autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 車の水垢の原因は?おすすめの落とし方&簡単に落ちる裏技も徹底解説

自動車購入ノウハウ 2018/4/1 16:31

車の水垢の原因は?おすすめの落とし方&簡単に落ちる裏技も徹底解説

水垢
水垢※写真はイメージです ガソリンスタンド画像ギャラリーはこちら

水垢の種類と原因、それぞれの落とし方

雨の日の後に車を見ると、なんとなく車がうす汚く感じることがあります。ボディの白い車などは汚れが全体的についていて、グレーのように見えることも。

実は、この汚れの原因こそが“水垢”と呼ばれているものです。

水垢はどうして車のボディに付着してしまうのでしょうか。また、水垢はどう対策すればよいのでしょうか。

水垢には2つの種類がある

一言で水垢といってもその発生原因や、性質によって「水性の水垢」と「油性の水垢」に分類することが可能です。それぞれ原因も違えば、もちろん落とし方も違います。まずは、この2つの水垢について説明します。

水性の水垢

水性の水垢とは、大気中のホコリやチリなどがボディに堆積し、それが雨と共に流れる時に発生するものです。

車に雨が降ると雨水はボディの上から下にかけて流れ落ちます。車には雨水を流す雨どいのような役目をする溝がありますが、そこにもチリやホコリがたまりやすく、雨水はチリやホコリを含みながら流れていきます。

この雨水の通り道に溜まった雨水が、雨が上がって乾燥する際、チリやホコリだけがボディに残って乾燥し、それが水性の水垢になります。

油性の水垢

水性の水垢に対して油性の水垢は、文字通り油分を含んだものとなります。

車には多くの油脂類が使われています。例えば、防水目的で使用されているグリースやオイルなどが、雨水の排出と共に少しづつ流れ出して、ボディに水垢の黒い筋を残すことがあります。

また、実はワックスやコーティング剤などが雨で溶けて流れるのも油性水垢の原因です。車を美しく保つために塗っているワックスやコーティング剤が水垢の原因となるのは皮肉ですが、それも事実なのです。

ガラスに付着するうろこ状の水垢とは

自動車のガラスに付着するのはうろこ状の水垢です。これは、水の中に含まれるカルシウムやミネラル成分が乾いて結晶となって窓ガラスに付着したものです。お風呂場の鏡などが真っ白に曇ってしまうのと同じで、一度できてしまうとスポンジなどでは落とすことができなくなってしまいます。

また、うろこ状の水垢ができてしまうと雨の日の視界も悪くなるので、早めに除去しましょう。窓ガラス用の撥水剤を塗布することによって、うろこ状の水垢の発生を抑えることができます。

こまめに洗車していても水垢は発生する

水垢はこまめに洗車すればある程度防げますが、残念ながらゼロにはできません。雨の中で走ったり停めたりすると、余程すぐに拭き取らない限り水垢になります。ただし、早期に対処すれば水垢はより簡単に落とすことができます。

車の水垢を簡単に落とす方法

ついたばかりの軽い水垢はカーシャンプーで落とせる

水性の水垢、油性の水垢にかかわらず、発生して間もないものは簡単に取り除くことができます。水性の水垢であれば、水洗いでも簡単に落とすことができます。同様に油性の水垢も、ついたばかりであれば洗車で簡単に落とすことができます。

どちらのタイプの水垢でも、カーシャンプーで簡単に落とせるので、こまめに洗車をしていればそれほど気にする必要はありません。

【裏技】車の水垢を台所用洗剤で落とす

車のボディについた水垢を簡単に落とす裏技があります。それは、洗車の時にカーシャンプーの代わりに「台所用洗剤」を使う方法です。

台所用洗剤は油性の水垢に有効

台所用洗剤を洗車に使う際は、カーシャンプーと同じようにバケツに水と台所用洗剤をいれ、10倍程度に薄めて、泡だてて洗車しましょう。

台所用洗剤には油分を分解する成分が多く含まれ、泡立ちがよく、しかも研磨剤が含まれていないので、濃い色の車にも安心です。

台所用洗剤を使った洗車の注意点

台所用洗剤は泡立ちが良いですが、その分泡を流す時には注意が必要です。

台所用洗剤でボディを洗うと、流す時に泡切れが悪く、洗剤の泡が残りがちです。この泡を残ったままにしておくと、また新たな水垢の原因になってしまうことがあります。さらに、台所用洗剤の強力な油分を分解する成分がゴム部分に残ったままだと、ゴムパーツの劣化を早める原因になります。

台所用洗剤を洗車に使った時は、ボディパネルの合わせ目の隙間やドアミラーのミラー面、フロントガラスのワイバー部分などに泡がたまりやすいので、念入りにすすぐようにしましょう。

【裏技】ガラスについた水垢にはお酢が有効

ガラスの水垢に効果的な「お酢」

窓ガラスに付着したうろこ状の水垢は、なかなか頑固で落とすのが難しいものです。自動車のガラス用水垢クリーナーはコンパウンドを含むので、ゴシゴシと力を入れて磨く必要があり、洗い流すのもなかなか大変です。

そんな厄介なガラスの水垢は、意外にも「お酢」を使って簡単に落とすことができます。

なぜお酢が水垢に有効なのか?

ガラスに付着した水垢の正体は、カルシウムやミネラル分といったアルカリ性の性質を持つものが大半です。

アルカリ性のガラスの水垢に対して、酸性のお酢を使うことによって水垢を中和して、落ちやすくなるというわけです。

お酢を使う時の注意点

お酢を使った裏技で注意が必要なのは、お酢がガラス以外の部分に付着しないようにすることです。

ボディなどに付着した場合は、酸性が強いので塗装を痛める場合があります。そのため、もしボディにお酢が付着してしまった場合には、すぐによく洗い流すことが必要です。

また、外気取り入れ口がフロントウィンドウの下部にある車でこの部分にお酢が付着すると、エアコンを使用する際に車内がお酢臭くなってしまうので注意が必要です。

固着してしまった水垢落としに有効なクリーナー

固着してしまったしつこい水垢には専用クリーナーを使おう

水垢が固着してしまった場合にはどうすれば良いでしょうか。

まずは一般的な洗車を行い、落とせる汚れは全て落としましょう。それでも残ってしまった水垢に対しては、水垢除去用クリーナーを使うことをおすすめします。

市販の水垢クリーナーを選ぶときには、クリーナーに研磨剤が含まれるかどうか、クリーナーの種類が自分の車の塗装に適合するかを確認する必要があります。必ず本体の注意書きを見るようにしましょう。

おすすめ水垢クリーナー

ソフト99 フクピカ

ソフト99のフクピカは、簡単に汚れ落としができて、同時にワックスもかけることができる優れた商品です。出先で見つけた車の汚れなどもウェットティッシュのように1枚取り出してサッと拭くだけで効果が発揮されます。

また、洗車後の水滴の拭き上げに使えば、拭き上げと同時にワックスをかけることもできます。かさばらないので、ダッシュボードやドアポケットに入れておくのも良いでしょう。

この商品を探す

3M(スリーエム) コンパウンド クリーナーワックス

コンパウンド クリーナーワックスは、プロユースのコンパウンドを販売ししている3Mから販売されている、クリーナーとワックスが一体になった製品です。このコンパウンド クリーナーワックスを使えば、クリーナーの成分で強固な水垢を削り落とし、同時に水垢を防止するためのワックスもかけることができてしまします。

配合されているコンパウンド(研磨剤)も極細目なので、濃色車に使用しても問題ありません。また、ポリッシャーによる施工にも対応しているので、洗車上級者にもおすすめできます。

この商品を探す

車に水垢がつくのを防ぐ方法

車は雨の吹き込まない屋内で保管する

水垢は、車が雨にさらされることで発生します。

もし、車を雨の吹き込まないガレージに収納することができれば、駐車中に雨に降られることはなくなるので、水垢の発生を抑えることができます。マンションの地下駐車場などは理想的な環境です。

なお、風向きによっては雨が吹き込んでしまうカーポートなどは効果が限定的です。

水垢のつかない車のメンテナンス方法とは

水垢がつかないようにするには、こまめなメンテナンスが重要です。

たとえば、雨の中を走って帰ってきた時に雨がやんでいたら、ボディを軽く水洗いしてマイクロファイバータオルで拭く。これだけでも、水垢の付着は格段に少なくなります。

また、ワックスやコーティングをこまめに施工することによって、ボディをツルツルに保ち、水垢や汚れが付着しにくい状態を作れます。これにより、多少雨が降ったとしてもシャンプー洗車だけで水垢を落とせるようになります。

水垢の付着防止に有効なコーティング剤

ワコーズ バリアスコート

ワコーズブランドから販売されているカーケア商品が、バリアスコートです。

バリアスコートは、高密度ガラス系ポリマーとオリジナルポリマーレジンによって、車にガラスのような輝きをあたえます。

車への施工も、洗車後の拭き上げ前にボディにスプレーして拭きあげるか、水を拭き取ったあとにマイクロファイバータオルにスプレーして塗り広げるだけと簡単です。

研磨剤を含まない商品ですが、汚れを落とすクリーナーの役割も果たすので、着いたばかりの水垢なら簡単に落とせるのも嬉しい点です。

この商品を探す

3M 艶出し用ワックス ポリマーワックス 液体

3Mもポリマーワックス剤です。3Mのカーケア用品は、塗装のプロも使っているものが多いのが特徴です。

このポリマーワックスは、スポンジで簡単に施工できて艶がとても良いのでおすすめです。コーティングだけでなく、汚れ落とし効果も期待できます。

この商品を探す

水垢落としをディーラーやガソリンスタンド、専門業者に頼むと料金はいくらかかる?

※写真はイメージです ガソリンスタンド

自分で水垢落としをする自信がない。自分で洗車する時間や場所がない。そんな方にはプロによる水垢落としがおすすめです。

自動車ディーラーやガソリンスタンドの手洗い洗車、コーティング業者にお願いすると、水垢を落とした上、水垢がつきにくくなるコーティングもしてくれます。

プロならではの専用の道具と経験豊富な技術者が対応してくれるので、自分でやって失敗するならプロにお任せするということも検討してみてはいかがでしょう。

水垢落としをディーラーに依頼する場合の料金相場

自動車ディーラーの場合、水垢落とし単体というよりも、手洗い洗車のメニューとして水垢除去も含まれている場合が多いようです。料金は車両の大きさやディーラーに寄って異なりますが、相場で2,000円~6,000円です。

目安料金:2,000円~6,000円

※料金は原則、車両の大きさに比例します。

※料金は国産車ディーラーの場合です。

※これに加え工賃、外部業者への外注の仲介手数料が発生し、より高額になる場合もあります。

水垢落としをガソリンスタンドで依頼する場合の料金相場

ガソリンスタンドの多くは、Keeperなどの外部業者のコーティング剤を使用しています。この場合は水垢落としだけでなく、汚れが固着しにくくなるコーティングもセットになっている場合が多いので、ディーラーで受けられるサービスよりも金額が若干上がります。

目安料金:5,000円~15,000円

※料金は原則、車両の大きさに比例します。

水垢落としを専門のコーティング業者に依頼する場合の料金相場

ガソリンスタンド同様、水垢落とし単体のメニューを設けている業者はあまり多くなく、多くはコーティングの下処理としてのボディ洗浄、水垢落としを実施しています。単体で依頼する場合は目安の金額程度になり、これにメインの売り物であるコーティングを加えると、より金額が高くなります。が、その分専門業者ならではの高いクオリティが担保されています。

目安料金:7,000円~15,000円

※料金は原則、車両の大きさに比例します。

手間を考えると意外と安く感じる方もいるかもしれませんが、車の手入れ自体もカーライフの楽しみという方も多いと思います。自分でじっくり水垢と向き合うのも、楽しみ方のひとつでしょう。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR