ホンダ フィットハイブリッド(2017年MC)実燃費レポート | 登場から5年! 今なおコンパクトカーの代表車種で居続けるモデルの実力は!?(2/5)

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:茂呂 幸正・永田 恵一

ホンダ フィットハイブリッド(2017年マイナーチェンジモデル) 実燃費レポート|市街地・街乗り編

フィットハイブリッド(2017年マイナーチェンジモデル)市街地・街乗りでの実燃費 22.2km/L

ホンダ フィットハイブリッド(マイナーチェンジ後モデル)の実燃費結果
実燃費カタログ燃費
ホンダ フィットハイブリッド(マイナーチェンジ後モデル)22.2km/L31.8km/L
ホンダ フィットハイブリッド 初期モデル26.0km/L33.6km/L
ホンダ フィット 1.3リッターガソリンエンジン初期モデル18.0km/L24.4km/L
【ライバル車】トヨタ アクア 最新モデル24.9km/L26.1km/L
【ライバル車】日産 ノート e-POWER(エコモード使用)25.0km/L34.0km/L
【ライバル車】マツダ デミオ ディーゼル(AT)19.7km/L26.6km/L

マイナーチェンジ後のフィットハイブリッドの市街地での燃費は22.2km/Lと、表に挙げた過去データのあるライバル車に対し期待外れに終わった。

しかし、原因は冒頭に書いたコンディションとタイヤや車重といったグレードによるものである可能性が高い。初期モデルの燃費をフィットハイブリッド本来の燃費と考えれば、依然としてフィットハイブリッドの燃費はコンパクトカートップクラスと断言できる。

搭載されるハイブリッドシステム、その特徴とは

市街地編ではフィットハイブリッドの1モーターハイブリッドの動き方などを中心にお伝えする。

7速DCTを介するホンダの1モーターハイブリッドは、バッテリー残量が残っていれば10km/hあたりまでEVで発進し、その後は「エンジン走行」「エンジンとモーターで走行」「EV走行」をクルマがマネージメントするという制御を行う。制御の動きは、メーター内のディスプレイを見ていないと切り替わりが分からないぐらいスムース。EV制御の速度域は幅広く、80km/hでEV走行することもあるようだ。停止時は回生制動でバッテリーに電力が戻される。

ただし、度重なったホンダの1モーターハイブリッドのリコールの影響なのか、初期モデルに比べればDCTの変速、特にシフトアップの歯切れが悪くなった感がある。また、50km/hあたりでEV走行中に追い越し加速などのためアクセルを全開に踏んだ際、1テンポのタイムラグがあるのは気になるところ。特に後者は人によって感じ方に個人差がありそうな要素なので、ディーラーでの試乗の際に確認して欲しい。

一方、初期モデルに対して改善された点としては、極低速域での車の動き方がある。初期モデルではクルマをゆっくりと動かしたい駐車の際などに気になったギクシャク感というかスムースさに欠けたところが、ほとんど気にならないレベルまで改良された。ロック板の乗り越えが含まれるコインパーキングでは、この改善点を特に目立って感じることが出来るので、ここは評価したい。

ちなみに、本格的なハイブリッドカーということもあり、テストした日の気候であれば、停止中にエアコンなどの影響でエンジンが掛かったのは片手で数えられるくらいであった。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8.8万円1,884万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる