ホンダ 新型フィット|圧倒的なパノラマ視界で、日常を大切にするコンパクトカー(1/2)

コンパクトカーで諦めてきたことを、諦めない

フィットらしさは変わらず

北海道にあるホンダの鷹栖テストコースで初対面したホンダ 新型フィットは、一塊感のあるコンパクトカーであるのは変わらないのに、グリルの鼻先にホンダの“H”マークがなければそれがフィットだとわからないほど、デザイン的変身を遂げている印象を受けた。

「ボディサイズはほとんど変わらない」という事前説明を聞いてからの対面だが、これまでよりその存在は少々大きく見えるほどだ。

しかし、そのフォルムは歴代フィットを踏襲する1モーションフォルムであり、かつセンタータンクレイアウトもそのままだが、室内の広さはコンパクトな外観からは想像できないものだった。

つまり、「これまでのフィットらしさ」に、“異常”なし。ただし4代目となる新型フィットのその“実”は、従来“以上”と言っても過言ではないと思う。

知らずに諦めていたニーズを掘り起こす

初代フィット以来受け継がれてきた魅力は、コンパクトながら広々とした室内や燃費の良さ、そして比較的手頃な価格だろう。

新型フィットは、取材時には細かなスペックや価格は明かされなかったが、開発段階からさらに室内を広く、少しでも燃費は良くという目標を掲げていたのはもちろん、これまでユーザーが知らず知らずに諦めていた潜在的なニーズに新たに応えることが命題だったという。

取材中のお話で印象に残るのは、潜在的に諦めていたことは“潜在”であるがゆえに、直接聞いても具体的な答えは返ってこないわけで、世界中のユーザーと丁寧なクリニックを行ったらしい。

その結果、コンパクトカーではまだ満たされていない、快適・リラックス・癒やしが求められていることがわかった。日常を支えるコンパクトとして有益な点は変えずに、一方でその変わらない良さに“心地よさと美しさ”を新たに加え、その言葉にならないニーズに応えようということになったのだそうだ。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
145.5万円246.4万円
中古価格:
7.5万円270.4万円

コンセプトは「用の美・スモール」

見過ごされてきた“体験”に注目

ホンダはこの新型フィットで、日常を支えるコンパクトモデルとしての“体験”、ある意味では日常のこととなれば当たり前のこととしてやり過ごして、見過ごしていた“体験”に注目し、その日常の質を上げる改良をし、進化させた。

先ずフォルム。

ホンダはそれについて、二輪で揺るがない存在である「スーパーカブ」を例に挙げ、「意味のあるカタチは変わる必要がない」として、初代フィットからのアイコニックなフォルムを新型でも受け継いだ。

これまで少々イカつい印象もあったエクステリアデザインは、力強さと柔らかさを併せ持つ、シンプルでクリーンな印象へと変わった。

フロントマスクではライトの縁取りをアンダーラインにLEDのデイライトを採用したことで目力が増し、コンパクトなこのフォルムにこの目力を持つ姿は女性から見るとカッコ・可愛い印象を受ける。またボディカラーや新設グレードのSUVライクなタイプのクロスター(のちほど詳しく紹介)など、少しの違いで個性も変わる。

インテリアのポイント1:圧倒的なパノラマ視界

細いAピラーで開放感と安全を確保

インテリアも、毎日が心地よく楽しくなるという“体験”にこだわっていた。

まずは圧倒的なパノラマ視界と水平基調の薄型インパネだ。今回運転席に座って最初に驚いたのは、何よりも前方視界。フロントウインドウの両サイドのAピラー(柱)をごく細く、これは単に開放的な心地よさを抱くだけでなく、コーナーや交差点での対向車や歩行者に対する死角を軽減している。

ちなみに、Aピラーは衝突安全ボディ構造のために太くする必要があった。今回は衝突荷重を2番目のサブピラーへ流すことによってフロントピラーはガラスを保持する性能を満たすだけでよくなり、従来に比べ半分以下の太さにすることができたのだ。

液晶表示もシンプル

この視界についてはフロントピラーだけでなく、ワイパーも設計を工夫し、また水平なインパネ造形もこれに貢献している。

そしてさらに、メーターバイザーがない。これはフル液晶メーターを採用することで実現している。視界→認知認識という点では、液晶表示としながらあまり多くの情報を詰め込んでいないのが万人に優しい。情報もシンプルでわかりやすかった。またホンダセンシングの作動もわかりやすく表示してくれる。

インテリアのポイント2:新設計シート~フロント~

小柄な人も運転しやすく

新設計されたフロントシートは線で支えるバネ構造から面で支えるマット構造となり、個人的にはチルト(高さ調整)の工夫を特筆したい。

座面の前端が膝裏をしっかり支える構造は、小柄な人が座面を上げると視界は良くなるものの膝裏がより強くシートに当たり、ペダル操作がしづらいものが多い。

新型フィットでは座面を上げるとシートの前側がやや下がるので、小柄な人を含め、より自分の体型に合った理想的なドライビングポジションを取りやすくなっているのだ。

また使い心地については、電動パーキングブレーキの新採用によって、これまでハンドブレーキがあったエリアにバッグを収めるスペースが実現。テーブルコンソールにはアタッチメントが付けられる工夫にくわえ、レールを用いて大きなアームレストなど好みの用品でカスタマイズできるようになった。

インテリアのポイント3:新設計シート~リア~

柔らかな厚みで快適性アップ

またリアシートも骨格から新設計。センタータンクレイアウトによって前席以降のスペースアレンジが魅力のフィットだが、これまでリアシートの快適さが若干犠牲になっていたことは否めない。

しかし新型ではその点も見直され、柔らかさを感じる厚さを確保することで快適性は増している。シートのファブクックの素材感や風合いも良く、ライトグレージュに包まれた空間の印象はとても優しい。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
飯田 裕子
筆者飯田 裕子

OL時代に始めたレース活動をきっかけに、クルマへの興味/関心を深め、フリーの自動車ジャーナリストに転身。自動車雑誌への執筆や自動車系TV番組出演などから、活動の場を広げ、現在では女性誌および一般誌、新聞、Web、ラジオ番組でのパーソナリティ、TV、トークショーと活躍の場は幅広い。ドライビングインストラクターとしてのキャリアも長く、自動車メーカーをはじめ、一般企業、保険会社、警視庁などが主催するスクールでの指導にも定評あり。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる