autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェ、911スピードスターコンセプトを公開!市販化の予定は?

自動車ニュース 2018/6/11 12:16

ポルシェ、911スピードスターコンセプトを公開!市販化の予定は?

ポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプト
ポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプトポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプトポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプトポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプト画像ギャラリーはこちら

ポルシェのスピードスターモデルは、2010年に356台が製造されたタイプ997の911スピードスターをもって生産が中断されていたが、今回、ポルシェスポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプトが公開された。

>>911スピードスターコンセプトの内外装デザインを画像でチェック!

同モデルは、非常にエキサイティングなオープントップスポーツカーの公道仕様スタディモデルで、1948年6月8日に登録された初代ポルシェ 356 “No.1” ロードスターと今日のポルシェモデルの間をつなぐモデルとなっている。

ツートンシェルに覆われたドライブテクノロジーは現行型のGTモデルに基づいており、911 GT2 RSやGT3 RSが生まれたヴァイザッハのポルシェモータースポーツセンターで開発された。

このコンセプトカーの生産型は2019年まで公開されることはないが、将来的な市販車としてのポテンシャルを垣間見ることができる。市販化を進めるか否かの判断は、今後数ヶ月以内に決定される。

ポルシェ356 1500スピードスターなどの過去モデルを彷彿とさせるデザインが特徴

ポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプト

911スピードスターコンセプトはいっそう傾斜したフロントウインドウと短いウインドウフレーム、またこれに合わせて短縮されたサイドウインドウなどが特徴だ。非常に低いフライラインを備えた力強いデザインは、ポルシェ356 1500スピードスターなどの過去のモデルを彷彿とさせる。

フロントシート後方では、1988年の911スピードスター以来の伝統的なエレメントであるダブルバブルカーボンファイバー製リアカバーが、ロールオーバープロテクション構造を覆っている。バブル間の対照的な2つのブラックスラットは空力機能を付加し、透明なプレキシガラス製ディフレクターには“70 years of Porsche”ロゴが刻印される。

さらに、911スピードスターコンセプトは、歴史的オリジナルモデルのように、コンバーチブルトップの代わりに軽量トノカバーを備えている。駐車時に車内を雨から守るこのカバーは、8個のTenaxファスナーで取り付けられる。

また、スピードスターフィロソフィの核となる軽量設計は、ナビゲーション、ラジオ、およびエアコンシステムの全てが排除されたインテリアに受け継がれている。フルバケットシートはカーボン製で、コニャック356のライトブラウンのアニリンレザーカバーは、先代ゆずりのクラシックな仕様となっている。

ワイドなボディは911 カレラ4カブリオレから採用

ポルシェ スポーツカーの誕生70周年を記念した911スピードスターコンセプト

コンセプトカーのワイドなボディは911 カレラ4カブリオレから採用されており、フェンダー、フロントフード、およびリアカバーは軽量の炭素繊維複合材料でできている。

GTシルバーとホワイトの伝統的なボディカラーは、フロントフード中央に配置された50年代スタイルのセンター燃料タンクキャップ、クラシックなタルボ形状のドアミラー、ヘッドライトのユニークなデザインなど、丁寧に仕上げた他の多くの細部と同様に、かつてのポルシェ レーシングカーを想起させる。

十字型のような効果を生み出すヘッドライトカバーの表面処理は、ポルシェ モータースポーツの黎明期に普及した、飛び石による破損を防ぐためヘッドライトにテーピングを施すという慣例への敬意を表したもの。ワイドなBピラーと車体後部は、圧延金メッキされた“Speedster”のレタリングで飾られている。

911スピードスターコンセプトは、最先端のコンポーネントを備えている。シャシーは911 GT3由来で、フックスデザインの21インチホイールはハイグロスポリッシュのクローバーリーフが細かなコントラストを生み出す。このタイプのホイールとしては、初めてセンターロック方式が採用された。

チタン製テールパイプを備えたエグゾーストシステムと6速マニュアルトランスミッションを含むパワートレインも、最新のGTモデルから受け継いでいる。このミニマリストのコンセプトカーに搭載される水平対向6気筒エンジンは、最高出力500PSを発生し最高回転数は9000rpmに達する。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ポルシェ 911 の関連編集記事

ポルシェ 911の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ 911 の関連編集記事をもっと見る

ポルシェ 911 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR