autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース HD画質を大画面9インチで楽しむ彩速ナビのニューモデルが新登場

自動車ニュース 2019/1/10 17:12

HD画質を大画面9インチで楽しむ彩速ナビのニューモデルが新登場

ケンウッド
ケンウッドケンウッドケンウッドケンウッド画像ギャラリーはこちら

スマホ感覚で美しい画面を操作できるケンウッド 新型『彩速ナビ』

JVCケンウッドは、AVナビゲーションシステムで好評の、彩速ナビゲーションに新商品「MDV-M906HDL」を発表した。

「MDV-M906HDL」の画面は、“彩速ナビ”としては初採用9V型のHDパネル(1280×720)で、従来機(7型WVGAモデル)から約2.4倍もの高解像度を実現。上下左右170°のワイドな視野角により、運転席はもちろん助手席からもクリアな映像が楽しめる。また彩速ナビのハイエンドシリーズ「TYPE Z」に採用されているLEDバックライトよりもさらに高輝度なカスタムLEDバックライトを採用するなど、上位機をも凌ぐスペックをもつ。

画面のHD化に伴って、操作系も一新。「オーガニックGUI」と呼ばれるインターフェイスは、ドライバーに必要な情報がひと目で確認できるHOME画面を始め、リアルタイムな走行情報を自動で表示するInfo画面、多彩な走行情報で安心と安全をサポートするtドライブメッセージ画面といった、運転中に必要な情報表示から、多彩なソースを高画質に再現、演出するAV画面などの映像情報まで、緻密でクリアな画面表示とともに、スマートフォンのような流れるような操作感を実現している。

ケンウッド

音質面でも、高音質フォーマットであるDSDやFLAC、WAVだけでなく、MQAといった最新のハイレゾ音源に対応。さらにハイレゾ音源をBluetooth接続で転送する高音質コーデックLDACにも対応。またケンウッド独自の高音質化技術「K2 テクノロジー」を搭載するなど、ハイレゾ音源の再生に最適化されている。

取り付け面では、トヨタ ヴォクシー、ノア、プリウス、C-HR、ハリアーなど、9インチ開口を備えるトヨタ車に対してフラットに装着できるように設計されており、すっきりとした室内空間を作り上げることができる。

またHD対応のリアビューカメラCMOS-C740HD(オプション)も同時に発売。高精細な画質で車両後方の映像をナビ画面に映し出すことができる。

彩速ナビ「MDV-M906HDL」は、3月上旬より発売を開始。価格はオープンプライス(店頭予想価格は14万円 税別)となる。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR