になるなど、潜在的な需要は言われているほど冷え切っていないのでは? と思えるのだ。

そこで個人的に復活を期待したいのが、日産のエントリーFRスポーツとして名を馳せた「シルビア」である。

もともとはスペシャリティクーペとして、そしてホンダ プレリュードが一時代を築いた“デートカー”として存在していたシルビアではあるが、コンパクトなボディにパワフルなターボエンジンをラインナップした後輪駆動車ということもあって、スポーツカーとしての需要も満たすモデルとなっていた。

特にアラフォー世代前後のユーザーにとっては、安価で購入できるFRモデルとしてお世話になった人も多くいるモデルと言えるのではないだろうか。

手頃な価格で多くの人たちから愛されたシルビアも、今や希少なFRスポーツカーとして中古車価格が高騰中!

しかし、現在では昨今の国産スポーツカー人気や同クラスのFRターボモデルが存在しないこともあって価格は高騰。あの頃ではヒトケタ万円で取引されていたような、過走行かつNA、ATのS14型というような個体であっても100万円近いプライスタグが付けられる異常事態となっている。

そして状態の良いもの(低走行フルノーマル)に至っては500万円台のプライスタグも珍しくない状態で、もはや新型Zが買えてしまうのでは……? というような価格となっているのだ。

となれば、それよりも安価で新型シルビアが登場すれば、爆発的ヒットに繋がる可能性もあるのではないだろうか? 特に新型のGR86/BRZは300万円ほどからというスタート価格であるため、それに近い価格であれば尚更だろう。

フェアレディZのプラットフォームに日産出自のルノースポールエンジン、直4ターボ搭載!

といっても、新規にプラットフォームを作成するのは莫大な費用がかかってしまうため、V35スカイライン時代から新型Zまでも使用しているFR-Lプラットフォームを流用するのが現実的だろう。

さすがに5ナンバーサイズとはならないが、今の時代にこのクラスのスポーツモデルで5ナンバーサイズに固執するユーザーもそこまでいないだろうから大きな問題にはならないのではないだろうか。

そして一番の問題となるのが、搭載するエンジンだ。プラットフォームを考えればVQエンジンが最もスムーズに搭載することができるエンジンということになるが、さすがにシルビアにV6エンジンがイメージが違いすぎる。

そこで候補に挙げたいのが、「ルノー メガーヌR.S.」や「アルピーヌ A110」にも搭載されている「M5P」エンジンだ。1.8リッターながらターボで武装し、最高300PSを発生する直列4気筒エンジンで、ターボの直4という点がシルビアを名乗るのにマッチする。

そしてこのエンジン、ボア79.7mm、ストローク90.1mmという数値からも分かるかもしれないが、べースとなったのは日産のMRA8DE型エンジンなのだ。

シルビアの名は世界にもとどろいているのだ!

もちろんもともと横置きエンジンとして開発されているため、縦置きFRに対応させるためには改良も必要だとは思うが、もともとV6エンジンが搭載されるエンジンベイであればスペース的には余裕もあるだろうから、そこまで非現実的な話でもないだろう。

ミッションやサスペンション、駆動系はZやスカイライン系をベースにリファインすればいいだろうからこちらもゼロから開発するよりは大幅にコストをカットできるハズ。これなら新型GR86/BRZに対抗する価格でリリースすることも夢ではない。

そしてすでに「シルビア」のブランドは正規販売していない海の向こうでも知れ渡っているため、グローバルなモデルとしてリリースすれば、新たな日産の看板車種になるかもしれない。

[筆者:小鮒 康一/撮影:NISSAN・MOTA編集部]

日産/シルビア
日産 シルビアカタログを見る
新車価格:
194.7万円286.8万円
中古価格:
108万円800万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 シルビアの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 シルビアのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 シルビアの中古車検索 日産の記事一覧 日産 シルビアの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 シルビアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる