MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース オーテックジャパン、セレナ「ライダー」「福祉車両」に自動ブレーキ標準設定

自動車ニュース 2015/11/25 16:09

オーテックジャパン、セレナ「ライダー」「福祉車両」に自動ブレーキ標準設定

日産 ライダー Sエディション

日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは、「セレナ」の新グレード追加・一部仕様変更にあわせ、カスタムカー「ライダー」シリーズに新グレード「ライダーSエディション」を追加するとともに、福祉車両「ライフケアビークル(LV)」シリーズを一部仕様変更し、11月25日より発売すると発表した。

セレナ「ライダー Sエディション」

セレナ「ライダー」は、クラスを超えた迫力と存在感をテーマに、エクステリア・インテリアをトータルコーディネートしたカスタムカーとして、好評を得ている。

今回発売する新グレードは、「ハイウェイスター Sエディション」と同様に「20S」をベースに、「ライダー」専用のエクステリアとインテリアを採用したほか、エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)やLDW(車線逸脱警報)を標準装備した。

また、プッシュエンジンスターター、インテリジェントキー、助手席側のワンタッチオートスライドドアなどの利便性を向上させるアイテムを標準装備しながら、価格(消費税込)は、2WDが2,735,640円、4WDが3,016,440円とお買い得価格を実現した。

セレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズ

日産 20S チェアキャブ リフタータイプ

さらにセレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズでは、昇降シートや乗降用ステップなどを採用して車への乗降をサポートする「アンシャンテ」や、車いすのまま車内に乗り込める「チェアキャブ」など、「セレナ」の室内の広さや大開口スライドドアを活かして、一般家庭から福祉施設・病院まで幅広いニーズに対応するバリエーションを設定している。

「ライフケアビークル(LV)」シリーズの「20S」グレードにエマージェンシーブレーキを標準装備とし、これによりセレナ「ライフケアビークル(LV)」シリーズ」は、グレードにおいて自動ブレーキ標準装備となった。

日産 セレナ LV価格

価格単位は(円)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR