フリードとシエンタどっちが欲しい? 内装の質感やシートアレンジでフリードの方が優勢【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
コンパクトなボディに3列シートも設定し多人数乗車を可能にするコンパクトミニバンのライバル車「ホンダ フリード」と「トヨタ シエンタ」。販売台数においても常に接戦を繰り広げている両車だが、購入検討者達はどちらが実際に欲しいと感じているのか? SNSで挙げられているみんなの声を探ってみた。
目次[開く][閉じる]
  1. コンパクトミニバンカテゴリーでしのぎを削る2台
  2. およそ6割近くがフリード推しの結果に
  3. 新型登場が噂される両車に注目が集まる

コンパクトミニバンカテゴリーでしのぎを削る2台

「This is 最高にちょうどいいホンダ」というキャッチコピーで2008年にデビューしたホンダ フリード。それまで全長4.5~4.8m弱のボディサイズを誇るミニバンモデルたちの中で、全長4.2m台とコンパクトなボディで登場したホンダのミニバンモデルだ。3列シートは欲しいがもう少しコンパクトなモデルを求める層などから支持され、2021年7月には累計販売台数が100万台を突破した。

現行モデルは2016年に登場した2代目モデル。発売から2021年で5年が経過するも、直近の販売台数は月平均で6000台程度を売り上げるなど、未だ根強い人気を誇る。

価格(税込)は、ガソリンモデルで199万7600円~、ハイブリッドモデルで256万1900円~となる。

一方の、トヨタ シエンタは2003年9月に初代モデルがデビュー。こちらも、全長4.3メートル弱というコンパクトなサイズの中に3列シートレイアウトを巧みに配置したモデル。

現行型は2015年に登場した2代目で、初代アクアなどのコンパクトカープラットフォームをベースに誕生した。登場から6年が経過した2021年でも、販売台数は月平均5000台以上を記録するなど堅調な売れ行きを維持している。

価格(税込)は、ガソリンモデルが181万8500円~、ハイブリッドモデルが223万6500円~となる。

では実際に、購入検討者などは買うならフリード or シエンタどちらと考えているのか? MOTA(モータ)では公式Twitter上でアンケートを募集した。

アンケート測定期間:2021年9月24日(金)~9月25日(土)/測定方法:MOTA編集部公式Twitter

およそ6割近くがフリード推しの結果に

Twitterアンケートでは、全体の57.7%が「フリード」と答え、残りの42.3%が「シエンタ」という回答結果となった。

また、アンケートの他にもSNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

まず、フリードを推す声としては、

「癖のないプレーンな外観デザインが好印象」

「内装の質感が上質」

「フリードの方が2列目の自由度が高い」

「見た目も室内の使い勝手もフリードの方が良かった」

といった声が見受けられた。

一方のシエンタを推す声としては、

「デザインに関しては、正直好き嫌いが分かれると思う。個人的には個性的なシエンタも嫌いじゃない」

「質感が気にならなければ、シエンタの方が安く手に入れられる」

「シエンタのハイブリッドは家庭用のコンセントが使えるのが魅力」

とする声が挙がっている。

やはり、デザイン面で癖のあるシエンタを敬遠する声は少なくなく、プレーンなフリードを推す声は多い。

また、デザイン面に次いで見られたのは、

「フリードの方が若干高い分、内装の質感などにコストがかかっている。シエンタは全体的にコストを抑えつつ、フリードに近いあのパッケージングを出してきている印象」

「シエンタに対し若干割高でも、内装の質感、シートアレンジ、走行性能など、総合的にフリードの方がリードしている」

など、フリードの方が内装の質感、2列目以降のシートの使い勝手が良いとする声も一定数見受けられた。

シエンタの改善要望の声が一定数で存在

フリード優勢とする声が多い中、要望点としては、

「フリードは3列目を畳むと2列目のリクライニングがあまりできなくなるのが残念」

といった声も挙がっている。

一方のシエンタでは、

「内装の質感をもっと上げてほしい」

「3列目の使い勝手がシエンタは劣る。あまり使い物にならない」

「シエンタの3列目の格納は面倒」

「シエンタは5人乗りでも4WD仕様を出してほしい」

など、やはり内装の質感、シートの使い勝手の向上を求める声や、フリードには設定のある5人乗り仕様での4WD設定を求める声などが見受けられた。

新型登場が噂される両車に注目が集まる

僅かの差でフリード推しの声が多い結果となったが、まもなくのフルモデルチェンジの噂も囁かれる両車だけに、新型への要望を挙げる声も多く挙がっている。

まず新型シエンタについては、

「シエンタはもう少し落ち着いたデザインを期待」

「新型シエンタではシートの使い勝手をもう少し改善してほしい」

「新型シエンタはアクアベース(バイポーラニッケル水素電池)の噂なので燃費にも期待が持てる」

と、やはり先述の現行モデルに対する不満点の改良を求める声が少なくない。その上で、新型シエンタでは先日登場したばかりの新型アクアがベースになるとの見方から、燃費面に期待を寄せる声も一定数で存在した。

一方の新型フリードに対しては、

「新型フリードでは変にデザインをいじってこないことを願う」

「ホンダはモデルチェンジで失敗しているイメージが強い。フリードは今のままを貫いてほしい」

とする声が挙がっている。現行型でもパッケージングの完成度は高いだけに、モデルチェンジで変に手を入れないでほしいというのがユーザーの印象の様だ。

コンパクトミニバンの注目銘柄だけに、次期型にも高い注目が集まっているフリードとシエンタ。今後、どんな展開が待っているのか? これからも新しい情報が入り次第、速やかにお届けする。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
18.5万円338万円
ホンダ/フリード+
ホンダ フリード+カタログを見る
新車価格:
218.2万円304万円
中古価格:
87.7万円292万円
トヨタ/シエンタ
トヨタ シエンタカタログを見る
新車価格:
181.9万円258万円
中古価格:
13万円290.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる