漢字&日本メーカー大好き! アメリカの日本車系カーマニアが着ているTシャツは「中毒者」!?

画像ギャラリーはこちら
近年、アメリカは空前の「日本車旧車ブーム」が巻き起こっている。いや、正確に言うと旧車だけではなく、新車も日本車がスゴイ人気だ。フォードFシリーズやダッジ・ラムなどのピックアップトラックを除くセダン+SUVの乗用車カテゴリーでは、1位から8位まですべて日本車が占めている。そんな中で、子供のころから日本車と日本ブランドが当たり前に身近にあったアメリカのカーマニアたちはどのような趣味嗜好を示すのだろうか。今回はアメリカのカーマニア事情にも精通する自動車ライター 加藤 久美子さんが、現地での最新情報をお届けする!
目次[開く][閉じる]
  1. 新車のみならず旧車も…日本車を愛でる文化が定着したアメリカのカーマニア事情
  2. 「JCCS(日本旧車集会)」の会場で見つけた熱狂的日本車オタクが着ていたTシャツコレクション!
  3. 2021年のキーワードは「NSX」と「Z」! JCCS(日本車旧車集会)の公式Tシャツに注目

新車のみならず旧車も…日本車を愛でる文化が定着したアメリカのカーマニア事情

SUVの本場、アメリカにおける新車販売の1位はトヨタ RAV4、2位.ホンダ CR-V、3位.日産 ローグ(日本名:エクストレイル)、4位.トヨタ カムリ、5位.トヨタ カローラ、6位ホンダ シビック。上位の1位から3位まではSUVが独占する。

新車も旧車も、アメリカで日本車は非常に高い人気を誇っている。トヨタ、ホンダの人気は80-90年代から続くものだが、近年はマツダとスバルの人気が急上昇している。2021年のコンシューマーレポートで自動車ブランド1位に選出されたマツダはCX-5やCX-30が特に人気だ。

ちなみに新車と旧車では同じ日本車でも好む層が異なると思われそうだが、アメリカの若者たちにとって「子どもの頃、家のクルマが日本車だった」という20-30代も少なくない。幼い頃から慣れ親しんできたブランドに信頼と親しみを覚えて惹かれるのは自然な流れと言えるだろう。

ということで今回は、昨今の(とくに2014年頃から)日本車旧車ブームで急増中の日本車「オタク」たちがどんなTシャツを着ているのかを調べてみた。

2021年10月末に筆者が訪れた「JCCS(日本旧車集会)」の会場で見つけた熱狂的日本車オタクが着ていたTシャツを何点か紹介してみよう!

「JCCS(日本旧車集会)」の会場で見つけた熱狂的日本車オタクが着ていたTシャツコレクション!

JCCS(日本旧車集会)とはJAPANESE CLASSIC CAR SHOWのことで、今年10月の開催で16回目を迎えた。昨年はコロナでオンライン開催となったため、今年初めて会場で取材することができた。

例年、ロングビーチで開催されてきたが、今年は大谷翔平選手が所属するエンジェルスのホーム「エンジェルスタジアム」での開催となった。出展台数は約500台、そして来場者はなんと1万人超!入場には長い列ができていた。

まずは会場で見かけたTシャツコレクションの一部をご紹介しよう。

2021年のキーワードは「NSX」と「Z」! JCCS(日本車旧車集会)の公式Tシャツに注目

JCCSも第1回開催から公式Tシャツを販売している。基本は毎年作成されるポスターをベースにしたデザインとなるそうだが、採用される車種はどのように決まっているのだろうか?

JCCS主催者のテリー&コウジ山口さんに聞いてみた。

「ポスターのデザインは毎年、テーマを決めてそれに沿った車両を選んでいきます。今年はすでに早い時点でリュウ・アサダさん(今年3月に逝去した世界的ミニカーデザイナー)のNSXと、去年お亡くなりになってしまった全米Zコミュニティにおいてかけがえのない存在であった240Zオーナー、ジョニーさん(片山豊氏の元秘書でもある高齢女性)へのトリビュートが決定していたので、それに合わせて周りの車両も決めました。」

「2019年はRX-7が記念年でその前はハコスカが50周年だったのでボディに50を入れました。

何かしら毎年記念を迎えるクルマがあるのでそれらを優先して決めていきます。

イベント公式の記念Tシャツは開催当時の2005年から毎年必ずポスターイメージを基準にしたものを作っています。色や配置など微妙に変わる場合もありますが基本はポスターを反映しています」

シートやホイール、車高調など、日本パーツの人気も高い!

アメリカの日本車オタクたちが着ているTシャツはやはり、クルマそのものをモチーフにしたデザインが多かったが、シートやホイール、車高調など日本のパーツブランドも人気だった。

中には日本でしか販売されていないTシャツをわざわざ日本の友人に頼んで購入したという日本車オタクもいた。日本旧車の人気はまだまだ続きそうである。

[筆者:加藤 久美子(自動車ライター)/撮影:加藤 博人]

日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
41.8万円1,650万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

加藤 久美子
筆者加藤 久美子

山口県下関市生まれ 自動車生活ジャーナリスト 大学時代は神奈川トヨタのディーラーで納車引き取りのバイトに明け暮れ、卒業後は日刊自動車新聞社に入社。出版局にて自動車年鑑、輸入車ガイドブック、整備戦略などの編集に携わる。95年よりフリー。2000年に第一子出産後、チャイルドシート指導員資格を取得し、チャイルドシートに関わる正しい情報を発信し続けている。 得意なテーマはオリジナリティのある自動車生活系全般で海外(とくにアメリカと中国)ネタも取材経験豊富。愛車は22年間&26万km超の916アルファスパイダー。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 フェアレディZの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 フェアレディZのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 フェアレディZの中古車検索 日産の記事一覧 日産 フェアレディZの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 フェアレディZのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる