autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ、屋内外のさまざまなシーンで活躍するハンディータイプ蓄電機を発売

自動車ニュース 2017/8/31 11:42

ホンダ、屋内外のさまざまなシーンで活躍するハンディータイプ蓄電機を発売

関連: ホンダ
ホンダ ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID E500」(パワーレッド)

ホンダは、ハンディータイプ蓄電機「LiB-AID(リベイド)E500」を9月1日から販売開始する。販売価格(消費税込)は79,920円で、アクセサリーソケット充電器同梱モデルは86,400円。年間販売目標は3,000台。

リベイドE500は、ホンダ独自の正弦波インバーター技術による高品質な電気の供給が可能な最大出力500W(VA)のハンディータイプ蓄電機。家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットから充電でき繰り返し使えるリチウムイオン電池を搭載することで、屋内外のさまざまなシーンで活躍するポータブル電源として利用することが可能となる。

 

蓄電機

電気をつくることはできないが、電源から電気を蓄電することで電気を取り出し使用することができる。一方、発電機はガソリンもしくはガスを燃料としたエンジンでオルタネーター(発電装置)を起動させて電気をつくることができるが、貯める(蓄電)ことはできない。

 

リベイドE500の主な特長

親しみやすいデザイン

1965年に発売したホンダ初の発電機「E300」のデザインをモチーフとした、さまざまなシーンに似合うシンプルなフォルムを採用。また、大型ハンドルを備えることで気軽に持ち運ぶことが可能。

ホンダが発電機開発を通じて培ってきた独自開発の正弦波インバーターを搭載

一般家庭で使用されている電気と同等の高品質で安定した電気供給が可能。パソコンなどの精密機器やマイコン搭載の電気製品など、電気の質の影響を受けやすい製品を安心して使うことができる。

直流電圧(DC)のみでしか出力できない一般的な電池や蓄電池に対し、このインバーターを搭載することで交流(AC)100Vの出力電圧でも電気を供給できるため、普段使用している電気製品を手軽に使用できる。

排気ガスや騒音を発生させずに電気の供給が可能

家庭用コンセント、もしくは車のアクセサリーソケットによる充電時間は約6時間。300Wの電気が約1時間、500Wの場合は約35分間取り出せる。

主要諸元

全長×全幅×全高:266×182×248mm

重量:5.3kg

定格周波数(Hz):50/60(切替スイッチ付き)

内蔵バッテリー:タイプ/充電式リチウムイオン電池

        電池容量/377Wh

定格出力[W(VA)]:300

最大出力[W(VA)]:500

運転時間:300W/約1時間

     500W/約35分

充電時間:約6時間

充放電寿命(サイクル):1000以上

電気取り出し口:交流コンセント 2口

        USB出力端子 2口

充電器:AC充電器

    アクセサリーソケット充電器

ホンダ の関連編集記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連編集記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!