autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース フォードが今秋導入予定の“新型モデル4車種”を早くも発表!

自動車ニュース 2015/8/6 14:55

フォードが今秋導入予定の“新型モデル4車種”を早くも発表!

「リンカーン MKX」はフルモデルチェンジ

フォード「リンカーンMKX」
フォード「クーガ」
フォード「エクスプローラー」フォード「フォーカス」

フォード・ジャパン・リミテッドは、年内に部分改良・全面改良を含む“新型モデル4車種”を年内に導入することを発表した。フォードのグリーン・エンジンであるEcoBoostを搭載したモデルを拡充していくとしている。

新たなエンジンを搭載したコンパクトSUVの新型「クーガ」を8月6日に発表。これを皮切りに、コンパクトカー「フォーカス」のエクステリア、インテリアのデザインを刷新し、パワートレインの変更など大幅改良。そして同じく大幅改良したSUV「エクスプローラー」を、9月から10月にかけて発売を開始する。さらに年末までにリンカーンブランドのCUV「リンカーン MKX」を全面改良し導入予定だ。

EcoBoostを1.0リッターから3.5リッターの全6シリーズまで拡充

フォード・ジャパンでは、フォードがグローバルで展開するOne Fordプランのもと、ラインナップの拡充と共に、2010年より5年連続で前年超えの販売を達成してきた。またEcoBoostエンジンは、3年連続で「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した1.0リッター EcoBoost(フィエスタに搭載)をはじめ、日本でもその優れたパフォーマンスと環境性能が高く評価されている。

今回の新商品の導入により、販売台数で6年連続の前年超えを狙うとともに、EcoBoostを1.0リッターから3.5リッターの全6シリーズまで拡充することによって、日本におけるフォードのブランドイメージをさらに強化していきたいと考えている。

pick up!

◇クーガ

・1.5リッター EcoBoostエンジンと2.0リッター EcoBoostエンジンに変更

◇フォーカス

・1.5リッター EcoBoostエンジンに変更

・エクステリア、インテリアのデザインを刷新し、安全・スマート装備を充実

◇エクスプローラー

・2.3リッター EcoBoostエンジンをFWDモデルに搭載

・3.5リッター V6 EcoBoostエンジンを搭載したモデルを追加(2016年予定)

・エクステリア、インテリアのデザインを刷新し、安全・スマート装備を充実

◇リンカーン MKX

・2.7リッター V6 EcoBoostエンジン搭載

・全面改良

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

フォード クーガ の関連編集記事

フォード クーガの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォード クーガ の関連編集記事をもっと見る

フォード クーガ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR