autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 日産、名車「ブルーバード」の末裔がEVに|電動化技術の全てを中国で生産【北京ショー2018】

モーターショー 2018/4/25 22:03

日産、名車「ブルーバード」の末裔がEVに|電動化技術の全てを中国で生産【北京ショー2018】

関連: 日産 リーフ , 日産 シルフィ Text: 桃田 健史 Photo: 桃田 健史・NISSAN
日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]
日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]画像ギャラリーはこちら

オール”メイドインチャイナ”で造られるEV

日産はオートチャイナ2018(通称:北京モーターショー)の報道陣向け公開日に、新型EV「シルフィ・ゼロエミッション」の量産型を世界初公開した。

シルフィは小型セダンで、日産にとって中国事業の中核モデル。日本人にとってはかつての名車”ブルーバード”の流れを汲む4ドアセダン車だ聞くと理解しやすいかもしれない。

ここに、リーフのEVコンポーネントを移植することで、日産として初めてとなるフルEVセダンが誕生した。

モーター出力やリチウムイオン二次電池の電池容量については未公開だったが、満充電での航続距離は338kmとした。

中国国内での発売は2018年後半となる。

>>名車”ブルーバード”の末裔がEVに[画像ギャラリー]

中国の若者向けブランド”ヴェヌーシア”からSUV

ヴェヌーシア(日産の中国向けブランド) 新型コンセプトカー「The X」[北京ショー2018]

また、日産と中国地場の東風汽車が共同開発する、中国市場専用の若者向けのブランドであるヴェヌーシアでは、ミッドサイズクロスオーバーの「The X」を初公開した。

同車もEVとして量産される可能性が高い。

中国市場で日系メーカー最大シェアを誇る日産

日産 シルフィ ゼロ・エミッション[北京ショー2018]

こうした中国市場向けの新型EVの特徴は、バッテリー、モーター、インバーターなどの電動コンポーネンツを含めて、すべてを中国で生産することだ。

中国政府は2019年から、EVの本格普及を目指す施策として新エネルギー車法(NEV法)を施行する。こうしたトレンドを踏まえて、中国市場で日系メーカー最大シェアを誇る日産としては、リーフで培ったEV技術を基に、いち早く新型EVの量産を進めている。

日産の中期経営計画「M.O.V.E. to 2022」によると、2018年と2019年に日産、ヴェヌーシア、インフィニティの3ブランドで合計6台の新型EVを発表する予定だ。

[Photo&レポート:桃田健史]

筆者: 桃田 健史

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR