キャンピングカーの悩ましい“アノ問題”を技術で解決した“NV350グランピングカー”ほか、国産ワンボックスバンキャンピングカーから3選[JCCS2017]

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:オートックワン編集部・日産自動車
キャンピングカーの悩ましい“アノ問題”を技術で解決した“NV350グランピングカー”ほか、国産ワンボックスバンキャンピングカーから3選[JCCS2017]
<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー> <日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー> <日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー> <日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー> 画像ギャラリーはこちら

キャンピングカーユーザーが抱える切実な要望を叶えるNV350キャラバングランピングカー

アジア最大級のキャンピングカーの祭典「ジャパンキャンピングカーショー2017」が、2月2日(木)〜2月5日(日)まで幕張メッセで開催中だ。キャンピングカー本体は当然のこと、アイテムや技術にも注目が集まるが、その中には”電源や熱源の確保”に関する展示も多かった。

キャンピングカー車内で滞泊する時やレジャーを楽しむ時は、液晶テレビ、照明などのほか、調理の際に電子レンジなどを使う機会もある。また、より快適な空間を提供するため、可能ならエアコンも使用したい。でもアイドリングストップが必要なのは当然のことだし、かといってエンジンを切ってはバッテリーがもたない。そこで、小型発電機やサブバッテリー、ソーラーパネル、ガスにかわりキッチンをIHグリル化したり、暖房を灯油ヒーターにするなどの様々な工夫で、この問題に対応しているようだ。

>>「ハイエース&NV350キャラバン」キャンピングカー特集 フォトギャラリー

<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー>
<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア>

日産自動車は、キャンピングカーユーザーの声として多く聞かれるこの「エンジンを切ったときの電力の確保問題」を解決するひとつの方法として、同社の100%電気自動車リーフで培ったEV技術を活用した大容量・高出力リチウムイオンバッテリーコンポーネントを電力供給装置として搭載したキャンピングカーの開発を推進。ジャパンキャンピングカーショー2017にて”NV350キャラバン リチウムイオンバッテリー搭載 グランピングカー”を展示した。

架装ビルダー向けベース車両として2017年度内に市販が予定されているNV350キャラバン グランピングカーは、車内では睡眠をせず調理場やちょっとした休憩が可能なラウンジ風シートを備えたクルマとして設計されており、グランピングに特化した設計としたことが特徴だ。グランピングとはグラマラス(Glamorous)とキャンピング(Camping)を掛けあわせた造語で、テントや簡易的なコテージではなくホテルなどが提供する豪華で快適なサービスを受けられる場所で宿泊する新しいアウトドアスタイルのことで、日本各地にもグランピング場が次々と誕生している。

<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア>
<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア・IHクッキングヒーター><日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア・冷蔵庫と電子レンジ>

グランピングでは従来のキャンプ同様に調理も重要なアクティビティのひとつとなっているため、NV350キャラバン グランピングカーでは一般住宅顔負けのIH調理器、電子レンジ&冷蔵庫、エアコンや大画面の液晶TVなどさまざまな電化製品を搭載。本格的な流し台を使って快適に調理を楽しめる。

また、コンセントをつなげば既存のドライヤーやプロジェクターなどの各種家電ももちろん使用可能。グランピングカーにつないで暖房器具をテントの中に入れて暖をとったりするなど、新しい使用方法も考えられる。

搭載されているリチウムイオンバッテリーは総電圧360V、定格出力2.0kw、総電力量12kwhを誇り、単層交流100V(50-60Hz)にて電力を供給する。充電時間は8時間だが、2泊3日程度のキャンプなら充電をせずに楽しむことが出来るという。車内は調理場のほかにオフホワイトと木目パネルを基調としたラグジュアリーな雰囲気のラウンジ風ソファを備え、夏冬ともに快適に過ごすことが可能だ。

<日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア・エアコン><日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/バッテリー残量表示><日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー/インテリア><日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー><日産 NV350キャラバン ・リチウムイオンバッテリー搭載グランピングカー>

スーパーオートバックスでリチウムイオンバッテリー搭載のキャンピングカーが買える!

<rem Forest KULOSver(キャンパー鹿児島/スーパーオートバックス)>
<rem Forest KULOSver(キャンパー鹿児島/スーパーオートバックス)><rem Forest KULOSver(キャンパー鹿児島/スーパーオートバックス)>

キャンパー鹿児島がトヨタ ハイエースをベースに架装するキャンピングカーの人気シリーズ「rem Forest」も、同様にキャンピングカーにリチウム蓄電システムを備えている。同社が「KULOS 」(クロス)と名付けるこの車載用リチウム蓄電システムは、最大出力1500VAで液晶テレビや電子レンジ、家庭用エアコンを10時間以上連続で駆動させることが可能で、たとえば600Wのエアコンなら連続約13時間運転させることが出来る。

もちろんキャンピングカーとしての機能も充実していることは言うまでもない。外観は運転席側の後部窓が出窓風に変化している以外はキャンピングカーらしいイメージがないため、キャンピングカーショー2017ではその特徴を生かして用品小売大手のオートバックスがカスタマイズ。

塗装はオリーブグリーン×クリーム色のルーフとアンダーボディストライプとホイールでクラシカルなイメージに。出窓部分やドアミラーも木目調としたことで、キャンピングカーらしさを残しつつもカスタムカーのような雰囲気に変身している。「キャンピング性能」だけではなく、走行性能を高める足回り変更やオーディオカスタマイズを行うことで、「クルマの価値を高める」1台をアピールしているのが特徴だ。なお、キャンパー鹿児島製キャンピングカーは、オートバックスでのキャンピングカー販売展開開始に伴い、スーパーオートバックス東京ベイ東雲、かしわ沼南(千葉県)、名古屋ベイの各店舗で購入が可能となっている。

まさに動くラウンジ!真っ白なインテリアがゴージャス!なハイエースも

<ウイングス プレミアム -WINGS Premium-(セカンドハウス)>
<ウイングス プレミアム -WINGS Premium-(セカンドハウス)><ウイングス プレミアム -WINGS Premium-(セカンドハウス)>

バンボディそのままにキャンピングカーに架装するバンコン(バンコンバージョン)のベース車両として圧倒的な人気を誇るのがトヨタ ハイエースだ。様々なビルダーから各種キャンピングカーが開発されており、今回のショーでも会場に数多く展示されている。

その中でも特に印象的だったのが、1986年創業でラグジュアリーなキャンピングカーの製造を得意とするセカンドハウスが販売する「WINGS PREMIUM」だ。

ハイエースベースのキャンピングカーの内装は質素で実用的なものや、シックな内装で高級住宅のような雰囲気を持つもの、そして黒い内装で統一されてダウンライトで分厚い黒革風シートが照らし出されるような「ゴージャス系」などさまざまだが、ゴージャス系のWINGS PREMIUMは白いキャプテンシートのみならず大理石風の床、真っ白な壁などホワイトを基調としたインテリアでラウンジ感がさらに強調されているだけではなく、それでいて後部ソファがベッドに早変わりして本格的なキャンピングカーになる。この内装だとキャンプ向けの実用的なアウトドア向けの服装は似合わないし、汚れが目立つ白い内装はキャンプ=アウトドアという概念から考えると衝撃的。どんな状況でどんなユーザーがキャンプとして使用するのかを考えると興味深い。

なお、WINGS PREMIUMではシートや床、壁面は指定カラーからの選択も出来る。

[レポート:遠藤イヅル/Photo:オートックワン編集部・日産自動車]

>>「ハイエース&NV350キャラバン」キャンピングカー特集 フォトギャラリー

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 食べるお宿 浜の湯

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 NV350キャラバンの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 NV350キャラバンのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 NV350キャラバンの中古車検索 日産の記事一覧 日産 NV350キャラバンの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 NV350キャラバンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる