ミニ JCWに新型クラブマン&クロスオーバーが登場

新型 JCWクラブマン&クロスオーバーは前モデルに比べ大幅に性能が向上

ミニは2019年5月15日、John Cooper Works (以下、JCW)にラインナップされているクラブマン/カントリーマン(日本名:クロスオーバー)の新型モデルを発表した。最大の特徴としては、各車に搭載されている225kW/306hpの4気筒ターボエンジンであり、ミニブランド60年の歴史の中における公道仕様の中では最もパワフルなモデルとなる。

>>ミニJCW新型クラブマン&クロスオーバーの内外装を画像で見る[全21枚]

新型 JCWクラブマン&クロスオーバーの主な特徴

どちらのモデルも新型の4気筒ターボエンジンを搭載し、フロントアクスルディファレンシャル・ロック、All4システム(4wd)、専用設計で強化されたシャーシ、8速スポーツオートマチック・トランスミッション(ステップトロニック付)などが標準装備されている。

パワートレイン

JCWモデル用に開発されたMINIツインパワー・ターボ・テクノロジーを搭載した2.0リッター4気筒エンジンは、最大出力225kW(306hp)/5000~6500rpm、最大トルク 450Nm/1750~4500rpm発生。以前のモデルに比べ最大出力が55kW(75hp)上昇し、最大トルクは100Nm増加して450Nmとなり、加速性能が向上した。

また、0-100km/hの加速性能ではクラブマンは4.9秒、クロスオーバーは5.1秒という結果となった。それぞれの前のモデルより1.4~1.5秒もタイムが早くなっている。

レースインスパイアなアクセント・カラーリングの外装

マトリックスハイビーム機能付きの新しいLEDヘッドライトとユニオンジャックデザインのLEDリアライトが特徴的となっている。

また、モデル特有のルーフスポイラーとミラーカバーは高速走行時の空気抵抗を減らすことに寄与している。屋根とミラーカバーの赤のコントラスト塗装、サイドのウィンカーランプとフロントグリル、テールゲートのJohn Cooper Worksロゴも特徴的だ。

男ゴコロをくすぐるレーシーな内装

スポーティなヘッドレスト、スポーツシート、多機能ボタンが備わるステアリングホイール、セレクターレバー、ヘッドライナーの素材もレーシーなものとなっている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ミニ ミニクラブマンの最新自動車ニュース/記事

ミニのカタログ情報 ミニ ミニクラブマンのカタログ情報 ミニの中古車検索 ミニ ミニクラブマンの中古車検索 ミニの記事一覧 ミニ ミニクラブマンの記事一覧 ミニのニュース一覧 ミニ ミニクラブマンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる