autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 三菱 新型eKクロス/eKワゴン 発表会レポート | 竹内涼真さんも興味津々な“イイ軽”の魅力とは

新型車リリース速報 2019/3/29 20:00

三菱 新型eKクロス/eKワゴン 発表会レポート | 竹内涼真さんも興味津々な“イイ軽”の魅力とは

関連: 三菱 eKクロス , 三菱 eKワゴン Text: オートックワン 編集部 Photo: オートックワン編集部・和田清志・三菱自動車
三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート
三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート三菱 eKクロス T(ボディカラー:サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド 2トーン)[三菱 新型eKワゴン・eK X(クロス) 新型車解説]画像ギャラリーはこちら

三菱の全く新しい軽自動車、竹内涼真さんもアピール!

三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート

三菱自動車はハイトワゴンタイプの新型軽自動車「eKクロス」と「eKワゴン」を2019年3月28日に発売し、同日都内で発表会を開催した。

2001年に初代が登場したeKワゴンは、今回の改良で4代目となるが、eKクロスは初めて設定された新しいモデル。テレビCMも放映されていることから非常に注目度の高いニューモデルだといえる。

発表会にはeKクロスのCMに出演している俳優の竹内涼真さんも出席し、会場を盛り上げた。

◆[写真]竹内涼真さんにも負けない“イケメン”ぶり! eKクロスの顔つきをじっくり見る

竹内涼真さんのお気に入りは「イエロー×ホワイト」

三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート

司会者にeKクロスでお気に入りのボディカラーを尋ねられた竹内涼真さんは、「CMで共演したイエローとホワイトの2トーン(サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド)が気に入っている」とコメント。

しかし、会場内に展示された「レッドメタリック/ブラックマイカ」をはじめとする他のカラーも捨てがたいようで、立ち上がって他のeKクロスと迷っているような仕草も見せた。

また、eKクロスでどんな場所を走りたいかを聞かれ「新東名」と回答した竹内さん。運転は得意だということで、eKクロスでのロングドライブもスマートにこなしてくれることだろう。

発表会では実際のCMもお披露目され、キレキレのダンスを踊る竹内さんのオーラに負けないeKクロスが印象的な映像となっていた。

そんな注目のブランニューモデルとなるeKクロス、開発にあたってはデザインとボディカラーが特に注力されたポイントだという。

初登場! “CUTE BEAST”なeKクロスの魅力とは

三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート

「デザイン」を重視したい軽自動車ユーザーの声に応えたルックス

三菱自動車によれば、近年の軽自動車ユーザーの多くは「スタイル・外観」と「車体色」を重視して車選びをしているという。そういった市場背景を受け、eKクロスでは軽自動車でありながら、世界的に人気のボディタイプである「SUV」を意識したデザインが採用されている。

デザインコンセプトは「THE CUTE BEAST(キュート・ビースト)」。三菱のクルマが持つアクティブさを、遊び心溢れるSUV風のルックスで表現したエクステリアとなった。

三菱 eKクロス T(ボディカラー:サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド 2トーン)[三菱 新型eKワゴン・eK X(クロス) 新型車解説]

フロントには、近年の三菱車の多くに共通するデザイン「ダイナミックシールド」が取り入れられていることから、「“三菱らしい”軽自動車だ」と感じる方も多いのではないだろうか。

ステージで展示されていた「サンドイエローメタリック/ホワイトソリッド」の2トーンカラーのeKクロスからは、そのポップなカラーリングも相まって軽自動車とは思えない強い個性が感じられた。いわゆる「指名買い」をするユーザーも多いだろう。

また、先代モデルで設定されていた「eKカスタム」に準ずる仕様が追加される予定は現時点ではないとのこと。同時にeKクロスでは広告宣伝が強化されていることも明かされており、三菱自動車としてかなり力の入ったモデルであることが窺える。

ちなみに今回同時に発表された新型 eKワゴンは、運転に苦手意識を感じているもののもっと運転を楽しみたい、というユーザーをターゲットに開発された。先代型から正常進化したモデルといえる。

こだわりの2トーンカラー! 色の組み合わせは全てオリジナル

三菱新型eKクロス

こだわりのSUVデザインが採用されたeKクロスだが、外観へのこだわりはそれだけではない。ボディカラーにも思わず「選びたくなる」仕掛けがある。

eKクロスに設定されたボディカラーは、全部で11色。そのうち5色がボディとルーフの色が異なる2トーンカラーとなっているが、5つのボディ色に組み合わされるルーフ色は、なんとそれぞれに違う色が採用されているのだ。

2トーンカラーが設定されているモデルでも、多くの場合ボディ側の色は選べてもルーフは1色のみということが多く、非常に珍しい取り組みといえる。

また、ディーラーオプションの「エクステリアガーニッシュパッケージ」を装着すれば、フロントバンパーガーニッシュとテールゲートガーニッシュにもアクセントカラーを足すことができ、eKクロスをさらに個性的にすることができる。

搭載された先進技術にも注目

ファッショナブルなデザインが特徴のeKクロスだが、中身もしっかりとニューモデルらしい最新装備が搭載されている。注目ポイントは「MI-パイロット」とハイブリッドシステムの搭載だ。

長距離もラクラク! 運転をサポートする「MI-パイロット」

日産 新型デイズ&三菱 新型eKワゴンが登場! 新デザインでスタイリッシュに

「MI-パイロット」は、三菱自動車で初めて採用された高速道路同一車線運転支援技術。高速道路において車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を総合的にアシストすることで、ドライバーのストレスや疲労を軽減する装備となっている。

遠方のレジャー施設へドライブ、というような利用シーンも似合うeKクロスということもあり、MI-パイロットのおかげでより遠出したくなるというユーザーも多いことだろう。

eKクロスにはハイブリッドも搭載

三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート

eKクロスでは、パワートレーンにハイブリットシステムが採用された。加速時にはモーターがエンジンの駆動力をアシストし、力強い走りと低燃費を実現している。

ちなみに、ハイブリットシステムは新型eKワゴンには用意されておらず、両車のキャラクターの棲み分けがなされている。

愛着の湧く魅力的な軽自動車が三菱から誕生した

三菱 新型eKワゴン / eKクロス 発表会レポート

搭載されている先進技術も特長的なeKクロスだが、やはりポップで個性的な外観が一番の魅力だろう。様々な軽自動車の中から選ぶというのではなく、「これが欲しい!」と思わず言いたくなるような存在感あるクルマが誕生した。

単なる生活必需品としての「軽自動車」ではなく、愛着を持って接することのできる1台として、eKクロスは魅力的なモデルといえるのではないだろうか。

[筆者:オートックワン編集部 / 撮影:オートックワン編集部・和田清志・三菱自動車]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

三菱 eKクロス の関連編集記事

三菱 eKクロスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR