autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ケンウッド、CD/USBレシーバーの2019年モデル「RDT-211」を発売

自動車ニュース 2018/9/13 16:30

ケンウッド、CD/USBレシーバーの2019年モデル「RDT-211」を発売

ケンウッド RDT-211

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドより、特定販路向け1DINカーオーディオの2019年モデルとして、MP3/WMA/WAV/FLAC対応のCD/USBレシーバー「RDT-211」を発売する。販売開始は10月上旬で、価格はオープン価格となる。

主な特長

●明るく見やすい大型の13桁LCDを搭載

曲タイトルなどの表示も明るく、見やすい13桁表示が可能な大型LCDを搭載している。

●さまざまな車両の照明にマッチしやすいホワイトイルミネーションを採用

操作キーをはじめイルミネーションをホワイトで統一。車種を選ばず、さまざまな車両の照明とマッチしやすくしている。

●原音に忠実な音質で再生できる音声ファイルフォーマット「FLAC」(48kHz/16bitまで)に対応

原音に忠実な音質で再生できる可逆圧縮方式の音声ファイルフォーマット「FLAC」(48kHz/16bitまで)に対応。USBデバイスに収録した楽曲を高音質で再生が可能。

●ワイドFM(FM補完放送)に対応したFM/AMチューナーを搭載

ワイドFMに対応したFM/AMチューナーを搭載。AMラジオの放送エリアにおいて、難聴対策や災害対策のために、FM補完中継局を通じてFM周波数でAM放送を受信できる「ワイドFM」に対応している。AM番組がノイズの少ないクリアなFM放送で楽しめる。

●車内の環境や好みに応じて設定できる各種オーディオコントロール機能を搭載

・各ソースで変わる音量レベルを調整するボリュームオフセット機能

・8種類のイコライザーカーブをプリセット、音楽ジャンルなどに合わせて音質を選べるdBイコライザーPRO

・周波数を上げてロードノイズの影響を軽減するドライブイコライザー

・3段階で低音を調整できるバスブースト機能

・圧縮音源をリズミカルでリアリティーのある音で再現するサウンド・リコンストラクション

・小さい音量でも心地よい音を再生するラウドネス

・原音をよりクリアに再生する、歪みが少なくハイパワーな「50W×4 MOS-FET」アンプを搭載

●その他の特長

・USB1A(1アンペア)出力に対応し、デジタルオーディオ機器などの充電が可能

・Drive Change機能を搭載し、接続中のUSBデバイスから再生したいドライブを簡単に選択が可能

・好みのAM/FM放送局を、まとめて6局まで登録できるMixed Preset Memory機能を搭載

・スライドカバー付きフロントUSB/AUX端子を装備し、さまざまなデジタルオーディオ機器の接続に対応

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR