【写真で解説】日産 新型ノートを先代と比べてみた

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年11月24日、日産のコンパクトカー「ノート」がフルモデルチェンジを実施した。 新型ノートはデザインを一新。プラットフォームやパワートレインも新設計となるなど、全ての面で生まれ変わった。そこで今回は、12月23日より正式発売となる3代目ノートを先代モデルと比較していく!
目次[開く][閉じる]
  1. 日本で最も売れている日産車ノートがフルモデルチェンジ
  2. 新旧モデルの内外装を比較
  3. 日産の業績回復の鍵となるか!?

日本で最も売れている日産車ノートがフルモデルチェンジ

日産 ノートは、2005年登場の初代以来146万台を売った日産を代表するコンパクトカーだ。特にここ日本では最も売れている日産車であり、日産としても絶対にハズせない1台として相当に力が入っている。

プラットフォームの刷新や第二世代のe-POWER採用など、メカニズムの面でも多くのニュースがある新型ノートだが、先代モデルからどのように変わったのか、解説していこう。

新旧モデルの内外装を比較

エクステリア比較

新型ノートは、ちょうど新世代に移行する日産デザインの国内第一弾として登場。新世代デザインの共通キーワードは「タイムレス ジャパニーズ フューチャリズム」。

外装のデザインテイストには、2021年登場の新型電気自動車(EV)「アリア」と共通性が非常に多い。

フロントマスクは、NISSANの新ブランドロゴを国内で初採用したほか、日産の顔「Vモーショングリル」も新世代に進化し、ヘッドライトとメッキのグリル形状を綺麗に一体化。

さらに、張りのある形状のボディサイドに抑揚をもたせることで、見る角度によって違った表情をみせてくれる。5ナンバーのコンパクトカーとは思えない存在感だ。

ボディサイズは全長4045mm×全幅1695mm×全高1505mm、ホイールベースは2580mm。

対する先代ノートe-POWERのボディサイズは、全長4100mm×全幅1695mm×全高1520mm。新型ノートより全長が55mm長いがホイールベースは20mm短い。

最小回転半径はノートe-POWER・Xで4.9m(14インチタイヤ装着車)、同メダリストでは5.2m(15インチ)になる。

フロントグリルは、ブルーラインのVモーショングリルが与えられている。

そのほか、e-POWERにおける外装の特徴としてはフロントドアの左右とバックドアの3ヶ所にe-POWER専用エンブレムが装着されている。

インテリア比較

液晶パネルに囲まれ先進的なイメージの強い日産 新型ノートのインパネは質感も上々。センターコンソールは2段になっていて上段にはシフトや収納が、そして下部にも収納が確保されている。

前席のボリューム感のある座り心地。また、後席では乗員の膝先空間に握りコブシ2つ分を確保している。

対する先代ノートe-POWERのインテリアだが、インパネの質感はマニュアルエアコン装着車とオートエアコン装着車とではかなり異なる印象。オートならインパネの中央に光沢のあるピアノブラックパネルが装着されるが、マニュアルにはこれが備わらず味気ない仕上がりとなるのだ。

後席は足元空間が広い。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ半に達する。

日産の業績回復の鍵となるか!?

2005年に初代が、2012年には2代目が登場し、今回8年ぶりにフルモデルチェンジし3代目となった日産 ノート。新型の価格は205万4800円~218万6800円(消費税込)となっている。

2017年から2019年までは3年連続で国内コンパクトカー販売台数No.1を獲得するなど、15年間で累計146万台を販売する日産の基幹モデルは、新型の登場により同社の業績回復の鍵となるのか!? その動向に期待がかかる。

[筆者:MOTA編集部]

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12.8万円1,974万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる