autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 日産 プレサージュ 新車発表会速報

新型車リリース速報 2003/6/26 16:39

日産 プレサージュ 新車発表会速報

日産 プレサージュ 新車発表会速報

「ファミリーみんなのクルマ」

インパネエンジンラゲッジリアビュー

発売は7月24日だが、ひとあし早く新型プレサージュが発表された。「セダンに近く、運転し易い」ポジションにある、3ナンバーミニバンである。

特長はシートアレンジの使い勝手である。まずはラゲッジ。通常はサードシートモード。この状態でもゴルフバックは収納出来るし、用途に応じて底を1段下げることも可能。次に、ラゲッジにあるリングを手前に引くと、サードシートの座面が跳ねあがり、背面が倒れ、底がフラットなラゲッジモードの荷室が現われる。跳ねあがった座面がセカンドシートとの仕切りの役目にもなっている。そして、さらにリングを引くと、今度は跳ねあがっていた座面がさらに前方に倒れ、スーパーラゲッジモードが出現する。もちろん底はフラットなので、長めの荷物も積載可能。この一連の作業が手軽に行えるのだ。

つぎはセカンドシート。座席横のバーを引き上げることで、シートの左右スライドが出来る。席の間にスペースを作ってウォークスルーにも、席をくっつけて3人掛けにも、とアレンジが出来る。さらに、左側にあるセカンドシートが、運転席にあるボタン1つで、前方に移動される。また、両面スライドドアだが、左側(助手席側)のドアも運転席のボタンで開閉が可能。同乗者に優しい運転手になれる。

バックドアもひと工夫。ガラスハッチを開けて、さらにバックドアを開くと、今までであれば、先に開いていたガラスハッチがさらに上部にあがっていた。しかし、このクルマの場合、2つのドアが上部でくっつき、閉じる時はバックドアを閉じるひと動作で完了。さらに上がるガラスハッチのために天井等を気にしていたわずらわしさもなくなり、このドアのシステムは一石二鳥といえる。

また、バックビューモニターはもちろん、サイドミラーに設置されたカメラで、運転手の死角になりやすい左前方もモニター表示可能。そのモニターやメーター、スイッチ類はセンターに集中されたデザイン。ドライバーの運転し易さ、操作し易さもしっかり追求している。

このように、ドライバーにも、同乗者にも優しいプレサージュ。サードシートまでカバーするSRSカーテンエアバッグシステムをオプション設定するなど、もちろん安全面にもぬかりない。「家族をチームにする“チーム・プレサージュ”」というキャッチフレーズに納得である。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 プレサージュ の関連編集記事

日産 プレサージュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR