autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダが新型CX-8導入でスライドドア車の生産撤退、3列シートSUVにかける戦略とは

自動車評論家コラム 2017/5/18 17:30

マツダが新型CX-8導入でスライドドア車の生産撤退、3列シートSUVにかける戦略とは

マツダが新型CX-8導入でスライドドア車の生産撤退、3列シートSUVにかける戦略とは

欧州も米国もミニバンはスライドドア車が増えたのに…

どうやらマツダは3列シートSUVである新型CX-8の市販と同時期に、スライドドア車の生産から撤退する模様。

現在マツダのスライドドア車であるミニバンのプレマシーとビアンテは好調と言いがたい状況にある。いや、正確に書くなら生産ラインの効率やパーツの供給など考えれば足を引っ張っているくらいだと思う。

むしろ効率を追求するマツダの経営方針からすれば、よくぞ今まで残していたと考えるべきかもしれない。おそらく販売現場からスライドドアを残して欲しいというリクエストが出ているんだと思う。とはいえ、実際の販売台数見れば販売側も「いつまでも残せ」と言いがたい。

3列シート付きSUVのCX-8の登場で、このあたりのバランスを取ろうという作戦なんだろうか。果たしてスライドドア車は無くても問題無いのか? 難しい判断だと考える。

ここにきてヨーロッパでもスライドドアが増えてきたし、アメリカだってミニバンはスライドドアばかりになってきた。マツダだってスライドドア車があってもよい。

ただビアンテは世界戦略車になりにくいと思う。そもそも大きさが中途半端。アメリカだと小さく、日本はスペース効率でトヨタノア3兄弟や日産セレナには勝てない。欧州や新興国も市場無し。ビアンテの絶版は妥当な選択であり、100%無くなると考えてよかろう。

>>新型CX-8・CX-9、プレマシー等の写真をみる

欧州戦略車のプレマシー復活は新型CX-8の売れ行き次第?

マツダ プレマシー

微妙なのがプレマシー。元々ヨーロッパ戦略車種で、VWゴルフ トゥーランやオペル ザフィーラの競合車種。けれど売れ行きは低迷してしまう。このクラス、欧州だとスライドドアのニーズが無い。かといって通常のドアであっても、トヨタ ウィッシュやホンダ ストリームを見れば解るとおり厳しい。現在の販売状況を考えれば絶版という選択が正しいのかもしれない。

一方、余力あれば現在のマツダの技術力で優れたスライドドアタイプのミニバンを作ったら案外イケる可能性あると思う。現行プレマシーを開発していた時のマツダと今は違う。ディーゼルエンジンだってあるし。

ビアンテと同じく販売が低迷している現時点での一旦生産中止は当然だと思う。ちなみにビアンテを絶版にすることで、トヨタからノア3兄弟のOEM供給を受けられるようになる。マツダ版のノアということ。ビアンテより売れるかもしれません。

新型CX-8の売れ行きが好調なら、プレマシーの復活は当面無いと予想しておく。

[Text:国沢光宏]

>>新型CX-8・CX-9、プレマシー等の写真をみる

筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

マツダ CX-5 の関連編集記事

マツダ CX-5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ CX-5 の関連編集記事をもっと見る

マツダ CX-5 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR