ホンダ フィットハイブリッド(2017年MC)実燃費レポート | 登場から5年! 今なおコンパクトカーの代表車種で居続けるモデルの実力は!?(1/5)

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:茂呂 幸正・永田 恵一

日本のコンパクトカーのベンチマーク、現時点でのポテンシャルは?

今回の燃費テストでは、2013年の現行モデル登場以来堅調な販売実績をし続けているホンダ フィットの実燃費を計測した。

ホンダ フィット 概要

フィットは「センタータンクレイアウト」という革新的なパッケージングを核とした、広さをはじめとする多くの要素を高次元でバランスさせたコンパクトカーとして2001年に登場。

広さに加えて、いい意味で万人向けのスタイルや価格の安さも後押ししたことから、初代モデルは大成功を納めた。以後、フィットは派生車も含めるとアコード、シビック、CR-Vに続くホンダの基幹車種の1台となっている。

初代モデルのコンセプトが秀逸だったこともあり、2007年登場の2代目モデル、2013年登場の現行型3代目モデルは、ともにキープコンセプトで開発された。

現行フィットに搭載されるパワートレインは、CVTもしくは5速MTと組み合わされる1.3リッターガソリンエンジン、CVTもしくは6速MTと組み合わされる1.5リッターガソリンエンジン、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を介する1モーターハイブリッドシステムの3つである。

それぞれのスペックは、1.3リッターガソリンエンジンは最高出力100馬力・最大トルク12.1kgm、1.5リッターガソリンエンジンは最高出力132馬力・最大トルク15.8kgm、1モーターハイブリッドシステムはエンジンとモーターを合わせたフルパワーの状態で137馬力・17.3kgmとなっている。

なお今回テストした車両は、2017年6月に実施されたマイナーチェンジ後のモデル。マイナーチェンジでは、自動ブレーキの性能向上、前後バンパーなどのエクステリアの変更、エンジンの細部の改良、静粛性の向上などの改良が施された。特に、自動ブレーキを始めとする予防安全装置は、劇的に性能が向上している。

マイナーチェンジ前の現行フィットの自律自動ブレーキは30km/h以下でしか機能しないレーザーセンサーを使うタイプであったが、マイナーチェンジ後のものはミリ波レーダーと単眼カメラからの情報を基盤とするホンダセンシングに昇格。

歩行者にも対応する緊急ブレーキ機能、コンビニに正面から突っ込む事故などを防ぐ誤発進抑制機能、30km/h以上の速度域に対応する先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール、車線の中央を維持しようとするLKAS(車線維持支援システム)、見落としがちな一時停止や進入禁止といった標識をメーター内に表示する標識認識機能)など多彩な機能が搭載されている。

搭載されている自律自動ブレーキの性能は、JNCAP(自動車アセスメント)のテストで停止車両のような物体に対しては50km/h、対歩行者では大人の単純な飛び出しに55km/hからの停止が確認されている。

ホンダ フィット(2017年マイナーチェンジモデル)燃費レポート 目次

■市街地・街乗り編

■郊外路編

■高速道路編

■総合実燃費編

起用グレード

1.3リッターと1.5リッターのガソリン、1.5リッターハイブリッドという3つのパワートレインを持つフィット。今回は、現行フィットの販売において半分近くを占める1.5リッターハイブリッドを選択した。グレードは、スポーティな「ハイブリッドS ホンダセンシング(車両本体価格220万5360円、JC08モード燃費31.8km/L)」を用いた。

燃費テスト概要

テストは2018年12月12日(水)の午前7時頃開始し、午後2時半頃帰京するというスケジュールで実施。天候は雨から曇り、晴れへと回復し、最高気温は10度と、冬場らしい気候であった。交通状況は平均的な流れで、乗車人数はドライバー1人(体重約70kg)で行った。

今回計測したフィットハイブリッドの実燃費結果は、以下の通りだ。

全体

ホンダ フィットハイブリッド(マイナーチェンジ後モデル)の実燃費結果
フィットハイブリッド
(マイナーチェンジ後)
フィットハイブリッド
(初期モデル・参考値)
カタログ燃費(JC08モード)31.8km/L33.6km/L
市街地(街乗り)22.2km/L26.0km/L
郊外路22.8km/L26.1km/L
高速道路24.9km/L26.1km/L
総合23.1km/L26.1km/L

結果としては初期モデルに対し10%ほど悪い結果となった。このような結果となった理由の半分は、天候や交通の流れといったコンディションの違いがあるだろう。

もう半分は、試乗したタイプの違いだ。初期モデルのグレードがエコタイヤを履く標準タイプだったのに対し、今回計測したマイナーチェンジ後のモデルは、走行性能重視の16インチタイヤが履かれているグレードで、車重も若干重かったのだ。そのため、標準モデル同士であれば、改良により僅かながらカタログに載る燃費が向上していることもあり、その分実燃費も向上しているか初期モデルと同等と考えていただきたい。

ここからは市街地編、郊外路編、高速道路編、それぞれの章で燃費や走りの質などについて詳細な評価を行っている。購入を検討している方への情報になれば幸いだ。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8万円277.9万円
1 2 3 4 5 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる