autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ランドローバー、ディスカバリースポーツ 2018年モデルの受注開始

自動車ニュース 2017/11/24 14:13

ランドローバー、ディスカバリースポーツ 2018年モデルの受注開始

ランドローバー ディスカバリースポーツ

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ディスカバリースポーツ 2018年モデルを、2017年11月22日より受注開始した。

価格(消費税込)は、ガソリンモデルが443万円~733万円、ディーゼルモデルが473万円~763万円となる。

ディスカバリースポーツ 2018年モデルはエンジンラインアップを刷新し、ディスカバリーシリーズ初となるジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた、INGENIUM(インジニウム)2リッター直列4気筒ターボチャージドガソリンエンジンとINGENIUM 2リッター直列4気筒ターボチャージドディーゼルエンジンの2種類を新たに導入する。

また、440万円からの新たなエントリー・グレード「PURE」を追加設定した。

新型ディスカバリースポーツは、従来モデルの5名乗りと変わらないスペースに、5+2名用にアレンジが可能なシートシステムや194リットルから最大1698リットルまで拡大するラゲッジスペースなど、多用途性の高さを継承している。

自動緊急ブレーキやレーンキープアシストなどのドライバー支援システムを搭載したドライバーアシスト・プラスパックや内外観の魅力を一層引き立てるデザインパックなど、パッケージオプションも豊富に取り揃えている。

さらに、インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」は標準設定で、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことを可能とし、コネクティビティ機能も強化した。

【ディスカバリースポーツ 2018年モデル 概要】

・エクステリアカラーにはナルヴィクブラック、バイロンブルー、ナミブオレンジを新色として追加

・4ウェイランバーを装備した電動フロントシート

・メモリー機能付の電動調整可倒式ドアミラーには自動防眩機能を装備(HSE、 HSE LUXURYは標準装備)

・直感的なタッチ操作が可能で鮮明なグラフィックの10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」

・スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」や万が一車両が盗難にあった際に、車両位置を捜査機関に通知できる「セキュアトラッカー」など、充実したコネクティビティを提供

・車間距離を維持しながらの走行をサポートするアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

・車やキーに触れることなく、車外からテールゲートの開閉操作が可能なハンズフリー・パワー・テールゲート(HSE LUXURYは標準装備)

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連編集記事

ランドローバー ディスカバリースポーツの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連編集記事をもっと見る

ランドローバー ディスカバリースポーツ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!