autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース プジョー 新型508日本導入へ|オンライン限定で特別仕様車の予約も開始!

自動車ニュース 2018/11/2 12:16

プジョー 新型508日本導入へ|オンライン限定で特別仕様車の予約も開始!

【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始
【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始画像ギャラリーはこちら

NEW 508本格導入に先立ち11月1日よりオンライン予約受付開始

2018年11月1日、プジョーはフラッグシップサルーン「NEW 508」の日本国内導入に先立ち、導入記念限定車「NEW 508 FIRST EDITION」を全国限定60台にてオンライン予約受付を開始した。価格は577万円(税込)。

本限定車はウェブサイトでのオンライン予約専用モデルとなる。

NEW 508の日本市場本格導入に先立ち、今回発売されるNEW 508 FIRST EDITIONは最上級グレードGT(2.0リッタークリーンディーゼル)にフルオプションを装備。

専用の深紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールを装着した60台の限定モデルとなる。

ボディカラーはフレンチトリコロールを彷彿とさせる赤系、白系、青系の三色を設定。

>>内装が美しい!内外装を画像でみる

NEW 508 FIRST EDITION 概要

ボディサイズ

・全長:4750mm

・全幅:1847mm

・全高:1404mm

・ホイールベース:2793mm

ボディカラー

アルティメット・レッド、パール・ホワイト、ダーク・ブルー

価格

577万円(消費税込)

NEW 508 FIRST EDITION 安全装備

【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始

第2世代アクティブセーフティブレーキ(PSA初)

現行アクティブセーフティブレーキのカメラクオリティを向上させ、二輪車および夜間での検知精度をアップ。

アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)

従来の高速道路における同一車線内走行を想定した運転支援機能に加え、前車が完全停止したのち3秒以内に再発進すればアクセル操作無しで追従し、3秒以上経過した場合はワンタッチで設定速度まで回復する。渋滞時の加減速にも対応。

レーンポジショニングキープアシスト(プジョー初)

車線内の一定の位置を保ったまま走行可能。

左右の車線の間隔を保持しようとするため、車線内をピンボールのように左右に動くことはなく、ほぼ全速度域でステアリング補正を実施。

アクティブクルーズコントロールとともに先進的な運転支援をドライバーに提供する。

レーンキープアシスト

約65km/h以上の速度で走行中、車載カメラが車線を検知し、ウィンカー操作がない状態で車線からはみ出しそうになると、自動的にステアリングに反力を生じさせ、元の車線へと戻す。

アクティブブラインドスポットモニターシステム

走行中、斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車輌を超音波センサーが感知し、ドアミラー内にオレンジ色の警告灯を点灯させる。

さらに、後続車輌の進路に入ろうとした場合は、ステアリングの反力によって車線変更を抑制する。

インテリジェントハイビーム

ルームミラー部に取付けられたカメラが常に前方の状況を分析。

先行車や対向車の有無、照明の状況などにより、ハイビームとロービームを自動的に切り替え、対向車を幻惑することなく、常に最適な前方視界を確保する。

トラフィックサインインフォメーション(プジョー初)

制限速度および進入禁止に関する道路標識をマルチファンクションカメラが読み取り、インストルメントパネルに表示。

制限速度はドライバーが任意でクルーズコントロールまたはスピードリミッターに連動させることが可能である。

フロント、サイド、バックソナー/ワイドバックアイカメラ

バックする際に車輌後方の状況をタッチスクリーンに投影する。

また、ステアリング操作による距離や車輌の進行方向の表示、および俯瞰映像により精度の高い表示を提供する。

アクティブボンネット

万が一の衝突時の歩行者のボンネットへの衝撃を軽減する。

ナイトビジョン(プジョー初)

前方最大約200mを赤外線カメラが監視し、その映像をインストルメントパネルに投影する。

NEW 508 FIRST EDITION 機能装備

【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始

フルLEDヘッドライト

ハイウェイモード付き。固定式コーナリングランプ。

アダプティブリアライト

リアコンビランプ自動光度調整機能付き。天候に左右されず被視認性を確保する。

ハンズフリー電動テールゲート

両手に荷物を抱えていてもリアバンパーの下で足を少し動かせば設置されたセンサーが検知し、テールゲートが自動で開閉。

FOCALプレミアムHiFiシステム 10スピーカー

フランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL(フォーカル)による10スピーカーシステムを搭載。

1979年フランス東部、サンテティエンヌにて他オーディオブランドに高性能スピーカーユニットを供給するOEMメーカーとしてスタートし、現在ではホームオーディオ、ヘッドホンでも高評価を得ている。

前席8ウェイ電動シート&ヒーター/マルチポイントランバーサポート

前席ポジションの調整はすべて電動。8つのランバーサポートが空気圧により膨張・収縮し、ロングドライブ時に肩、腰をサポートする。

アクティブサスペンション

フロントストラット、リアマルチリンクのサスペンションに電子制御アクティブサスペンションを組み合わせ、路面や走行状態に応じてショックアブソーバーの減衰力をリアルタイムに制御し、優れた乗り心地とハンドリングを両立。

ドライバビリティ重視のスポーツ、乗り心地重視のコンフォート、燃費重視のエコ、ドライバビリティとコンフォートのバランスのノーマルの4つのドライビングモードを選択可能である。

Peugeotミラースクリーン

Apple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォン接続機能。対応ナビゲーション/マップアプリやオーディオアプリを直感的に使用できる。

カーナビゲーション

日本仕様のカーナビゲーションとしてタッチスクリーン専用ナビゲーションをETC2.0と共に標準装備。

NEW 508 FIRST EDITION 購入特典

【プジョープレスリリース】“革命的フレンチサルーン” プジョー NEW 508本格導入に先立ち ファーストエディション発表 11月1日よりオンライン予約受付開始

NEW 508 FIRST EDITION はウェブサイトでのオンライン予約専用モデルとなる。

特設ウェブサイトからユーザーご自身でオンライン手続きしてもらい、その後、最寄りのディーラーにて手続き、後日の納車となる。

購入したユーザーにはFOCAL製ワイヤレスヘッドフォン「LISTEN WIRELESS」がプレゼントされる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

プジョー 508 の関連編集記事

プジョー 508の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

プジョー 508 の関連編集記事をもっと見る

プジョー 508 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR