MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース アウディ 初の量販EV車「e-tron」が日立オートモティブのEV向けインバーターを採用

自動車ニュース 2019/5/21 11:20

アウディ 初の量販EV車「e-tron」が日立オートモティブのEV向けインバーターを採用

Audi e-tron
日立オートモティブのEV向けインバーター、アウディの電気自動車「e-tron」に採用日立オートモティブのEV向けインバーター、アウディの電気自動車「e-tron」に採用アウディ e-tronアウディ e-tron画像ギャラリーはこちら

日立オートモティブのEV向けインバーターをアウディが採用

日立オートモティブシステムズ株式会社のEV向けインバーターが、2019年3月に欧州で販売開始となったアウディのEV車「e-tron(イートロン)」に採用された。

e-tronはアウディ初の量産電気自動車で、2基の電気モーターと電動4輪駆動システムを搭載するフルサイズSUVである。

高まる電動車両の需要

アウディ e-tronアウディ e-tron

世界的規模での環境規制の厳格化にともない各国で電動車両の普及が推進される中、電動車両の性能を向上させる高出力で高効率なモーターやインバーターなどの電動パワートレインシステムの需要が高まっていることが背景として挙げられる。

>>圧倒的に滑らかな乗り心地! アウディ e-tronの内外装を画像で見る(19枚)

日立オートモティブシステムズ製インバーターの主な特長

日立オートモティブのEV向けインバーター、アウディの電気自動車「e-tron」に採用日立オートモティブのEV向けインバーター、アウディの電気自動車「e-tron」に採用

アウディが採用した同社のインバーターは、EV専用に開発、設計されたもので、高出力密度によって動力性能の最大化に貢献する。

具体的には、新世代のIGBT(絶縁ゲート型バイポーラトランジスタ)を内蔵した小型高効率両面冷却パワーモジュールを搭載したことにより、インバーターとしては同社従来製品と比較して約160%となる高出力密度を実現した。

人とくるまのテクノロジー展2019に出展

本製品は2019年5月22日~同年5月24日までパシフィコ横浜にて開催される「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に出展される。

開催概要

■開催日時:2019年5月22日~同年5月24日

■開催時間:10:00~18:00(24日は17:00まで)

■会場:パシフィコ横浜・展示ホール

■主催:公益社団法人 自動車技術会

■入場料:無料(登録入場制)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR