フリード vs シエンタ、荷室アレンジ対決は五分五分の戦い! 跳ね上げ式と床下収納式、どっちもひと手間かかるのが難点だ

画像ギャラリーはこちら
コンパクトミニバン「ホンダ フリード」と「トヨタ シエンタ」は、小さいサイズの中に3列シートや荷室を配置するための工夫が詰まっている。フリードとシエンタ、どちらも使い勝手は良好。ただし3列シート車の場合サードシートのアレンジに大きな違いがある。跳ね上げ式のフリードと床下収納式のシエンタ、どちらもちょっとばかり収納に手間がかかるのが難点だ。
目次[開く][閉じる]
  1. サードシート以外はMクラスミニバン並みに余裕の空間を持つホンダ フリードとトヨタ シエンタ
  2. 限られた空間を有効活用するため、サードシートの収納にも各メーカーの工夫が感じられる
  3. 購入を検討する際にはディーラーの試乗車でシートアレンジを実際に体感しておくことも重要だ

サードシート以外はMクラスミニバン並みに余裕の空間を持つホンダ フリードとトヨタ シエンタ

ホンダ フリード、トヨタ シエンタともにボディサイズは非常にコンパクトで、全長4.3メートル弱、全幅1.7メートル弱の5ナンバーサイズである。Mクラスミニバンの「ホンダ ステップワゴン」「トヨタ ヴォクシー」などが全長4.7メートル級なのに比べると、駐車場や狭い道での使い勝手の面でかなりの差となる。

しかしそれでいながらこの2台は、パッケージングを工夫することで3列シートレイアウトを実現しているところが特徴だ。さすがに3列全ての席が余裕たっぷりという訳にはいかないが、使用頻度の高い前席及び2列目席(セカンドシート)の広さはMクラスミニバン並みに確保されている。

3列目の使用頻度があまりない、しかし年に数回は必要になる機会がある…例えばそんな使い方が想定されるユーザーには、最適な選択肢となるだろう。

限られた空間を有効活用するため、サードシートの収納にも各メーカーの工夫が感じられる

そんな訳で、ホンダ フリードとトヨタ シエンタのユーザーの多くは、3列目席(サードシート)は普段は収納し、広い荷室空間として使うケースが多いようだ。急な雨に振られ、塾に行った子供を迎えに行った際、後部に自転車を積む…そんな使い方もこの2台なら対応出来るだろう。

そのサードシートのアレンジだが、2台ともちょっと面倒だ。

フリードの場合、左右に跳ね上げるタイプでちょっと力がいるのと、荷室の左右幅が狭くなるのが難点となる。ただし床面自体はフラットで、使い勝手は良好。

シエンタの場合、セカンドシートを前倒しした上で、サードシートを前に倒しセカンドシート位置の床下に収納。セカンドシートを使用する際にはまたその上に戻す方式となる。なかなかアクロバティックな動きだが、パズルがピタッとハマったような気持ち良さがなんだか面白い。ただしフリードよりも床面には凹凸が生じる。

購入を検討する際にはディーラーの試乗車でシートアレンジを実際に体感しておくことも重要だ

普段はサードシートは収納したままで使用されるケースが多いホンダ フリードとトヨタ シエンタだが、やはりいざとサードシートを使おうとなると、もとの位置に戻さないといけない。

その際、特にシエンタは上記のアクロバティックな工程で戻していかないととならず、やや手間がかかる。その点フリードの場合は、壁側からサードシートを降ろすだけなので、シエンタに比べれば比較的簡単に済むだろう。

購入する前には、ホンダとトヨタの各ディーラーで、そうした工程も展示車や試乗車を使って実際にシミュレーションしてみると良いだろう。

「思ったよりも手間だった」あるいは「思ったより簡単だった」といった実感をあらかじめしておくことも、ホンダ フリードとトヨタ シエンタの2台を選ぶ際には重要なポイントとなる。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:Honda・TOYOTA]

ホンダ/フリード
ホンダ フリードカタログを見る
新車価格:
199.8万円327.8万円
中古価格:
14.8万円332.1万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ フリードの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フリードのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フリードの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フリードの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フリードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる