マセラティの新型スポーツカー MC20プロトタイプ公開第2弾|偉大なスターリング・モスを偲んで

画像ギャラリーはこちら
マセラティは、新型のスーパースポーツカー「MC20」のプロトタイプを公開。これは2020年3月5日に続く第2弾となる。今回の写真でMC20とともに映っているのは、先日90歳でこの世を去った伝説のレーサー、スターリング・モス卿に敬意を表し、モスとともにレース界で活躍した2台のマセラティ、「エルドラド」と「250F」である。

>>伝説のレーシングカーと最新のMC20のコラボ写真はコチラ

マセラティがMC20プロトタイプを公開

現代アートとのコラボに続く第2弾

今回公開されたMC20のボディには、世界のモータースポーツ史に名を残す偉大な人物の一人であり、マセラティのレース史の中で最も輝かしい歴史を刻んだ一人であるスターリング・モス卿へのオマージュとしてその"サイン"が記されている。

MC20は、マセラティが2010年にMC12でGT1世界選手権を制して以来のレース界へのカムバックとなり、また同社が設計・開発・生産まで行う新しいエンジンを初めて採用するマシンである。

レース界で活躍したマセラティ

エルドラドと250F

エルドラドは、1958年のモンツァでデビューしたシングルシーターのレーシングカーで、MC20のプロトタイプはこのモデルをデザインモチーフとしている。

また250Fは1956年のF1モナコグランプリでスターリング・モスがポールトゥウィンで勝利を収めたモデルだ。

スターリング・モスとマセラティ

モスはF1ワールドチャンピオンシップにおいて66のグランプリに参戦、16勝を挙げ、4度の2位、3度の3位と世界王者に最も近いながらもタイトル獲得が叶わず、「無冠の帝王」と呼ばれた。

1956年シーズンおよび1957年のいくつかのレースでは、後年に”お気に入りのマシン”として語っているマセラティ 250Fを駆り、ファン・マヌエル・ファンジオだけに敗れている。

そしてそのファンジオは250Fで1957年の世界タイトルを獲得しており、マセラティのマシンの信頼性と優位性が示された結果となった。

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

マセラティの最新自動車ニュース/記事

マセラティのカタログ情報 マセラティの中古車検索 マセラティの記事一覧 マセラティのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる