autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース レクサス LC、ニュル24時間レースでクラス優勝!「絶対にあきらめない気持ち」で掴んだ勝利

自動車ニュース 2018/5/15 12:03

レクサス LC、ニュル24時間レースでクラス優勝!「絶対にあきらめない気持ち」で掴んだ勝利

トヨタレースレポート

TOYOTA GAZOO Racingは、2018年5月10日(木)~13日(日)にかけて、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催された第46回ニュルブルクリンク24時間耐久レースにレクサスLC(56号車:土屋 武士/松井 孝允/蒲生 尚弥/中山 雄一)で参戦し、SP-Proクラス1位、総合96位で完走した。

フォトギャラリー>>ニュル24時間レースで活躍したレクサスLCを画像で見る

10日(木)、11日(金)に行われた予選の結果、レクサスLCは8分34秒591を記録し、総合32位で決勝を迎えた。出走台数147台となった決勝レースは、現地時間12日(土)15時30分にスタートし、松井選手がスタートドライバーを担当。スタート直後に他車との接触があり、車両へのダメージが心配されたが、緊急ピットインするまでには至らず、ルーティーンのピットインで処置を実施。その後も、パワートレーン・ブレーキ・タイヤ・電気系等のトラブルが発生したが、そのたびにドライバー、メカニック、エンジニアが迅速かつ確実に対応し、クルマを再びコースに送り出した。

13日(日)早朝6時30分以降は、大きなトラブルなく周回を重ねていき、徐々に順位を上げていった。そして、15時30分にチェッカーフラッグが振られ、レクサスLCはSP-Proクラス優勝を果たした。

今回、本戦までの開発テストでは発生しなかった、また想定しなかった数々のトラブルにも見舞われた。しかし、ニュルの活動の目的をチーム全員が理解し、「絶対にあきらめないこと」、「1LAPでも1メートルでも長くクルマを走らせる」という思いで、トラブルのたびにクルマをコースに戻した。

TOYOTA GAZOO Racingは、この頑張りで得られた経験、知見、思いを「もっといいクルマづくり」に必ず繋げていくとしている。

友山茂樹氏のコメント/GAZOO Racing カンパニープレジデント

何度も予定外のピットインを強いられながら、何とか24時間を走り切りって完走できたことを感謝します。ドライバー、メカニック、エンジニア、サポートスタッフがそれぞれの役割を果たし、最後の最後まであきらめずにクルマを走らせようと努力した結果だと思います。この活動を支えてくださったサプライヤー企業およびパートナー企業の皆さま、応援してくださった多くのファンの方々に心から感謝します。

ここニュルブルクリンクで得られた知見や、鍛えた技術は、GRブランドの各モデルに採用されていくばかりでなく、今後トヨタ自動車が投入する市販車の数々に、必ずや活かしていきます。

トヨタの「もっといいクルマづくり」と、それを支える「人づくり(人材育成)」に終わりはありません。そのためにも、これからもニュルへの挑戦を続けていきます。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス LC の関連編集記事

レクサス LCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LC の関連編集記事をもっと見る

レクサス LC の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR